FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

死喰い人のバーティ・クラウチ・ジュニアがマッド・アイ・ムーディに成り済ましてホグワーツに潜入するということに使われてしまった。つまり悪用されたというわけなんですが、ハリーがプリベット通り4番地に別れを告げる時やビルとフラーの結婚式の際にも使われることになったのでした。その目的は?(全3項目)

3-1.今度はドラコ・マルフォイが!
ハリーたちが6年生になると「魔法薬学」の教師がスネイプからホラス・スラグホーンへと代わったのでした。ハリーはふくろう試験の結果が「良・E」だったので、当初はこの科目は取れないものと諦めていたのですが・・・

それというのもスネイプは最高の成績「優・O」を取った者にしか6年生以降の受講を許さなかったからです。しかしスラグホーンは「良・E」の生徒でも引き受けるということでハリーもロンも取ることができたというわけです。

通い慣れた地下牢教室に入って行くと部屋の主が変わったということで既にそこは蒸気や風変わりな臭気に満ちていました。スラグホーンが幾つかの魔法薬を煎じておいたからです。その中にポリジュース薬もあったのでした。

ところがそのポリジュース薬をくすねて悪用する輩が現れたのです。ヴォルデモートからアルバス・ダンブルドアの殺害を命じられたドラコ・マルフォイは援軍の死喰い人を校内に招き入れるため「必要の部屋」に入って・・・

「姿をくらますキャビネット棚」を修理していたのですが見張りに立っているクラッブとゴイルが頻繁に部屋の外にいれば、いずれ自分のしていることが露見してしまうのでは?と恐れたドラコはポリジュース薬を使って・・・

2人に他の人間の姿を取らせたのです。ドラコは「修理できないのでは?」と焦るあまり自暴自棄になり到底成功するとは思えない手段を用いてしまったこともあったのですが、最後の最後にはキャビネット棚を修理して・・・

味方の死喰い人を招き入れることに成功したのでした。しかし「必要の部屋」で何をしているのかの詳細は一切聞かされず、ポリジュース薬で無理やり女の子の姿を取らされていたクラッブとゴイルはふてくされていたのでした。

3-2.7人のハリー・ポッター作戦
アルバス・ダンブルドアを亡き者にしてヴォルデモートにとって唯一の邪魔者になったのはもちろんハリーでした。そこで魔法省に務めるヤックスリーが魔法法執行部の部長パイアス・シックネスに「服従の呪文」をかけて・・・

プリベット通り4番地に対し表向きはハリーを保護するためと称して「移動キー」を置くことも「姿現わし」で出入りすることも禁止して、限られた輸送手段に追い込み移動中のハリーを襲うという手段に打って出て来たのです。

そこで騎士団は「13人」のメンバーを大量動員して6人がポリジュース薬でハリーの姿になり、7人のハリーに残りのメンバーが随行して別々の騎士団員の家に向かうという「7人のハリー・ポッター作戦」を敢行したのでした。

ハーマイオニーは最初にその作戦の内容を聞かされた時から「こうなるに決まっている」と言っていました。その予想通りハリーが「僕のために6人もの命を危険にさらすなんて僕が許すとでも」と言うとマッド・アイは・・・

「力ずくでもということになればそうするぞ」と言い放ったのでした。ここにいる全員は成人に達した魔法使いだから危険を覚悟しているというのです。ヴォルデモートのほうにはハリーは17才の誕生日の前日30日までは・・・

動かないとの偽情報を流している。けれどもヴォルデモートはこの家の位置のだいたいの見当はつけているし、配下の死喰い人の1人や2人は見張りにつけているだろう。だからこの作戦が自分たちに残された唯一の道だと・・・

ヴォルデモートと云えども体を7つに分けることはできないだろう。そういうことなので「髪の毛をくれ。頼む」と言われてハリーはハーマイオニーとロンを見たのですが、ロンが「いいからやれよ」という顔をしたので・・・

