FC2ブログ
初めて魔法使いの住居「隠れ穴」に滞在したということでハリーにとっては驚きの連続でした。そのため初めての煙突飛行粉でも迷子になってしまい迷い込んだ見知らぬ店では一番会いたくない人物に遭遇してしまったのでした。さらに教科書を買うために行ったフローリシュ・アンド・ブロッツ書店でも・・・(全3項目)

3-1.ルシウス・マルフォイ
「隠れ穴」での生活はハリーにとっては不思議なことの連続でした。鏡が大声を上げたり屋根裏お化けが喚いたりパイプを落としたり、フレッドとジョージの部屋から小さな爆発音が上がっても当たり前といった感じで・・・

そんなことだったのでダイアゴン横丁に教科書を買いに行くため煙突飛行粉を使う時にもハリーは生まれて初めてだったので、ものの見事に迷子になってしまったのでした。ところがそこで偶然出会ったのがよりによって・・・

ドラコ・マルフォイと瓜二つで同じ血の気のない顔に尖った顎そして冷たい灰色の目をしているので、ハリーは父親に違いないと思ったのでした。ドラコは義眼に手を伸ばしていましたがルシウス氏はその息子に向かって・・・

「ドラコ、一切触るんじゃないぞ」

ドラコが「何かプレゼントを買ってくれるんだと思ったのに」と不満を口にすると、ルシウス氏は「競技用の箒を買ってやると言ったんだ」と言葉を返したのでした。つまり買ってやるのはここではなくて別の店というわけです。

そう言う父親にドラコは不機嫌な顔で「寮の選手に選ばれなきゃ意味がない」と言った後に続けてハリー・ポッターなんか去年ニンバス2000を貰った。そんなに上手くもないのに単に有名だから寮の選手になれたんだと・・・

そんなドラコにルシウス氏は「同じことをもう何十回と聞かされた」と言った後さらに、今は大多数の者がハリーを闇の帝王を消し去ったヒーローとして扱っているのだから好きでない素振りを見せるのは賢明ではないと・・・

2人が話していると脂っこい髪を撫で付けながら1人の猫背の男がカウンターの向こうに現れました。ルシウス氏はそのボージン氏に「今日は買いに来たのではなく売りに来たのだよ」と言ったのでした。それというのも・・・

最近魔法省が抜き打ちの立ち入り調査を仕掛けることが多くなった。幸い当家はそれなりの尊敬を勝ち得ているので訪問はまだないが、私も少々の物品を持っているので役所の調査が入ると都合の悪い思いをするかもしれない。

ルシウス氏は話をつけるとボージン氏に「邪魔したな」と言った後に明日館のほうに物を取りに来てくれるだろうねと言って息子に「行くぞ!」と声を掛けて店を出て行ったのでした。そしてようやく店を出たハリーは・・・

ウィーズリー一家と合流したハリーはアーサー氏にそのことを報告したのでした。買っていたのではなく売っていたとハリーから聞いたアーサー氏は満足気に「それじゃ心配になったわけだ」と言ったというわけなんですよね。

3-2.ギルデロイ・ロックハート
ハリーは「隠れ穴」に入った直後に初めてこの人物のことを知りました。ロンとフレッドとジョージの3人に庭小人の駆除を命じた後ウィーズリーおばさんが暖炉の上の本の山から取り出した分厚くて豪華な金文字の本が・・・

「ギルデロイ・ロックハートのガイドブック-一般家庭の害虫」

表紙にはブロンドが波打ち輝くブルーの瞳のとてもハンサムな魔法使いの写真が載っていました。ハリーはそれを見て「ギルデロイ・ロックハートなんだろうな」と思ったのでした。悪戯っぽいウィンクを投げ続けていて・・・

ウィーズリーおばさんは写真に向かってにっこりとしながら「彼って素晴らしい。家庭の害虫について本当によくご存知」とロックハートを賞賛していたのでした。するとフレッドがわざと聞こえる囁き声でこう言ったのでした。

