FC2ブログ
ダンブルドアがこの世と学校を永久に去った時。それはフォークスがホグワーツを永久に去る時でもありました。しかしハリーの柊の杖に入れられたフォークスの尾羽根は不倶戴天の敵のヴォルデモートを認識してヴォルデモートに向けてヴォルデモート自身の恐ろしい魔法を吐き出したのです。(全3項目)

3-1.優しい調べ
6年生になるとハリーはダンブルドアの個人教授を受けることになり学期に入って最初の週末には早速校長室に足を運ぶことになりました。当然いつもの扉の内側にある止まり木にはフォークスがいたというわけなんですよね。

ハリーがこれを受けるために校長室に足を運んだ時フォークスはまるで存在しないかの如く寡黙で物静かでした。しかしクリスマス休暇明けに行われた授業でフォークスはハリーの背後で低く鳴き優しい調べを奏でたのでした。

それはダンブルドアがハリーに「クリスマスに魔法大臣に会ったそうじゃの?」と言った時でした。ハリーが「大臣は僕のことが不満でした」と答えるとダンブルドアも「わしのことも不満なのじゃ」と言葉を返したのでした。

前大臣のコーネリウス・ファッジは魔法大臣の地位にしがみつこうと必死でした。そこでハリーがファッジを支援することを望んでハリーとの会合を求めたそうですが、ダンブルドアは「その可能性はない」と告げたそうです。

しかしファッジが大臣職を離れても新大臣のルーファス・スクリムジョールにその考えが引き継がれたため、スクリムジョールは就任直後にダンプルドアに対してハリーと会う手筈を整えるよう強く要求をしたのだそうです。

問題の場面はハリーがクリスマスにスクリムジョールに会った際に「大臣は僕のことを非難しました。骨の髄までダンブルドアに忠実だって」と言った時でした。無礼千万じゃと言うダンブルドアにハリーが自分は大臣に・・・

「僕はその通りだって言ってやりました」と言うとハリーの背後でフォークスが低く鳴いて優しい調べを奏でました。するとダンブルドアは何かを言いかけて口をつぐんだのでした。ハリーはダンブルドアのブルーの瞳が・・・

涙に曇るのを見たような気がしてどうしたらいいのか分らなくなり慌てて膝に視線を落としたのでした。しかしやがてダンブルドアの声が今度は愉快そうだったので、ハリーはもう顔を上げても大丈夫だと思ったというわけです。

3-2.ホグワーツから永遠に・・・
ダンブルドアが死んでロンもルーピンも校医のマダム・ポンフリーもそしてマクゴナガル先生も落胆して絶望のどん底に突き落とされたことを隠すことなど到底できなかったのでした。しかし一番嘆き悲しんでいたのは・・・

暗闇のどこかで不死鳥のフォークスが鳴いていました。ハリーが初めて聞く恐ろしいほどに美しく打ちひしがれた嘆きの歌でした。そしてハリーは以前に不死鳥の歌を聞いて感じたのと同じようにその調べを外ではなく・・・

自分の内側に感じたのでした。ハリー自身の嘆きが不思議にも歌になり校庭を横切って城の窓を貫いて響き渡っていました。他の人たちも皆全員がその場に佇んで歌に聞き入っていました。自分たちの追悼の心を映した・・・

歌を聞くことで痛みが少し和らいで行くような気がするのは何故なのか?ハリーには分りませんでした。もうどのくらい時間が経ったのだろう。そのためハリーは病棟の扉が開いてマクゴナガル先生が入って来た時には・・・

随分長い時間が経ったような気がしたのでした。顔はすりむけローブは破れて戦いの痕跡が残るマクゴナガル先生が沈黙を破ると、その声で音楽の魔力が破られたのでした。全員が夢から醒めたように各自が動き始めたのでした。

ハリーとダンブルドアがヴォルデモートの分霊箱が隠してある海辺の洞窟に行っている間に留守にしていた学校で何が起こったのか?ハリーがその経緯を聞いている間もフォークスの嘆きは暗い校庭に響き渡っていたのでした。

夜の空気を震わせる不死鳥フォークスの音楽を聞きながらハリーの脳裏には望みもしない考えたくもない思いが忍び込んで来ました。ダンブルドアの亡骸は塔の下から既に運び出されたのだろうか?それからどうなるのだろう?

