FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

シリウスがアズカバンから脱獄できたのは未登録の動物もどきだったからです。ところが絶対に不可能と言われていたアズカバンを抜け出す方法は他にもあったのです。バーティ・クラウチはその手段を使ってアズカバンから息子を助け出したのでした。その時使われた魔法薬が・・・(全3項目)

3-1.クラウチ・ジュニアがマッド・アイに
このようにして2年生のクリスマスに自身の体で体験学習をしていたためハリーは目の前の現実をすんなりと受け入れることができたというわけです。今にも泣き出しそうな顔で「医務室に」と言うマクゴナガル先生に・・・

「その子はここに留まるのじゃ。ハリーに納得させる必要がある」

ダンブルドアはさらに「納得してこそ初めて受け入れられるのじゃ」とも言ったのでした。何故自分がこんな目に遭ったのか?知ってこそ回復がある。この子は知らねばならん。それをしたのが誰なのか?を知らねばならんと。

ハリーの「いったいどうしてムーディが?」という問いにダンブルドアは「こやつはアラスター・ムーディではない」と答えたのでした。さらにダンブルドアは君はアラスター・ムーディに会ったことがないとも言ったのです。

ムーディの6つの鍵穴があるトランクの最後の6番目のフタを開けると、そこには竪穴のような地下室が見下ろせてそこに痩せ衰え飢えた姿の本物のマッド・アイ・ムーディがいてハリーはさらに驚かされることになったのです。

それなら目の前にいるムーディは?

ダンブルドアは机の上に立てておいた携帯用酒瓶を取ってフタを開けて引っくり返しました。すると床にネバネバした濃厚な液体がこぼれ落ちて来たのです。それこそがそのペテン師をムーディの姿に変えていた物だったのです。

「ポリジュース薬じゃ。ハリー」

ダンブルドアは「単純でしかも見事な手口じゃ。ムーディは決して自分の携帯用酒瓶からでないと飲まなかった。そのことはよく知られていた」だからこのペテン師はポリジュース薬を作り続けるために本物のムーディを・・・

そばに置く必要があった。しかし偽ムーディは今夜は興奮のあまりポリジュース薬を飲み忘れていた可能性があると言うのです。そこでダンブルドアは机の所にあった椅子を引いて座り床のムーディをじっと見下ろしたのでした。

元に戻った姿を見てスネイプもマクゴナガル先生もその場に立ち尽くしました。その男はベラトリックス・レストレンジと共にアズカバンに送られ、そこで息絶えたと思われていたバーティ・クラウチ・ジュニアだったのです。

さらには・・・

3-2.アズカバンを逃げ遂せたのは?
何ゆえアズカバンで死んだはずの男がここホグワーツにいてヴォルデモートの復活に手を貸したのか?実はバーティ・クラウチ・ジュニアがアズカバンを脱獄する際にもポリジュース薬が使われていたというわけなんですよね。

スネイプが持って来たベリタセラム「真実薬」でクラウチ・ジュニアは全てを話しました。母親のクラウチ夫人は自分の死期が近いことを知っていたのです。そこで最期のお願いとして息子を助けるよう夫に懇願したのでした。

息子を決して愛さなかった父でしたが母のことは愛していたので承知したのでした。2人はアズカバンに息子を訪ね息子に母の髪の毛を入れたポリジュース薬を飲ませ、母は息子の髪の毛を入れたポリジュース薬を飲みました。

これで息子と母親の姿が入れ替わったのでした。吸魂鬼は目が見えない。健康な者が1人と死にかけた者が1人アズカバンに入って来るのを感じ取りました。そして健康な者1人と死にかけた者が1人出て行くのも感じ取りました。

父は囚人の誰かが独房の扉の隙間から見ていたりする場合のことも考えて息子と妻の姿をポリジュース薬で入れ替えて密かに連れ出したのです。そして母はまもなく息子の名前そして息子の姿のままで死亡していったのでした。

