FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

今週はハリーポッター・シリーズに登場している数々の魔法薬の中でも断トツにその出現頻度が多かったこの薬を取り上げてみることにしました。ハリーたちが2年生になった時に相次いで起きた襲撃事件の犯人が「ドラコ・マルフォイなのでは?」と考えた3人はマルフォイを尋問するために・・・(全3項目)

3-1.やっぱりハーマイオニーが・・・
ハリーがホグワーツに入って2年目の年度を迎えた時学校内では、スクイブの管理人アーガス・フィルチの飼い猫ミセス・ノリスを皮切りにしてマグル生まれの生徒が相次いで襲われて石にされるという事件が起きたのでした。

ハリーたち3人が談話室で宿題をしている時にミセス・ノリスの襲撃事件を受けてハーマイオニーが「出来損ないのスクイブやマグル出身の子をホグワーツから追い出したいと思っているのは誰?」という疑問に対して・・・

「我々の知っている中でマグル生まれはクズだと思っている人物は誰だ?」と言ってロンは暗に「あの事件の犯人はドラコ・マルフォイだ!」と言い始めたのです。ハーマイオニーは当初その意見に異議を唱えましたが・・・

ハリーもまたマルフォイにその家族はいつもスリザリン出身だということを自慢している。だからあいつならスリザリンの末裔だっておかしくはない。だからドラコ・マルフォイが事件の犯人だとロンの意見に同調したのでした。

「でもどうやって証明する?」と言うハリーにハーマイオニーは「方法がないことはない」と言うのです。その方法とはポリジュース薬でスリザリンの誰かに変身してドラコ・マルフォイに質問することだと言い出したのでした。

ロンが「もし元に戻れなくて永久にそのスリザリン生の姿のままだったら?」との疑問を示し、そのポリジュースとやらは危ないのでは?と言うのに対してハーマイオニーは「しばらくすると効き目は切れる」と答えたのでした。

むしろ材料を手に入れるのがとても難しいんだそうです。ハリーとロンは聞いていなかったのですが何でもスネイプが「最も強力な薬」という本にそれが書いてあると説明していたのだそうです。しかしその本はおそらく・・・

図書室の「禁書」の棚にあって先生のサイン入りの許可証がないと借りることが出来ないそうです。そこでハリーたちは今年度の「闇の魔術に対する防衛術」の教師ギルデロイ・ロックハートにサインを貰うことにしたのでした。

3-2.密造開始!
今にして思えばさすがのハーマイオニーも当時はまだ2年生だったのですから「禁書」の棚の本を借りて読むのは初めてだったんでしょうね。ところがハーマイオニーが震える手で紙を差し出しているのにロックハートは・・・

何とハーマイオニーが借りる本の題名も見ずにサインしてくれたのです。あまりのことにハリーは呆れ返っていたのでした。こうして3人はポリジュース薬の作り方が載っている「最も強力な薬」を借りることができたのでした。

チラリと見ただけでもこの本が「何故禁書の棚に置いてあったのか?」は火を見るより明らかでした。身の毛もよだつような結果をもたらす魔法薬が幾つか載っていましたし、気持ちが悪くなるような挿絵も描かれていました。

薬の材料にざっと目を通しながらハーマイオニーは「こんなに複雑な魔法薬は初めてお目にかかる」と言いました。ところがその材料の中には生徒用の棚にはなくスネイプの個人用の保管倉庫にしかない物が含まれていたのです。

それは「二角獣の角の粉末」に「毒ツルヘビの皮の千切り」の2つでした。スネイプの保管倉庫に盗みに入るなんて上手くいかないような気がすると言って、ハリーは懸念を示したのですがハーマイオニーのこの言葉で・・・

「私は規則を破りたくはない。判ってるでしょう。だけどマグル生まれを脅迫するなんてややこしい魔法薬を密造するよりずっと悪いことだと思うの。でも2人ともマルフォイがやってるかどうか知りたくないって言うんなら」

