FC2ブログ
ヴォルデモートの復活を受けてダンブルドアは「ふくろうが運んでいる途中で捕まる恐れがある」ということでロンとハーマイオニーにも「大事なことは手紙に書くな」と警告していました。学期に入ってシリウス宛ての手紙をヘドウィグに運ばせたハリーだったのですが懸念が現実のことに・・・(全3項目)

3-1.吸魂鬼に襲われて
ハリーの苛立ちは極限に達していました。日刊予言者新聞を発行している間抜けな連中は一体いつになったらヴォルデモート復活の記事を一面大見出しで載せるのか?それに加えてハリーは夏休みに入ってから丸4週間も・・・

プリベット通り4番地に釘付けだったからです。ところがそんなことを言っていられないような出来事がここリトル・ウィンジンクのマグノリア・クレセント通りで起きてしまったのです。何とここに吸魂鬼が出現したのです。

僕はさっき吸魂鬼に襲われた。それにホグワーツを退学させられるかもしれない。何が起こっているのか一体僕はいつここから出られるのか知りたい。

暗い寝室に戻るや否やハリーは全く同じ文面を3枚の羊皮紙に書きました。最初のはシリウスへ2番目はロンにそして3番目はハーマイオニー宛でした。ハリーがさらに怒りを募らせている所にヘドウィグが帰って来たのでした。

「遅かったじゃないか!それは置いとけよ。僕の仕事をしてもらうんだから!」

ヘドウィグが籠のてっぺんに降り立った途端ハリーは唸るようにこう言い放ったのでした。ヘドウィグは嘴に死んだカエルをくわえていたので配達を命じられると大きくて丸い琥珀色の目で恨めしげにハリーを見つめたのでした。

ハリーは3人に宛てた手紙をヘドウィグの脚に括りつけるとシリウスにロンそれにハーマイオニーに真っ直ぐに届けるよう命じました。そして長い返事を貰えるまでは帰ってくるなよ。さらにはいざとなったら3人全員が・・・

ちゃんとした手紙を書くまで突っついてやれ。言われたヘドウィグはまだ嘴がカエルで塞がっていたので曇った声でホーと鳴いたのでした。ハリーが「それじゃ行け」と言うとヘドウィグにすぐに飛び立って行ったのでした。

着替えもせずにベットに寝転び暗い天井を見つめたハリーは今度は惨めな気持ちにヘドウィグにイライラをぶつけた後悔がさらに加わったのでした。プリベット通り4番地でヘドウィグは自分の唯一の友達だというのに・・・

返事を貰って帰って来たら優しくしてやろう。

3-2.ロンドンへ
しかし結局ヘドウィグはプリベット通り4番地に戻って来ませんでした。ハリーがヘドウィグと再会したのは不死鳥の騎士団の先発護衛隊が付き添ってロンドンのグリモールド・プレイス12番地の本部に入ってからだったのです。

ハリーから受けた理不尽な仕打ちの鬱憤を晴らすためヘドウィグはロンとハーマイオニーの2人を突っついて半殺しの目にあわせたそうです。ロンの人差し指には深い切り傷の跡がありましたしハーマイオニーの両手にも・・・

ヘドウィグの嘴の印がありました。8月12日の懲戒尋問で無罪放免となったハリーはヘドウィグと共に学校に戻ることができたのですが、キングズ・クロス駅に在校生のトランクを運んで来たマッド・アイを先頭にして・・・

ハーマイオニーも「今はもうふくろうが途中で捕まらないという保証はないのよ!」と言ってハリーがシリウスに手紙を出すことを反対したのです。ハリーは一旦はハーマイオニーにシリウスに手紙を出すのは辞めると・・・

言ったのですが「闇の魔術に対する防衛術」の教師としてホグワーツに赴任して来たドローレス・アンブリッジにヴォルデモートが取り憑いているか?あるいは「服従の呪文」で操作されているのでは?との疑念を抱いて・・・

さらに「魔法生物飼育学」の教職を休んでホグワーツを留守にしているハグリッドのことも聞きたかったので、ハリーは一転してシリウスに手紙を書きヘドウィグにその手紙を託すため学校のふくろう小屋に向かったのでした。