誰もが皆母を息子だと思ったのでした。そして父は妻の死を装った静かな身内だけの葬式を執り行いました。当然妻の墓は空っぽというわけです。そして息子は屋敷しもべ妖精のウィンキーの世話で健康を取り戻したのでした。

父は息子をおとなしくさせるために幾つかの呪文を使わなくてはなりませんでした。息子は元気になるとヴォルデモートを探し出すことしか考えませんでした。ヴォルデモートの下で仕えること以外には何も考えなかったのです。

父は息子に「服従の呪文」をかけ昼も夜も無理やり「透明マント」を被らせました。屋敷しもべ妖精のウィンキーが息子を監視しながら世話もしました。ウィンキーは息子を哀れみました。時々は気晴らしさせるようにと・・・

ウィンキーが父を説き伏せました。お母さまは坊ちゃんを自由にするために死んだのです。生涯幽閉の身にするためではありません。ウィンキーにこう言われて父はついに折れました。そして計画は慎重に進められたのでした。

クィディッチ・ワールドカップの決勝戦が行われる日の朝父は息子とウィンキーをまだ誰もいない内の早い時間に貴賓席に連れて行きました。ウィンキーが父の席を取っているという手はずでした。透明マントを被って・・・

姿の見えない息子がウィンキーの隣に座りました。そしてその時父がかけた「服従の呪文」から解き放たれた息子はハリーの杖を盗み、キャンプ場に戻ってから死喰い人の騒ぎを聞きつけて空に「闇の印」を打ち上げたのでした。

3-3.魔法薬学のふくろう試験で
そんなわけでダンブルドアはハリーが2年生の時に既に自らの体で体験学習済みだと知っていたので、ハリーにポリジュース薬がいかなる魔法薬かということを詳細に説明することはなかったというわけです。さらには・・・

ふくろう試験の「魔法薬学」の筆記試験にもポリジュース薬が出題されたのです。この時にも2年生の時に実際に飲んで経験していたことが生かされてハリーは「この問題については満点が取れたのでは?」と思ったのでした。

くしくもムーディに成り済ましたクラウチ・ジュニアに「闇祓いの仕事に就くことを考えたことがあるか?」と問われて卒業後の進路にクィディッチの選手ではなく「闇祓い」を目指すことになったハリーだったのですが・・・

この「魔法薬学」のふくろう試験がその「闇祓いになりたい!」という野望から転落するきっかけになるのは間違いないとハリーは思ったのです。案の定筆記試験は難しかったのです。それがふくろうが運んで来た結果は・・・

「良・E(期待以上)」でした。スネイプは「優・O(大いによろしい)」つまり最高の成績を取った生徒しか受け入れないのでハリーは一度は闇祓いになる夢を諦めましたが、ハリー6年生の年度から「魔法薬学」の教師が・・・

スネイプからスラグホーンに代わりスラグホーン先生は「良・E」の生徒も喜んで受け入れるとのことでハリーは再び闇祓いの仕事を目指すことが出来るようになったのでした。私が思うには「魔法薬学」の試験結果が・・・

「良・E」だったのはポリジュース薬の問題で満点を取ったからだったに違いないと私はそう思いますね。(笑)

今日の最後に
脱獄は絶対に不可能と言われていたアズカバンからシリウスが逃げ出した時には、新聞にも大きくその記事が掲載され魔法界は大騒ぎになったのですが、実際にはシリウスは無関係の人たちに危害を加えることはなかったのです。

むしろ危険だったのはシリウスなんかより遥か以前にアズカバンを脱獄していたクラウチ・ジュニアのほうだったんですよね。何せ健康を回復させたらヴォルデモート卿を復活させることしか考えなかったというんですからね。

しかしクラウチ・ジュニアは吸魂鬼に魂を吸い取られて生きた屍状態になってしまい、結局魔法界の大多数の人たちはクラウチ・ジュニアがアズカバンを脱獄したことを知らないままこの事実は葬り去られてしまったのでした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.