FC2ブログ
今週はネビルと2人の登場人物との関係について改めて振り返っています。マクゴナガル先生にとってネビルは自分の担当する「変身術」はもちろんのこと。他の科目でも問題を引き起こしていて悩みと頭痛の種のようでした。しかしハーマイオニーの呼びかけで結成された「ダンブルドア軍団」にネビルが参加したことで・・・(全3項目)

3-1.50点の減点と初めての罰則
マクゴナガル先生と云えば聡明で厳格でさらには非情なまでに公正中立でグリフィンドール寮の寮監だというのに、グリフィンドールからの減点も厭わないという性格の持ち主です。そのためネビルは入学して最初の年度に・・・

「呆れ果てたことです」

マクゴナガル先生はドラゴンなんて嘘っぱちでドラコ・マルフォイをベッドから誘き出し問題を起こさせようとしたんでしょう。あなた方はこんな話を信じたネビルを滑稽だと思っているんでしょうと断じてしまったのでした。

実はネビルはハリーとハーマイオニーのことを心配して危険を知らせようと、この暗い中を2人を探していたのにマクゴナガル先生にこう決め付けられショックを受けてしょげていたのです。さらにマクゴナガル先生は・・・

「1人50点です」

ハリーは息を呑みました。マクゴナガル先生は「一晩に4人もベッドを抜け出すなんて前代未聞です」と言ってネビルにハーマイオニーそれにハリーの3人に罰則を課し、さらに1人につき「50点」の減点を言い渡したのでした。

ネビルやハーマイオニーにとって幸いだったのは群を抜いて有名人で賞賛の的だったハリーに批難が集中したことでした。それでも談話室では誰も2人には決して話しかけようとはせず他の寮生と離れて黙々と勉強していました。

罰則は学期末試験の1週間前の金曜日の夜に行われました。ハリーにネビルにハーマイオニーそれにドラコ・マルフォイの4人は11時に玄関ホールに集合してハグリッドと共に「禁じられた森」の中に入って行ってそこで・・・

傷つけられた一角獣(ユニコーン)を探し出すというものでした。

3-2.三大魔法学校対抗試合を巡って・・・
ネビルが4年生になるとホグワーツ魔法魔術学校に於いて100年以上ぶりに三大魔法学校対抗試合が開催されることになり、10月の下旬になると30日にボーバトンとダームストラング両校の代表団が来ることが発表されたのでした。

それを知らせる掲示板が玄関ホールに出現したことは城の住人たちにもはっきりとした影響を与えたのでした。ハリーは城内がいつにも増して念入りに掃除されていることにも気づいたのでした。煤けた肖像画の何枚かが・・・

汚れ落としされて描かれた本人たちはそれが気に入らず、額縁の中で背中を丸めて座り込みブツブツ文句を言っては赤剥けになった顔を触ってギクリとしていました。甲冑たちも突然ピカピカになりギシギシ軋まなくなりました。

先生方も何だか妙に緊張していたのでした。マクゴナガル先生は授業の最後にネビルに「お願いですからダームストラングの生徒たちの前で簡単な取り替え呪文さえ使えないなどと暴露しないように!」と怒鳴っていたのでした。

この日の「変身術」は一段と難しい授業内容でネビルがついうっかり自分の耳をサボテンに移植してしまったのでした。マクゴナガル先生としては「こんな出来の悪い生徒がホグワーツにいる」ということを他校の生徒に・・・

知られるのが一番怖いようでした。

そして翌年度になると・・・

3-3.ふくろう試験を前に・・・
そんなわけでドジでおっちょこちょいで物忘れが激しいネビルはマクゴナガル先生にしてみればきっと心配と頭痛の種だったんでしょうね。そんなネビルも翌年度にはハリーたちと共に5年生になったのでした。ということは?

スネイプにスプラウト先生にフリットウィック先生さらには「占い学」のトレローニー先生に至るまで、学期最初の授業では各科目の先生方が競うように「ふくろう試験」の重要性について演説するという事態になったのでした。

「OWL(ふくろう試験)に落ちたくなかったら刻苦勉励、学び、練習に励むことです。きちんと勉強すればこのクラス全員が変身術で合格点を取れないわけはありません」最初の授業の冒頭でマクゴナガル先生がこう言うと・・・

ネビルが悲しげに「ちょっと信じられない」という声を上げるとマクゴナガル先生はネビルに対し「ええあなたもです」と言ったのでした。マクゴナガル先生が言うにはネビルの場合は術に問題があるわけではないというのです。

ただ自信がないだけだとマクゴナガル先生はそう言うのです。その日のマクゴナガル先生の授業では「消失呪文」をやりましたが、実際に練習台のカタツムリに取り組んでみてハリーはその魔法がとても難しいと思ったのでした。

ハーマイオニーは3度目でカタツムリを消しマクゴナガル先生から10点のボーナス点を貰って宿題なしでした。しかし他の生徒は全員が翌日の午後の授業でカタツムリ消しに再挑戦するため夜の内に練習するように言われました。

マクゴナガル先生が言うにはネビルの場合は術に問題があるのではなく自信のなさが各科目で数々の惨事を引き起こしていると言うのです。ところが今年度ハーマイオニーの呼びかけで結成された「ダンブルドア軍団」に・・・

ネビルが参加し両親を廃人にしたベラトリックス・レストレンジがアズカバンから脱獄したこともあって、一心不乱に集中して練習に取り組むことでマクゴナガル先生がネビルに抱いていた懸念が払拭されることになったのです。

ふくろう試験終了後ネビルはハリーにロンにハーマイオニーそしてジニーとルーナと共に魔法省に行って待ち構えていた死喰い人と戦うことになったのですが、そのことがマクゴナガル先生のネビルに対する認識と評価を・・・

劇的に変えることになったのです。

今日の最後に
マクゴナガル先生にとってネビルという生徒は三大魔法学校対抗試合の開催が決まった時などには「あのことをダームストラングの生徒に暴露されたらどうしよう」と他校の生徒には決して知られたくないほどの問題児で・・・

このクラスつまりグリフィンドールから「変身術」の不合格者が出るとしたらこの子しかいないという存在だったのですが、ネビルがダンブルドア軍団に参加して魔法省でハリーと肩を並べて死喰い人と戦うことになって・・・

それを知ったマクゴナガル先生は?
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1234-2d7be0a6