FC2ブログ
今週はハリー4年生のクリスマス休暇明けから突如として現われ一時期ハグリッドの代わりに「魔法生物飼育学」を教えるようになった代用教師の「この人」を紹介してみる事にしました。何の前触れもなく突然現われたのでハリーもロンも思わず同じ質問を口にしてしまったのでした。そんな2人の問いに対して・・・(全3項目)

3-1.突然ひょっこりと・・・
改めてよくよく思い返してみると私たち読者にとってもそしてハリーにとっても、ホグワーツに入学してから学期の途中で突然ひょっこりと見知らぬ先生が出て来たのは実はグラブリー・プランク先生が初めてだったんですよね。

だからハリーが戸惑うのも当然というわけです。クリスマス休暇が終わってハリーたちが「魔法生物飼育学」の授業を受けるためにハグリッドの小屋の戸口に来てみると白髪を短く刈り込み顎が突き出た老魔女が立っていました。

ロンが魔女を見つめて「あなたは誰ですか?ハグリッドはどこ?」と訊くと老魔女は「わたしゃグラブリー・プランク先生」と元気よく答えました。ハリーもまた「ハグリッドはどこなの?」と同じ質問を繰り返したのでした。

するとグラブリー・プランク先生は「あの人は気分が悪くてね」と言うのです。背後からは低い不愉快な笑い声が聞こえて来ました。振り返るとドラコ・マルフォイとスリザリン生が到着していました。どの顔も上機嫌で・・・

グラブリー・プランク先生を見ても誰も驚いていません。グラブリー・プランク先生は生徒たちに「こっちにおいで」と言うとずんずん歩いて行きました。ハリーたち3人はグラブリー・プランク先生に従いて歩きながら・・・

ハリーはなおも「ハグリッドはどこが悪いのですか?」と訊きましたが、グラブリー・プランク先生は余計なお世話とでも言いたげに「気にしなくていいよ」と言うだけでハグリッドに何が起こったのかの具体的な説明は・・・

一切してくれません。ハリーが熱くなって「でも気になります。一体どうしたのですか?」と訊くとグラブリー・プランク先生は聞こえないふりをしたのでした。そしてグラブリー・プランク先生と生徒たちが到着した所には?

3-2.豊富な知識
グラブリー・プランク先生は「禁じられた森」の端に立つ1本の木の所へ生徒たちを連れて来ました。その木には大きくて美しい一角獣(ユニコーン)が繋がれていました。それを見て女子生徒たちは思わず歓声を上げたのでした。

ラベンダー・ブラウンは囁くように「まあ何てきれいなんでしょう!」と言った後「あの先生どうやって手に入れたのかしら?捕まえるのはとっても難しいはずよ!」とも言ったのでした。ユニコーンの輝くような白さに・・・

周囲の雪さえ灰色に見えるほどでした。ユニコーンは金色の蹄で神経質に地面を掻き角のある頭を仰け反らせていたのでした。すると突然グラブリー・プランク先生は「男の子は下がって!」と言うと腕をさっと伸ばして・・・

ハリーの胸のあたりで行く手をがっしりと遮り「ユニコーンは女性の感触のほうがいいんだよ。女の子は前へ。気をつけて近づくように。さあゆっくりと」と言って先生と女子生徒はゆっくりユニコーンに近づいて行って・・・

ハリーを含めた男子生徒たちは囲い地の柵のそばに立って眺めていました。グラブリー・プランク先生にこちらの声が届かなくなると即座にハリーがロンに「ハグリッドはどこが悪いんだと思う?」と訊くと、ご親切にも・・・

ドラコ・マルフォイが「何ゆえ突然ハグリッドがいなくなって代わりの先生が出て来たのか?」の理由を教えてくれたのでした。ハグリッドは「日刊予言者新聞」で母親が巨人だという事を暴露されてしまったからだったのです。

マルフォイは目をギラギラ光らせながら「これでやっとあのデカブツの教師生命もお終いだな」と言ったのでした。どこの親だって半巨人だなんて絶対に気に入らないとマルフォイはそう言うのです。教師を続けさせたら・・・

ハグリッドが子供たちを食ってしまうと心配するというのです。するとグラブリー・プランク先生の声が「そこの生徒ちゃんと聞いてるの?」と飛んで来ました。女子生徒たちは全員ユニコーンの周囲に集まって撫でていました。

ハリーが怒りで手を震わせている間もグラブリー・プランク先生のほうは遠く離れた場所にいる男子生徒にも聞こえるようにと大声でユニコーンの様々な魔法特性を列挙説明してくれていたのでした。そして授業終了後の・・・

女子生徒たちの評価は?

3-3.女子生徒の評判も上々
授業が終わって昼食を取るために城に向かう途中でパーバティ・パチルは「あの女の先生にずっといて欲しいわ」と言ったのでした。パーバティが言うには「魔法生物飼育学」はこんな感じだろうと自分が思ってたのと・・・

近いんだそうです。取り上げた魔法動物が尻尾爆発スクリュートのような怪物なんかじゃなくて一角獣(ユニコーン)だからだとパーバティはそう言うのです。ハリーが怒って「ハグリッドはどうなるんだい?」と言うと・・・

パーバティは声を荒げて「どうなるかですって?森番に変わりないでしょう?」と言い放ったのでした。パーバティはクリスマス・ダンスパーティでパートナーを組んだ時のハリーの対応が不満だったようで、それ以降は・・・

ハリーに対して冷淡な態度を取り続けていたのでした。さらに大広間に入る時にはハーマイオニーが「とってもいい授業だったわ」とまるでパーバティの意見を追認するように言ったのでした。ハーマイオニーが言うには・・・

自分はユニコーンについてグラブリー・プランク先生の教えてくださった事の半分も知らなかったと言うのです。そんなわけでグラブリー・プランク先生は初授業でものの見事に女子生徒たちの心をしっかりと掴んだようです。

今日の最後に
そんなわけで最初の授業で特に女子生徒の全面的な支持を取り付けたグラブリー・プランク先生だったのですが、やはりハグリッドはグラブリー・プランク先生と比べると評価できないという事になってしまうんでしょうか?

ハグリッドだって前年度クリスマス休暇明け直後の授業で火トカゲを取り上げた時は楽しかったですし、ドラコ・マルフォイが襲われて負傷するというアクシデントがあったもののヒッポグリフはそんなには悪くないと・・・

ただやはり印象の問題じゃないかと私はそう思いますね。尻尾爆発スクリュートはあまりにもインパクトが強すぎる。だから「ハグリッドは怪物ばかり取り上げている」という印象になってしまっていると私はそう考えますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1320-14e1767d