FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーは「姿現わし」という術が難しいということは知っていました。しかしテストに受からないといけないということを知ったのはクィディッチ・ワールドカップの競技場に向かう日のことだったのです。年齢的にもそれがまだできないハリーたちは「移動キー」を使ってワールドカップの会場に向かったのでした。(全3項目)

3-1.魔法ゲーム・スポーツ部
今週最初の記事で振り返ったようにパーシーは魔法省への入省を達成して配属されたのがバーテミウス・クラウチ氏が部長を務める「国際魔法協力部」でした。そしてハリーが「隠れ穴」に入ったその日の夕食の席では・・・

パーシーは父親のアーサー氏に今自分たちの「国際魔法協力部」はクィディッチ・ワールドカップの手配などもあり非常に忙しくてルード・バグマンが部長を務める「魔法ゲーム・スポーツ部」の協力があって当然なのに・・・

それが全くないと不満を口にしているんですよね。それに対してアーサー氏は自分はルードのことが好きだ。ワールドカップのあんなにいい切符を取ってくれたのもあの男だと言ってバグマンのことをやんわりと庇ったのでした。

そんなアーサー氏にパーシーは「バグマンは好かれるくらいが関の山」と一蹴したのですが、そもそもパーシーの上司のクラウチ氏はルード・バグマンが魔法省に入省することを快く思っていなかったという事情があったのです。

ハリーが校長室に行った際に「憂いの篩」で見た光景の中で、クラウチ氏はルドビッチ・バグマンはヴォルデモート卿の支持者たちに情報を流したとして相当の期間アズカバンに収監するのが適当であると主張していたのです。

それに対してバグマンは自分が情報を提供したオーガスタス・ルックウッドは父親の古い友人でヴォルデモートの一味だとは全く知らなかった。さらにルックウッドは将来自分に魔法省の仕事を世話してやると言っていたんだ。

それを聞いてクラウチ氏はその場にいたダンブルドアに吐き捨てるように「情けない。ルード・バグマンが入省する日は魔法省にとって悲しむべき日になるだろう」と言ったのでした。したがってクラウチ氏にしてみれば・・・

そんなルード・バグマンの協力など必要ないというわけなんですよね。存在そのものが疎ましいというわけです。

3-2.姿現わし術と移動キー
クィディッチ・ワールドカップの決勝戦が行われるその日。ハリーはウィーズリーおばさんに起こされて目が覚めた時ついさっき横になったばかりのような気がしたのでした。着替えてロンにフレッドとジョージと一緒に・・・

キッチンに下りて行くとビルにチャーリーにパーシーの3人がいないので、ジョージが訊くとウィーズリーおばさんが「あの子たちは姿現わしで行くんですよ」と答えました。だから3人はもう少し寝坊ができるというわけです。

ハリーは「姿現わし」が難しい術だということは知っていました。フレッドが「それじゃ連中はまだベッドかよ」と恨み節を言った後に「俺たちは何で姿現わしを使っちゃいけないんだい?」と訊くとおばさんが言うには・・・

ハリーにロンそれにフレッドとジョージの4人はまだその年齢ではないし、テストも受けていないからとのことでした。ハリーが「テストに受からないといけないの?」と訊くとアーサー氏が「そうだとも」と答えたのでした。

この間も無免許で「姿現わし」を使った魔法使い2人に「魔法運輸部」が罰金を課したそうです。この2人は失敗してバラけてしまい体の半分が置き去りになってしまったんだそうです。その後の事務的な事後処理がまた・・・

元の場所に残ってしまった体のパーツをマグルが目撃してしまい、当然マグルの記憶を消す作業が多岐に渡って大変だったというわけです。ウィーズリーおじさんが言うには「箒のほうが遅いが安全だ」というわけなんですよね。

パーシーは2週間前にテストに受かったばかりでジョージが言うには「できるってことを見せたいばかりに毎朝1階まで姿現わしで下りて来る」んだそうです。ハリーたち「姿現わし」のテストに受かっていない人たちは・・・

魔法省が手配して各地に設置された「移動キー」を使ってワールドカップの競技場に向かう段取りになっているとのことでした。ウィーズリー家の住居「隠れ穴」があるオッタリー・セント・キャッチポール村の場合は・・・

ストーツヘッド・ヒルのてっぺんに「移動キー」が置かれているので、ハリーにハーマイオニーの2人を含めた「姿現わし」ができないウィーズリー一家一行はそれを使ってエイモスにセドリック・ディゴリー父子と共に・・・

ワールドカップの競技場に向かったのでした。

3-3.万眼鏡
こうしてクィディッチ・ワールドカップの競技場に隣接するマグル経営のキャンプ場に入ったハリーたちウィーズリー一家一行でしたが、夜ともなると行商人がそこいらじゅうに「姿現わし」をして土産物を売り始めたのでした。

そんな中ハリーたち3人は真鍮製の双眼鏡のような物がうず高く積まれているカートに駆け寄ったのでした。ただし当然魔法界の双眼鏡なので、それにはあらゆる種類のおかしなつまみやダイアルがびっしりついていたのでした。

「万眼鏡だよ」

セールス魔ンが機能を熱心に説明していました。スローモーションでアクション再生ができる。必要とあらばプレイを1コマずつ静止させることもできる。1個10ガリオンと聞いてロンは「こんなの買わなきゃよかった」と・・・

アイルランド・チームを象徴する踊るクローバーの帽子を指差してそう言いましたが、ハリーはセールス魔ンにきっぱりと「3個ください」と言ったのでした。ロンは赤面してハリーに「気を使うなよ」と言ったのですが・・・

