FC2ブログ
シリウスが自分の命を奪うため脱獄して来ると判っていた。そう主張するペティグリューにルーピンは「未だかつてやり遂げた者はいないというのにシリウスがアズカバンを脱獄すると判っていたのか?」との疑問を示したのです。ペティグリューの主張は全てシリウスとルーピンの2人によって打ち砕かれ最後には・・・(全3項目)

3-1.3匹の動物もどき
シリウス・ブラックはスキャバーズがピーター・ペティグリューだと言う。言っていることは全くのナンセンスだ。やっぱりアズカバンで狂ったに違いない。しかし何故ルーピンまでもが同じ主張を繰り返しているのだろうか?

するとハーマイオニーが「ピーター・ペティグリューが動物もどきのはずがない」と言い出したのです。もしそうだとしたらみんながそのことを知っているはずだというのです。それは今学期最初の「変身術」の授業では・・・

「動物もどき」の勉強をしました。魔法省では動物に変身できる魔法使いや魔女を記録していてその特徴を書いた登録簿もある。しかしその登録簿にはマクゴナガル先生は載っていてもピーター・ペティグリューの名前は・・・

載っていなかった。ところがルーピンはハーマイオニーに「正解だ」と言った次の瞬間には「でも魔法省は未登録の動物もどきが3匹ホグワーツを徘徊していたことを知らなかったのだ」と言葉を返したというわけなんですよね。

ハリーのお父さんジェームズ・ポッターそれにシリウスとピーター・ペティグリューの3人はルーピンが狼人間だと知ってルーピンを救うため「動物もどき」になってくれたのだそうです。それは何故なのか?と云えば・・・

人間だとルーピンと一緒にはいられない。だから動物として付き合ってくれた。狼人間は人間にとって危険なだけだからだというのです。3人はジェームズの「透明マント」に隠れて毎月1回こっそりと城を抜け出して変身した。

3人の友達の影響でルーピンは以前ほど危険ではなくなったそうです。体はまだ狼のようだった。しかしジェームズにシリウスそれにピーターの3人と一緒にいる間のルーピンの心は前ほど狼ではなくなっていたんだそうです。

このような経緯で1人の友人を思う気持ちがシリウスを含む3人を「動物もどき」にしたというわけなんですよね。

ところがそこに現れたのが・・・

3-2.シリウス対セブルス・スネイプ
大胆不敵にもスネイプは「透明マント」を被ったままで5人のいる部屋に侵入していたのです。皆が皆まさか扉が開いたのはスネイプがマントを被って入って来ていたとは予想だにしていなかったため見過ごしていたのでした。

スネイプはほんの少し息を切らしていましたが勝利の喜びを抑えきれない顔でした。ルーピンの部屋に例の薬を持って行くとルーピンが「忍びの地図」を消し忘れていたため、ルーピンを追ってここにやって来たというわけです。

恨み重なるシリウス・ブラックを目の前にスネイプは何を言っても聞く耳を持たず完全に逆上していました。ルーピンが学生時代にシリウスがスネイプに対して仕掛けた悪戯の話をしている時にスネイプはその姿を現したのです。

シリウスとスネイプの顔に浮かんだ憎しみは甲乙つけがたいほどの激しさでした。スネイプの目にはハリーが今まで見たことのない狂気の光がありました。もはや完璧に理性を失っていました。思わずハリーがしたこととは?

「エクスペリアームス!武器よ去れ!」

扉の蝶番がガタガタと鳴るほどの衝撃が走りスネイプは足元から吹っ飛んで、壁に激突するとズルズルと床に滑り落ちました。髪の下からは血がタラタラと流れて来ました。ノックアウトされたのです。呪文を唱えたのは・・・

ハリーだけではなかったのです。ロンもハーマイオニーも2人ともハリーと同時に武装解除の術を叫んでいたのでした。スネイプの杖は3人分の呪文を浴びて高々と舞い上がりクルックシャンクスの脇のベッドの上に落ちました。

シリウスは君がこんなことをしてはいけなかった。私に任せておくべきだったと言いましたが、ハリーは「果たしてやって良かったのかどうか」の判断もつかず自信もありませんでした。するとロンが1つの疑問を示したのです。

ネズミなんて何百万といるじゃないか。アズカバンに閉じ込められているのにどうやって探していたネズミが判ったというのか?そう言われてシリウスがローブから取り出したのは去年の夏の「日刊予言者新聞」だったのです。

