FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

今度自分の身体を再生させる時には何としてもハリー・ポッターが必要だ。そう考えていたヴォルデモートはワームテールが馳せ参じた時ハリー・ポッターを手に入れるために入念に計画を練ったのでした。事は計画通りに進みヴォルデモートはハリーを掌中に収めることに成功しましたが・・・(全3項目)

3-1.ヴォルデモート卿の思い、その1
賢者の石を奪うためクィレルの体に取り憑いてホグワーツに潜入したものの再びハリーに破れてからヴォルデモートが考えていたことはただ1つ。それは自身の体を再生させる時にはハリー・ポッターが必要だということでした。

幸いクィレルを失ってから2年後にワームテールことピーター・ペティグリューが馳せ参じてくれました。しかもそのワームテールは魔法省の役人バーサ・ジョーキンズを連れて現れ、その女は情報の宝庫になってくれたのです。

その女は翌年度ホグワーツに於いて三大魔法学校対抗試合が開催されることを話してくれました。さらには連絡を取りさえすれば喜んで自分を助けてくれるであろう忠実な死喰い人を知っているとも話したのです。そこで・・・

ワームテールは表向きには死んだことになっているので顔を見られたら注意を引き過ぎる。そのため取り憑くのには適していない。そこで真の再生に不可欠な材料が全て揃うまでの仮の住処にするための身体を作成して・・・

ヴォルデモートはまもなくほとんど人の形まで戻り旅が出来るまで回復しました。しかし自分が蘇るために必要な3つの材料の内で最も入手が困難だったのは当然ハリーだったというわけです。そこであの女の情報を使うのです。

バーサ・ジョーキンズが話したその忠実なる死喰い人をホグワーツに派遣してハリーの名前が「炎のゴブレット」に入るようにする。そしてハリーが必ず試合に勝ち最初に優勝杯に触れるように取り計らう。その優勝杯は・・・

派遣した死喰い人があらかじめ「移動キー」に変えておき、ダンブルドアの助けも保護も届かないリトル・ハングルトンの教会墓地にハリーは連れて来られるというわけです。こうして1年がかりの入念に練られた計画は・・・

実行に移されたのでした。

3-2.ヴォルデモート卿の思い、その2
クィディッチ・ワールドカップの終了後ヴォルデモートは計画を実行するために動き出しました。まずは忠実なる死喰い人のバーテミウス・クラウチ・ジュニアの元を訪れ父親に「服従の呪文」を掛けて息子を解放したのです。

ある日の夜遅くヴォルデモートはワームテールの腕に抱かれてクラウチ家にやって来ました。息子は健康を回復するとヴォルデモートを捜し求めることしか考えなかったので父親はそれをさせぬよう息子を幽閉していると・・・

バーサ・ジョーキンズが話したので息子が最も忠実な死喰い人だということが判ったのです。自分のためにあらゆる危険を冒す覚悟があるかとヴォルデモートに問われ息子は当然「もちろんだ」と言って快諾したというわけです。

新学期初日の9月1日クラウチ・ジュニアとワームテールは2人で今年度ホグワーツの「闇の魔術に対する防衛術」の教職に着任予定のマッド・アイ・ムーディを襲い、ジュニアがポリジュース薬でムーディに成り済ましました。

騒ぎを聞きつけて駆けつけたアーサー・ウィーズリー氏にはゴミバケツを庭で暴れさせ、何者かが侵入したのでゴミバケツが警報を発したと言って誤魔化しました。それからジュニアはムーディを自身のトランクに入れて・・・

ホグワーツに向けて出発しました。そして「炎のゴブレット」に極めて強力な「錯乱の呪文」をかけハリーの名前を四校目の候補者として入れハリーが4人目の代表選手として選ばれるよう措置を施したのです。こうして・・・

ヴォルデモートの計画は始まりました。あとはハリーをいかに優勝に導くのかということでした。最初の課題の時は至極簡単でした。ハリーを自分の部屋に呼びつけて「お前の得意なものは何だ?」と訊いて思い出させたのです。

その結果ハリーは「呼び寄せ呪文」でファイアボルトを手に入れて「第1の課題」をクリアしました。ところがジュニアの思う通りに事が運ばなかったのが次の「第2の課題」だったのです。ジュニアはハリーの同級生の・・・

ネビル・ロングボトムに「地中海の水生魔法植物とその特性」という本を与え、その本を読めば「水の中で1時間生き延びるためには鰓昆布を手に入れればよい」ということを気づかせようとしました。しかしハリーは・・・

さらにロンもハーマイオニーもネビルに聞こうなどとは全く思わなかったのです。そのためジュニアは再びハリーを助けてやらなくてはなりませんでした。そこでジュニアが利用したのが屋敷しもべ妖精のドビーだったのです。