ハリーもロンもハーマイオニーの最後の言葉「でも2人ともマルフォイがやってるかどうか知りたくないって言うんなら」を聞いて意を決したのです。この魔法薬を作ればドラコ・マルフォイを尋問することができるのです。

クィディッチの開幕戦グリフィンドール対スリザリンが行われた日の夜にはコリン・クリービーという新たな被害者が出たことでロンも迷って揺れていた気持ちが吹き飛んだようです。朝食を食べて医務室を出たハリーが・・・

「嘆きのマートル」のトイレに行くと、そこではハリーの予想通りにロンとハーマイオニーがポリジュース薬を煎じている最中でした。2人はマルフォイが試合に負けた腹いせにコリンを襲ったに違いないと考えていたのでした。

そしてポリジュース薬が完成したのは・・・

3-3.クリスマスに
ロックハートが主宰して行われた「決闘クラブ」でハリーが蛇語を解することが明らかになって学校中が「襲撃事件の犯人はハリーなのでは?」と思うに至って、何故かドラコ・マルフォイが不機嫌になって行くのを見て・・・

ロンは訳知り顔で「本当は自分だって言いたくてしょうがないのさ」と言っていたのですが、それに対してハーマイオニーは「ポリジュース薬がもうすぐ完成するのでマルフォイの口から真実を聞く日も近い」と答えたのでした。

そしてクリスマスの朝にはハーマイオニーがハリーとロンの寝室にやって来て「1時間も前から起きて煎じ薬にクサカゲロウを加えてたの。完成よ」と言って、ついにポリジュース薬が出来上がったことを2人に告げたのでした。

クリスマス・ディナーが終わった後ハーマイオニーはハリーとロンにスーパーに行って洗剤を買って来いとでも言うような気軽な口調で「これから変身する相手の一部分が必要なの」と告げました。そして用意をしていた・・・

チョコレート・ケーキを2人に差し出し簡単な眠り薬を仕込んでおいたので、クラッブとゴイルがこれを見つけるようにしておけばいいと言ったのです。これで取り調べの最中に本物が現れるなんてことはないというわけです。

ハリーもロンも「世の中そんなに甘くない」こんな簡単な方法で上手く行くのか?と思ったのですが、ところが実際にやってみた所あまりにも呆気なく事は進んでクラッブとゴイルは眠り薬入りのケーキを食べてしまったのです。

ハリーが「君のはあるの?」と訊くとハーマイオニーは先日の決闘クラブで取っ組み合ったミリセント・ブルストロードの髪の毛が自分のローブに残っていたのでこれを使うと言ったのです。ところがそれが大失敗だったのです。

ハーマイオニーがミリセント・ブルストロードの髪の毛と思って使用した毛はどうも本人の髪の毛ではなく飼っていた猫の毛だったようなのです。そのためハーマイオニーは医務室のお世話になることになってしまったのでした。

一方ハリーとロンの2人はクラッブとゴイルに変身することに成功してスリザリンの談話室に入ることにも成功しました。しかし特にロンにとっては極めて残念なことにドラコ・マルフォイは事件の犯人ではありませんでした。

それからというものロンは何度も何度も繰り返し「絶対マルフォイだと思ったのになあ」とボヤいていたのでした。

今日の最後に
ハリーが初めて校長室に足を踏み入れたのはコリン・クリービーに続いてハッフルパフ生のジャスティン・フィンチ・フレッチリーと「ほとんど首なしニック」の2人が同時に襲われた直後のことでした。したがって当然・・・

この時既にポリジュース薬の密造は始まっていました。当時のハリーは閉心術に開心術という魔法があることすら知らなかったぐらいなのでダンブルドアは容易にハリーの心の内を見通すことが出来たというわけなんですよね。

しかしダンブルドアは見て見ぬフリを決め込んだのです。それはこれからこのポリジュース薬は要所要所で何度も繰り返し登場することになるので、ハリーにはその特性を理解してもらうため経験させたというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.