それは魔法大臣コーネリウス・ファッジがアズカバンに視察に来た時に貰った新聞だったのです。クロスワードパズルが懐かしいからと言って譲り受けたのです。その写真にロンと肩に乗ったスキャバーズが写っていたのです。

3-3.事の真相
誰もがハリーの両親ポッター夫妻の「秘密の守人」はシリウスだと思っていました。ルーピンも今夜12年ぶりにシリウスと再会するまではそうだと思っていたのです。ところが最後の最後になって守人はシリウスの勧めで・・・

ピーター・ペティグリューに変更されたのです。人間の姿に戻ったペティグリューはシリウスが自分の命を奪うためにアズカバンを脱獄することが判っていた。だからネズミの姿のままで隠れていたんだと言い張ったのでした。

それに対してルーピンは未だかつてやり遂げた者はいないというのにシリウスがアズカバンを脱獄することが判っていたのか?とペティグリューの主張に疑問を呈したのでした。さらにシリウスが追い打ちをかけるように・・・

お前は12年間私から逃げていたわけではない。ヴォルデモートの昔の仲間から逃げていたのだ。シリウスは囚人たちが寝言で色々叫ぶのを聞いて来たそうです。どうやら裏切り者がまた裏切ったため自分たちはこうなったらしい。

さらにヴォルデモートの仲間は全員が一網打尽にアズカバンに入れられたわけではない。その辺にまだ沢山残っているのだ。皆が皆悔い改めたふりをして時が来るのを待っている。もしその連中が生きていることを知ったら?

ペティグリューはルーピンに「こんなバカげたことは信じないだろう」と言い返しましたが、ルーピンは「はっきり言って何故無実の者が12年もネズミに身をやつして過ごしたいと思ったのか理解に苦しむ」と言ったのでした。

さらにハーマイオニーがペティグリューがもしヴォルデモートの手下なら同じ寝室で3年間を過ごしていたのにハリーを傷つけなかったのはどうしてなんでしょう?と訊いたのです。それに対してシリウスはこう答えたのでした。

お前つまりピーター・ペティグリューは自分のために得になることがなければ誰のためにも何にもしない奴だ。ヴォルデモートは12年も隠れたままで半死半生だと言われている。ヴォルデモートの下に馳せ参ずる時には・・・

ヴォルデモートがお山の大将で一番強いことを確かめてからにするつもりだった。そもそも魔法使いの家に入り込んだのも情報が聞ける状態にしておきたかったからだった。昔の保護者が力を取り戻したその時に備えて・・・

そしてハーマイオニーの「どうやってアズカバンを脱獄できたのでしょう?」という疑問に対してシリウスは「自分が正気を保つことができたのはただ1つ」それは自分が無実だということを知っていたらだと答えたのでした。

これは幸福な気持ちではなかったので吸魂鬼はその思いを吸い取ることができなかった。しかしその想いが私の正気を保った。しかしそれでもなお耐え難くなった時には私は犬に変身することができた。そうしている内に・・・

シリウスは新聞の写真に載っているピーターを見つけた。ピーターが生きているということを知っているのは私だけだ。だからこそ私は何かをしなくてはならなかった。まるで誰かが私の心に火を点けたようだった。しかし!

吸魂鬼はその思いを砕くことはできなかった。幸福な気持ちではなかったからです。妄執だった。しかしそれがシリウスに力を与えたのでした。そこである晩吸魂鬼が食べ物を運んで来て独房の扉を開けた時にシリウスは・・・

アズカバンを脱獄したのです。

今日の最後に
シリウスが私は決してジェームズとリリーを裏切ったことはない。そんなことをするくらいなら自分が死ぬほうがましだ。信じてくれと言われてハリーはようやくシリウスを信じることができました。するとペティグリューは?

ハリーが頷いたのは事実上の自分に対する死刑宣告だったため、その場にいた気を失っているスネイプを除く全員に最後の悪あがきの命乞いを始めたのでした。シリウスとルーピンは12年ぶりに友情が復活した証として・・・

「一緒にこいつを殺るか?」
「ああ、そうしよう」

そんなシリウスとルーピンをハリーは止めたのでした。礼を言うペティグリューにハリーは「お前のために止めたんじゃない」僕の父さんは親友がお前なんかのために殺人者になるのを望まないと思っただけだと言ったのでした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1258-188908a0