FC2ブログ
2年生の時ハリーは屋敷しもべ妖精のドビーにホグワーツ特急に乗るのを邪魔されてしまったので、3年生の時が上級生になって最初に新学期初日にホグズミード駅を利用する年になりました。ハリーは2年連続で組分けの儀式を見逃してしまいましたがダンブルドアの口から発表された新任の先生の知らせを聞いて・・・(全3項目)

3-1.初めて馬車に乗る
ハリーとロンは前年度は屋敷しもべ妖精のドビーにホグワーツ特急に乗るのを邪魔されて、ウィーズリーおじさんの空飛ぶフォード・アングリアで学校に来たためホグズミード駅に降り立つのは2年ぶりということになりました。

つまり上級生になって初めて新学期初日にホグズミード駅を利用したということになりますね。ハリーたちは「イッチ(1)年生はこっちだ!」という毎年恒例の新入生に呼びかけているハグリッドの懐かしい声を耳にして・・・

ハグリッドが生徒たちの頭越しに大声で「3人とも元気か?」と声を掛けたのでした。3人ともハグリッドに手を振ったものの話す機会はありませんでした。周囲の人波が3人を押し流してホームを出るとそこにあったものとは?

そこにはざっと100台の馬車が生徒たちを待ち受けていました。馬車は透明の馬に引かれている。ハリーはそう思うしかありませんでした。何しろ馬車に乗り込んで扉を閉めると独りでに馬車が走り出して隊列を組んで・・・

ガタゴトと揺れながら進んで行くのです。馬車は壮大な鉄の門をゆるゆると走り抜けて行きました。門の両脇に石柱があり一番上には羽を生やしたイノシシの像が立っていました。城に向かう長い上り坂に差し掛かると・・・

馬車はさらに速度を上げて行きました。ハーマイオニーは小窓から身を乗り出して城の尖塔や大小様々な塔が徐々に近づいて来るのを眺めていたのでした。そしてついに馬車がひと揺れして止まり3人は馬車を降りたのでした。

3-2.マクゴナガル先生が・・・
ハーマイオニーとロンが降りてハリーが馬車から降りる時いかにもうれしそうな気取った声が聞こえて来ました。ドラコ・マルフォイは肘でハーマイオニーを押し退けハリーと城への石段の間に立ちはだかってこう言ったのです。

「ポッター気絶したんだって?ロングボトムは本当のことを言っているのかな?本当に気絶なんかしたのかい?」

喜びに顔を輝かせて薄青い目を意地悪に光らせながらマルフォイがこう言って来るのでロンは歯を食いしばり「失せろ」と言ったのでした。マルフォイはさらにロンにまで「君も気絶したのか?」と執拗に訊いて来たため・・・

「どうしたんだい?」と穏やかな声がしたかと思うとルーピン先生が次の馬車から降りて来た所でした。マルフォイは横柄な目つきでルーピン先生をじろじろと見てさらにローブの継ぎはぎやボロボロのカバンを眺め回しました。

「ポッター!グレンジャー!2人とも私の所においでなさい!」

ハリーたちが群れの流れに従いて玄関ホールに入り大広間の手前に来た所で名前を呼ばれたので、驚いて振り返るとマクゴナガル先生が生徒たちの頭越しにハリーとハーマイオニーを呼んでいました。呼ばれてハリーは・・・

「自分は何かマクゴナガル先生に呼ばれるような悪いことでもしたのだろうか?」と不吉な予感がしましたが実はそうではなかったのです。ルーピン先生がホグワーツ特急内でハリーが倒れたことを知らせてくれていたのです。

校医のマダム・ポンフリーまで現れてハリーの脈を取りながら「この子にはどんな処置が必要ですか?」とか「絶対安静ですか?今夜は病棟に泊めたほうが良いのでは?」などと言うのでハリーは弾けるように立ち上がり・・・