丸天井のてっぺん近くにヘドウィグを見つけるとハリーは頼みたい手紙があるので降りて来いよと声をかけました。ヘドウィグはホーと低く鳴いて大きな翼を広げてハリーの肩に舞い降りて来ました。ハリーはヘドウィグに・・・

封筒の表には「スナッフルズ」と書いてあるけどシリウス宛ての手紙なんだ。判るかい?とヘドウィグに言ったのでした。ヘドウィグは琥珀色の目を1回だけ瞬きさせることでハリーに「判った」との意思表示をしたのでした。

ハリーはヘドウィグに「気をつけて行くんだよ」と言うとヘドウィグを窓まで運びヘドウィグが小さな黒い点になり姿が消えるまで見守ったのでした。ハリーの手紙の返事をシリウスは寮の談話室の暖炉に現れてしたのでした。

その時シリウスは次に暖炉の火の中から現れる時刻を手紙で知らせるとハリーたち3人に予告したのですが、その手紙を持ったヘドウィグが負傷してしかも朝食時の大広間ではなく「魔法史」の授業時間中に来るという・・・

アクシデントが起きたのです。事前にダンブルドアやマッド・アイが警告していた「ふくろうが途中で捕まる」という事態が現実のことになってしまったのです。そのことをハリーとヘドウィグが実証してしまったのでした。

3-3.あまりに悲しい別れ
不死鳥の騎士団は後に知ったようですが魔法法執行部の部長パイアス・シックネスは死喰い人に「服従の呪文」をかけられて、プリベット通り4番地からは「煙突飛行ネットワーク」を結ぶことも「移動キー」を置くのも・・・

「姿現わし」で出入りすることも禁じてしまったので、騎士団は未成年のハリーを連れ出すために呪文をかける必要のない箒にセストラルにシリウスのバイクを使うことにしたのでした。さらにはポリジュース薬を使って・・・

6人がハリーの姿になる「7人のハリー・ポッター作戦」で見張りの死喰い人に的を絞らせないという策に打って出たのです。6人の偽ハリーは白ふくろうのぬいぐるみを持ち本物のハリーがヘドウィグを同行させることに・・・

ところが騎士団が事前に流した「ハリーは誕生日の前日7月30日まで動かない」という偽情報にヴォルデモートと死喰い人は騙されませんでした。飛び上がった次の瞬間ハリーたちはフードを被った集団に取り囲まれたのでした。

叫び声が上がり緑色の閃光があたり一面に煌きました。ハリーがサイドカーに乗ってハグリッドが運転するシリウスのバイクは一旦逆さまになった後に元の姿勢に戻りました。しかしほっとしたのも束の間で緑色の閃光が・・・

「ああっ-ヘドウィグ!」

「そんな-嘘だー!」

鳥籠を貫きヘドウィグは「キーッ」と鳴いて籠の底にポトリと落ちてしまったのでした。トンクス邸に到着してからハグリッドはあたりを見回しハリーに「ヘドウィグはどこだ?」と訊いたのですが、その問いにハリーは・・・

「ヘドウィグは・・・撃たれた」

11才の誕生日ハリーが自分が魔法使いだということを初めて知ったその日にハグリッドが誕生祝いに贈ってくれたのがヘドウィグでした。ハグリッドは大きな手でハリーの肩を軽くしかし痛いほどに叩いてこう言ったのでした。

「もうええ。あいつは幸せに長生きした」

最後に
私は今でも「どうしてヘドウィグは死ななくてはならなかったのか!」と無念の思いで一杯です。ハリーがプリベット通り4番地を離れるより前の日にヘドウィグを他の騎士団のメンバーの家に移動させておきさえすれば・・・

ヘドウィグは死ななくて済んだのに何故不死鳥の騎士団はそうしなかったんだろう?とそう思いますね。ヘドウィグにはホグワーツの戦い後平和が戻った魔法界でハリーの配達ふくろうとして天寿を全うして欲しかったと・・・

そう思わずにはいられませんね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1303-1317abf7