ハリーが両親からちょっとした財産を相続したこと。そしてロンよりずっと金持ちだということでロンはいつも神経過敏になるのです。そこでハリーはロンとハーマイオニーの手に万眼鏡を押し付けながらこう言ったのでした。

「クリスマス・プレゼントはなしだよ」

今日の最後に
知っての通り三大魔法学校対抗試合の「第3の課題」では優勝カップが「移動キー」になっていて、2人が一緒にそれを握ったためにハリーとセドリック・ディゴリーはリトル・ハングルトンの教会墓地に行くことになったのです。

しかし今にして思えば留守番のウィーズリーおばさん以外にもアーサー氏にビルにチャーリーにパーシーと「4人」もいたのですから、ウィーズリー一家一行は「付き添い姿現わし」を使えば「移動キー」に頼らなくても・・・

ワールドカップの競技場に行くことができましたよね?でもローリングさんとしてはハリーとセドリックの双方が「移動キー」のことを知っていて経験済みだということを示すために敢えてこういう場面を作ったんでしょうね。

でも少し「おや?」と思えなくもないですよね。(笑)

コメント

付添姿現わしのついて

 こんにちは。

 「付き添い姿現わし」についてなんですが、最近「不死鳥の騎士団」を読み返していまして、ちょっと気がついたことがあります。

 上巻の最初で、プリペット通りのダ―ズリー家に、マットアイ・ムーディーやル-ピンたち騎士団のメンバーがハリーを向かえに来ましたよね。
 そしてハリーを騎士団本部に連れて行くのに、どうやって行くのか?と聞かれ、箒で行くと答えているんですよね。その理由は、煙突飛行は見張られている、魔法省の未承認のボートキーを作るわけにはいかない、そしてル-ピンが
 「君は姿現わしするには若すぎる」と言っています。
 これってつまり、付添姿現わしって、子供をつれてそう簡単にできないものってことなんじゃないかなあと思いました。付添う方もかなりの熟練の大人の魔法使いでないと出来ないし、さらに半人前の子供をつれてとなると、かなり危険な事になるのではないでしょうか?
 6巻にて、ハリーはダンブルドアと付添い姿くらましと姿現わしをしますが、ハリーは姿現わしの練習を始める6年生になるところで、そして相手はダンブルドア、だからできたんじゃないかなあと思います。

 それからもしかしたら、未成年を連れた付添姿現わしは厳密には違法ということもあるかもしれません。ワールドカップの競技場に向かうのに行った移動キーのところには、ディゴリ―父子が来てましたよね。そこでディゴリ―氏は息子がはやく試験を受ければいいのに、と言っているんですよね。セドリックはたぶんこの時はもう17歳になっていたかまもなくなるかくらいで、しようと思えば、父子で付添姿現わし出来たんじゃないかと思います。
 でもなぜしなかったか?それは魔法省に勤めているものが自ら大ぴらに違法な事をするわけにいかなかったと考えると、なんとなく話のすじが通る気がします。行先を考えると、大ぜいの人がいるは、魔法省の役人も大勢いるところに行くわけですからね。こっそりとプライベートな場所に出かけるなら出来そうですけどね。

 それにもしできるものなら、ウィ―ズリー夫妻がキングズクロスの駅や、ダイアゴン横町に子供達を連れていくのに、使ってると思うんですよね。
 ウィ―ズリーおばさんは、例えばれないとわかっていても、必要のないところで魔法をつかったり、マグルに見られる恐れのある場合のことなどに、すごく神経質そうですからね。たぶん魔法省に勤める夫のことを考えればこそなんでしょうが。
 
 以上がハリーとウィ―ズリー一家がワールドカップ競技場に行くときに、付添姿現わしをなぜしなかったか、に対する考えです。

2012.09.21  月花  編集

法律が改正された?

月花さんコメントありがとうございました!

何か随分一生懸命考えてくださったようで恐れ入ります。確かにウィーズリーおばさんもルーピンも年齢のことを言っていますし、改めて考えてみると当時はどんな理由でも17才未満は法律で禁止されていたのかもしれませんね。

ヴォルデモートの復活が明らかになってしまったので緊急的な措置として法律を改正して「使ってもいい」ということになったのかもしれませんね。だからそれ以前は使えなかったのかもしれませんね。

2012.09.22  トキメキぼーい  編集

 こんにちは。

 「付添い姿現わし」についてなんですが、こんなに複雑に考えなくてもちゃんと答えが作品中にありました(汗)。
 謎のプリンスの上巻の最初の方ですが、ダンブルドアがダ―ズリー家に来る章のところです。ハリーが窓際で居眠りしながら、ダンブルドアを待っていて、そこに新聞と魔法省から出た身を守る安全対策について書かれた紙がひろげられているのですがその中です。
 「未成年の者については付添い姿現わしなど~」  というような感じで書いてありました。
 未成年者の付添い姿現わしは、緊急措置ということみたいですね。違法ではないけれど、緊急事態出ない限りは、自粛するべきものという感じなのでしょうか。

 自分のコメントを今読み返しましたが、なんか長々と複雑に考え過ぎててちょっと恥ずかしいです(笑)。
 

2012.10.24  月花  編集

確認しました。(笑)

月花さんコメントありがとうございました!

確かに第6巻「謎のプリンス」の第3章の「魔法省広報」の3番目の項目で「付き添い姿くらまし術などの緊急措置」と書いてありますね。つまりヴォルデモートの復活が明らかになったために特別に認められたんでしょうね。

わざわざ知らせてもらって恐れ入ります。有り難うございました。

2012.10.25  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.