ハリーはフラスコの泥上の液体つまりポリジュース薬に自分の髪の毛を落とし入れたのでした。液体はハリーの髪の毛が表面に触れた瞬間に泡立ち煙を上げると一気に明るい金色の透明な液体に変化しました。それを見て・・・

ハーマイオニーは思わず「うわぁ、ハリー、あなたって。クラッブやゴイルよりずっとおいしそう」と言ったのでした。言った後ロンの眉毛が吊り上がるのを見てハーマイオニーは少し赤面すると慌ててこうも言ったのでした。

「ゴイルのなんか鼻糞みたいだったじゃない」

ところが騎士団とムーディの目算は外れたのでした。ヴォルデモートは今夜ハリーが移動することを知っていたのです。出発した次の瞬間ハリーたちは死喰い人に取り囲まれて騎士団はマッド・アイを失うことになったのです。

3-3.ビルとフラーの結婚式で
8月1日の午後3時ハリーにロンそれにフレッドとジョージの4人は果樹園の巨大な白いテントの外に立って、ビルとフラーの結婚式に出席する客の到着を待っていたのでした。ハリーはポリジュース薬をたっぷりと飲んで・・・

近くのオッタリー・セント・キャッチポール村に住む赤毛のマグルの姿を借りていました。フレッドが「呼び寄せ呪文」でその少年の髪の毛を盗んでおいたのです。ハリーを変装させて親戚の多いウィーズリー一族の中に・・・

ハリーを紛れ込ませて「いとこのバーニー」として紹介するという計画だったのです。その赤毛のマグルの少年はハリーより少し太っていたので、ドレスローブが窮屈になっていたため照りつける真夏の陽射しの下では・・・

暑苦しくてハリーはかなり難儀していました。それを見てフレッドは「俺が結婚する時はこんな馬鹿げたことはやらない。みんな好きな物を着てくれ」そして母親のウィーズリーおばさんには「金縛りの呪文」をかけると・・・

その代わりとしてハリーは「有名人のハリー・ポッター」という呪縛から解き放たれ、普段は特に初対面の人には額の傷をじろじろ見られたりするのですが今日はそれもないというわけです。そのためあの人が来た時には・・・

招待客の大半は席についてハリーにロンにフレッドとジョージそれにハーマイオニーが加わって昔話に花を咲かせていると結婚式開始直前に招待状を差し出したのがクィディッチ・ワールドカップでブルガリア代表だった・・・

ビクトール・クラムその人でした。突然のライバルの出現にロンは耳を真っ赤にして「どうしてここに来たんだい?」と不機嫌に訊いたのですが、クラム君は三大魔法学校対抗試合で共に代表選手になったフラーの招待で・・・

ここに来たというわけです。クラムに何の恨みもないハリーは「ロンのそばから引き離すのが賢明」と判断してクラムを席に案内しました。クィディッチの有名選手が現れたということで席についていた客がざわめいたのでした。

しかしハリーもまたクラムに負けないぐらいの有名人だったのですが、ポリジュース薬で全くの別人に成り済ましていたので誰も目の前にいるのはハリーだとは気づかなかったというわけです。そのことを知っていたのは・・・

極々少数の騎士団のメンバーだけだったのです。

今日の最後に
バーティ・クラウチ・ジュニアがマッド・アイ・ムーディに成り済ましてホグワーツに潜入する手助けをしてしまったり、ドラコ・マルフォイが見張りに立てていたクラッブとゴイルの姿を変えるために利用してみたりと・・・

物語の前半では悪用ばかりされて来たポリシュース薬だったのですが、ハリーがビルとフラーの結婚式に出席するために使われるようになってからはハリーたちが使うようになったというわけです。そしてハリーたちが・・・

ヴォルデモートの分霊箱を探す旅に出た後ポリジュース薬は計画を実行する上で欠かせない魔法薬になったというわけです。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.