二度も続けてハリーに直接ヒントをくれてやるわけにはいかない。そんなことをすればダンブルドアに疑われてしまうかもしれない。そこでクリスマスにはプレゼントを贈るほどハリーのことを慕っていたドビーを使ったのです。

洗濯物を取りに来るようドビーを職員室に呼んでドビーの前で一芝居打ってマクゴナガル先生と大声で話をして、誰が人質になったのかとかハリーは鰓昆布を使うことを思いつくだろうかなどと話してドビーに助けさせたのです。

そして最後の課題はハリーが優勝できるようハリーの行く手を遮る障害を取り除いたりボーバトンの代表フラー・デラクールを失神させたり、ビクトール・クラムには「服従の呪文」をかけてセドリック・ディゴリーを・・・

「磔の呪文」でやっつけさせようとしたのでした。そしてセドリック・ディゴリーと共に同時に優勝杯を握ったハリーはジュニアがあらかじめ「移動キー」にしておいたため、セドリックと一緒にリトル・ハングルトンの・・・

ヴォルデモートが待ち受ける・・・

教会墓地に到着したのです。

3-3.ヴォルデモート卿の思い、その3
こうして炎のゴブレットに錯乱の呪文を掛けてハリーが4人目の代表選手になるよう取り計らい、3つ全ての課題でバーテミウス・クラウチ・ジュニアがハリーを助けてヴォルデモートの計画通りに事は成就したというわけです。

それが身体を再生させハリーはもう用済みということで始末しようとしたのですが「ハリー・ポッターが我が手を逃れたのは単なる幸運だったのだ」と言ってハリーを解き放ち杖を返してやったことが裏目に出てしまったのです。

望みはない。助けは来ない。ヴォルデモートが近づく気配を感じながらハリーは最期が来たことを悟りました。ハリーは「ひざまづいて死ぬものか。父さんのように戦って死ぬんだ」と意を決しヴォルデモートとの戦いに・・・

ヴォルデモートも準備ができていました。ハリーが「エクスペリアームス!」と叫ぶと同時にヴォルデモートも「アバダケダブラ!」と叫んだのでした。ところがヴォルデモートにとってはまたしても予想外の出来事が・・・

それはハリーも同じでした。濃い金色の糸のように細い一筋の閃光が2人の杖を結んだのです。さらにその閃光が2本の杖を繋いだままハリーとヴォルデモートを地上から浮き上がらせたのです。さらに金色の糸が裂けて・・・

2人は金色の光の籠にすっぽりと覆われました。不思議なことに周囲を取り囲む死喰い人たちの声は遠くに聞こえるようになりました。さらにハリーが神経を集中させ光の玉をヴォルデモートのほうに押し返そうとすると・・・

ヴォルデモートの杖が周りに響き渡る苦痛の叫びを上げたかと思うと、その杖先から最初にセドリック・ディゴリーそしてフランク・ブライスにバーサ・ジョーキンズとその杖に殺害された人々が次々とその姿を現したのです。

最後にハリーの両親も出て来て「繋がりが切れると私たちはほんの少しの間しか留まっていられない。それでもお前のために時間を稼いであげよう」と言ったのでした。そして「移動キー」の優勝杯の所へ行きさえすれば・・・

セドリックは「僕の体を連れて帰ってくれないか?」と頼んで来ました。ハリーは金色の糸を無理やり断ち切ると走りに走りました。ハリーの手がセドリックの手首を掴みました。しかしセドリックの遺体は重過ぎて運べません。

優勝杯に手が届かない。その時ハリーが唱えたのはクラウチ・ジュニアにヒントを貰って「第1の課題」の時に真夜中過ぎまで猛練習した「あの呪文」だったのです。こうしてハリーは再びヴォルデモートの手から逃れたのです。

「アクシオ!来い!」

今日の最後に
ヴォルデモートにとってはまさに「痛恨の極み」と言っていいでしょうね。唯一の誤算が最大の痛手になってしまったのです。ハリーはこの後ヴォルデモートが一番伝えて欲しくなかったアルバス・ダンブルドアその人に・・・

ヴォルデモートが復活したことを報告してしまったのです。そのお陰でダンブルドアは即座に不死鳥の騎士団を再結成してヴォルデモートとその配下死喰い人たちと対峙する準備を整えることが出来たのです。さらには・・・

ヴォルデモートが身体を再生させる時にハリーの血を使ったこと。ヴォルデモートとハリーの杖の芯は実はいずれもダンブルドアのペットの不死鳥のフォークスの尾羽根で兄弟杖だったためあんなことが起こったというわけです。

それらのことが・・・

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.