病棟に入院させられたと聞いたらマルフォイが何と言うのか?考えただけでも苦痛だったのでハリーは断固として「大丈夫です!」と言い張ったのでした。するとマダム・ポンフリーもマクゴナガル先生もハリーたちが・・・

ルーピン先生がチョコレートをくれて既にもう食べたと聞いて納得したようでした。マクゴナガル先生はハリーに念を押すように「本当に大丈夫なのですね?」と言った後ハーマイオニーと時間割の話をするのでと言って・・・

ほんの数分待っただけでハーマイオニーが何だかとてもうれしそうな顔でマクゴナガル先生の部屋から出て来ました。ハリーはハーマイオニーと先生と3人で大広間に入りましたが組分けの儀式を再び見逃してしまったのでした。

3-3.魔法生物飼育学の新しい先生
ハリーを指差す生徒が何人かいる中ハリーとハーマイオニーは入口の反対側にあるグリフィンドールのテーブルに出来るだけ目立たないようにして急いだのでした。1人だけ先に入っていたロンが2人のために席を取っていました。

「いったい何だったの?」というロンの問いにハリーが耳打ちで説明を始めましたが、ダンブルドア校長が挨拶のために立ち上がったのでハリーは話を中断したのでした。ダンブルドアは今年度は深刻な知らせがあるので・・・

皆がご馳走でぼーっとなる前にということで食事前の挨拶ということになったのでした。ダンブルドアはホグワーツ特急で捜査があったから皆も知っての通り現在我が校はアズカバンの吸魂鬼を受け入れていると切り出しました。

吸魂鬼は学校への全ての入口を堅めておる。あの者たちがここにいる限り誰も許可なく学校を離れてはならない。吸魂鬼は悪戯や変装に引っかかる代物ではない。透明マントでさえ無駄だとダンブルドアは付け加えたのでした。

言い訳やお願いも吸魂鬼には決して通じない。だからこそダンブルドアは吸魂鬼が皆に危害を加えるような口実を与えてはならないと注意したのでした。そして「楽しい話に移ろうかの」と言って言葉を続けたのですが・・・

何と今年度は新任の先生を「2人」迎えることになったんだそうです。1人はホグワーツ特急でハリーたちにチョコレートをくれたルーピン先生で空席になっていた「闇の魔術に対する防衛術」を担当することになったのでした。

ルーピン先生のみすぼらしい身なりのせいか?あまり気のないパラパラという拍手が起こりましたが、ルーピン先生と同じコンパートルントに乗り合わせたハリーたちだけは大きな拍手をしたのでした。そして2人目の先生は?

ケトルバーン先生に代わる新しい「魔法生物飼育学」の先生は何とハリーたちが特にあっと驚く人事だったのです。ハリーが身を乗り出してハグリッドを見ると夕日のように真っ赤な顔をして自分の巨大な手を見つめていました。

さらにハリーたち3人はダンブルドアが再び話し始めた時ハグリッドがテーブルクロスで目を拭ったのをしっかりと見たのでした。食事が終わるとハリーたちは早速教職員テーブルに駆け寄って「あめでとう」と言ったのでした。

ハグリッドはハリーたちに「みんなあんたたち3人のお陰だ」と言ったのでした。昨年度ハリーたち3人の頑張りで濡れ衣を着せられていたことが証明されて、名誉が回復されたのでハグリッドは教職に就くことができたのです。

今日の最後に
ドラコ・マルフォイを含めたハリーの同級生たちは前年度のイースター休暇中に「選択科目を決めるように」と言い渡されていました。何故ドラコ・マルフォイは数ある科目の中から「魔法生物飼育学」を選んだんでしょうね?

ハリーはただ単にロンが選んだのと同じ科目を選んだだけだったのですが、ドラコ・マルフォイの場合は当然重要な判断材料の1つに「その科目の先生が純血の魔法使いなのかどうか?」というのがあったと私はそう思いますね。

前任者のケトルバーン先生はおそらくその条件に合致していたんだと私はそう思いますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1273-dc9735f3