「ママったら彼にお熱なんだよ」

ところがハリーはダイアゴン横丁に教科書を買いに行った時にそのギルデロイ・ロックハートに直に会うことになったのです。ハリーたち3人がフローリシュ・アンド・ブロッツ書店に向かって歩いて行くと驚いたことに・・・

書店の近くに来てみると黒山の人だかりでそのほとんどがウィーズリーおばさんぐらいの年齢の魔女ばかりでした。上階の窓に掛かった横断幕に今日ここでサイン会が行われることが書かれてあるのを見てハーマイオニーは・・・

「本物の彼に会える」と黄色い声を上げたのでした。何故ならロックハートの本は今学期の教科書リストのほとんどを占めていたからです。ここで実はハーマイオニーもまたロックハートのファンだということが判ったのでした。

ハリーたち3人がサインを貰う列に加わるとウィーズリーおばさんも息を弾ませ何度も髪を撫で付けながら「もうすぐ彼に会えるわ」と喜んでいました。ギルデロイ・ロックハートの姿が徐々に見えて来ました。ところが・・・

「もしやハリー・ポッターでは?」

ハリーが来ていることに気づくとロックハートは列に飛び込みハリーの腕を掴んで正面に引き出しました。その場にいた人たちが一斉に拍手をしました。ロックハートは輝くような歯を見せながらハリーにこう言ったのでした。

「ハリー、にっこり笑って!」
「一緒に写れば君と私とで一面大見出し記事ですよ」

ここでギルデロイ・ロックハートは「何と記念すべき瞬間でしょう!」と言った後、さらに自分がここしばらくの間伏せていたことを発表するのにはハリーがここにいる今この瞬間こそがふさわしいと高らかに宣言したのでした。

そしてロックハートはこの9月からホグワーツ魔法魔術学校で「闇の魔術に対する防衛術」の教職に就くことを発表したのでした。

3-3.ジャスティン・フィンチ・フレッチリー
ハリーが2年生になって最初に受けた授業は「薬草学」でした。スプラウト先生が「今日は3号温室へ!」と言うので合同で授業を受けていたグリフィンドール生とハッフルパフ生の間からは興味津々の囁き声が流れたのでした。

それというのも今までは1号温室でしか授業がなかったからです。この日の授業で行われたのはマンドレイクの植え替えでした。1つの苗床に4人ということだったので、ハリーたち3人にハッフルパフ生が1人加わったのでした。

「ジャスティン・フィンチ・フレッチリーです」

その男の子ジャスティンはハリーと握手しながら明るい声で自己紹介をしました。ハリーはジャスティンのことは見覚えはあったものの言葉を交わすのはこの日が初めてでした。一方ジャスティンのほうはハリーのことを・・・

当然有名な「あの」ハリー・ポッターということで既に知っていました。さらにはハーマイオニーのことも「何をやっても1番」ということで知っていたのでした。実はジャスティンは純粋マグル出身の魔法使いで当初は・・・

イートン校に行くことが決まっていたんだそうです。そのためジャスティンのお母さんは少しがっかりしていたのだそうです。しかしロックハートの本を読んで家族の中にちゃんと訓練を受けた魔法使いがいると便利だと・・・

お母さんもだんだんと判って来たそうです。ところが今学期純粋マグル出身の生徒が襲われる事件が立て続けに起きてジャスティンがハリーに「イートン校に行く予定だった」と告白したことが思わぬ波紋を呼ぶことに・・・

そのことでハッフルパフ生の間では襲撃事件の犯人はハリーなのでは?という説が流れるようになってしまったのでした。

今日の最後に
ジャスティン・フィンチ・フレッチリーが主要登場人物なのか?については少々私も迷いましたが、ジャスティンは結構地味に要所要所で登場しているんですよね。5年生の時にはダンブルドア軍団にも参加していますし・・・

名前は出て来なかったものの仲のいいアーニー・マクミランも参加しているで当然私はジャスティンもホグワーツの戦いに駆けつけていたとそう思いますね。おそらく沢山の参加者の中に埋もれていたんだと私はそう思います。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1289-e1be7ae3