どこに葬られるのだろう?ハリーがポケットの中で拳を強く握り締めると右手の指の関節にダンブルドアと共に行って洞窟から持ち帰って来た偽の分霊箱の冷たくて小さい塊を感じたのでした。マクゴナガル先生に従って・・・

医務室を出て校長室に向かっている途中でも廊下には全く人がおらず聞こえる音と云えば遠くのフォークスの歌声だけでした。校長室は変わってしまったかもしれないとハリーは漠然と考えていました。ひょっとしたら・・・

黒い幕で覆われているかもしれない。ダンブルドアの亡骸が横たわっているかもしれない。しかし校長室に入ってみると数時間前ハリーとダンブルドアが出発した時とほとんど変わっていないように見えました。違うのは・・・

歴代校長の肖像画に新しい1枚が加わっていたこと。扉の内側の止まり木にフォークスがいなかったことの2点でした。ハリーが校長室にいる間もフォークスは引き続き校庭に向かって嘆きの歌を歌い続けていたのですが・・・

ハリーが校長室を出て寝室に戻りロンに持ち帰った分霊箱が偽物だったことを話してベッドに横になった時。ハリーは突然校庭が静かなのに気がついたのです。ハリーはフォークスがホグワーツから去ってしまったことを・・・

ダンブルドアがこの世と学校を永久に去ってしまったのと同じようにフォークスもまたホグワーツを永久に去ってしまったのです。

3-3.ヴォルデモートを認識して・・・
昨日の記事でも触れたようにヴォルデモートのイチイの木の杖とハリーの柊の杖は兄弟杖で共にフォークスの尾羽根が入っています。そのため兄弟杖を無理やり戦わせることで互いに相手に対して正常に作動しなくなり・・・

イチイの木の杖は再びハリーを殺し損ねてしまったというわけです。ヴォルデモートは拉致した杖職人のオリバンダー翁からそのことを聞き出し「他の者の杖を使えばいい」と言われてそのようにしたのですがその結果は・・・

ルシウス・マルフォイの杖はハリーの柊の杖に破壊されてしまったのです。それは共にフォークスの尾羽根が入った兄弟杖を戦わせた時に死をむしろ積極的に迎え入れ「戦って死ぬんだ」と決意したハリーの勇気が勝って・・・

ハリーの杖がヴォルデモートの杖を圧倒したのです。すると2本の杖の間に2人の持ち主の関係を反映した何事かが起こり、ハリーの柊の杖はヴォルデモートのイチイの木の杖の力と資質の一部を吸収したのです。そのため・・・

ヴォルデモートがハリーを追跡した時フォークスの尾羽根が入った柊の杖はそのヴォルデモートを認識した。血を分けた間柄でありながら不倶戴天の敵であるヴォルデモートを認識してヴォルデモート自身の魔法の一部を・・・

ヴォルデモートに向けて吐き出したのです。ハリーの柊の杖はハリーの並外れた勇気とヴォルデモート自身の恐ろしい魔力を併せ持っていた。ところがヴォルデモートはハリーの勇気が自分を凌駕していたということを・・・

ヴォルデモートは自らが価値を認めないものに関しては決して理解しようとはしませんでした。どんな魔法も及ばないヴォルデモートを凌駕する力をハリーと柊の杖が持つという真実をヴォルデモートは理解できませんでした。

自らの弱さを絶対に認めようとせずフォークスの尾羽根が入ったイチイの木の杖を見限って、ニワトコの杖を求めるようになってからのヴォルデモートは知らず知らずの内に死への階段を昇り始めていたと私はそう思いますね。

最後に
ダンブルドアとフォークスの関係は相思相愛とも言えますし一蓮托生とも言えますし運命共同体とも言えますね。ダンブルドアが何よりもフォークスのことを思っている証拠にダンブルドアの守護霊は不死鳥の姿をしています。

やはりフォークスはダンブルドアのペットということでダンブルドアの死後も、ハリーの杖の芯がフォークスの尾羽根だったということで重要な折り目でハリーの窮地を救ったというわけです。ハリーも柊の木の杖の芯が・・・

フォークスの尾羽根だったのでニワトコの杖はダンブルドアの墓に戻して柊の杖を持つことにしたと私はそう思いますね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1299-479ce01a