FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーもダンブルドアも「ヴォルデモートが復活した」と主張したばかりにそれからというものは不遇な1年間を過ごす事になりました。そしてようやくそれが明らかになって2人の名誉も地位も回復したと思ったら今度はヴォルデモートの味方であるはずのマルフォイ一家に次々と不幸が襲いかかったのでした。(全3項目)

3-1.マルフォイ一家を襲った不幸
復活を果たし肉体を取り戻してからというものヴォルデモートはずっと「どうしたら予言を聞けるのか?」という想いに取り憑かれていました。自分が凋落する事になった予言の全容を何としても知りたいと強く願ったのです。

そこで魔法省の神秘部「予言の間」に保管されている予言を封印したガラス球を手に入れようとしました。ところがガラス球に触れた途端その神秘部に務めるブロデリック・ボードにかけた「服従の呪文」は解けてしまい・・・

ヴォルデモートはそこで初めて「そのガラス球を手にする事ができるのはその予言に関わる者だけ」という事を知りました。そこでハリーを魔法省に誘き出してガラス球を取らせ配下の死喰い人にそれを奪わせようとしました。

現場の指揮を執ったのはルシウス・マルフォイでした。しかしその事がマルフォイ家に次々と不幸をもたらす事になったのです。予言を封印したガラス球は奪い合いのどさくさに紛れて破壊されてしまいルシウス氏もまた・・・

その場で身柄を拘束されてアズカバンに送られてしまったのでした。予言を聞く事ができなかったヴォルデモートはその懲罰として一人息子のドラコにアルバス・ダンブルドアの殺害を命じたのでした。ヴォルデモートは・・・

ドラコはその任務の遂行に失敗して代償を払う事になる。そしてドラコの両親はそれを見てじわじわと苦しむ。ヴォルデモートは最初からドラコが成功するなどとは全く期待していなかったのです。そこで母ナルシッサは・・・

スピナーズ・エンドの自宅を初めて訪問してセブルス・スネイプに「たった1人の息子ドラコを助けて欲しい!」と涙ながらに懇願したのでした。そこで必ずスネイプに約束を守らせるため「破れぬ誓い」を結ばせたのでした。

3-2.ドラコ・マルフォイの憂鬱と苦悩
両親を苦しめるための懲罰とも知らず当初ドラコは闇の帝王からダンブルドアの殺害を命じられて「自分の力を証明するチャンスを貰えた!」と期待に心を躍らせていたのです。絶頂期は新学期初日のホグワーツ特急内でした。

ドラコは同じコンパートメントに乗り合わせたスリザリン生たちを相手にこれ見よがしの欠伸をした後「来年僕はホグワーツになんかいないかも知れないのに」と切り出して得意の自慢話を始めたのでした。それを聞いて・・・

「僕はもっと次元の高い大きな事をしているかもしれない」

クラッブとゴイルは「次元の高い大きな事がどういう計画なのか?」全く見当がつかないらしくポカンとしてドラコを見つめていました。パンジー・パーキンソンは止めていた手を再び動かしてドラコの髪を撫で始めたのでした。

ブレーズ・ザビニもまた高慢な風貌が損なわれるほどのあからさまな好奇心を覗かせていたのでした。パンジーが「もしかしてあの人のこと?」と言うとドラコは「母上は僕が卒業する事をお望みだか」と言った後さらに・・・

考えてみると闇の帝王が支配なさる時「試験で何科目合格したか?」なんて気になさるか?もちろんそんな事は問題じゃない。あの人のためにどのように奉仕しどのような献身ぶりを示して来たかだけが重要と言い放ったのです。

ところが・・・

ドラコの計画は壊れて何年も使われていなかった「姿をくらますキャビネット棚」を修理して援軍の死喰い人を招き入れ、自身は校内で一番高い天文台塔のてっぺんにダンブルドアを誘き寄せ「死の呪文」を撃つという事でした。

しかしキャビネット棚の修理は一向に進まずスネイプには「計略があるし上手く行くんだ。ただ考えていたより時間がかかっているだけだ!」と強がってみたものの焦る余り成功するはずのない策略を何度もしてしまったのです。

「このままでは自分はもちろんのこと両親までもが罰せられる。マルフォイ家はお終いだ」とドラコは焦燥感を深めて行ったのでした。ハリーでさえスラグホーンのクリスマス・パーティの時に久方ぶりに身近で見た時に・・・

ハリーはマルフォイを見て「本当に病気なのでは?」と思ったのでした。目の下には黒い隈ができているし明らかに顔色が優れません。ところがやっとの事でキャビネット棚の修理ができて計画通りに援軍の死喰い人を・・・

呼ぶ事もでき計画通りにダンブルドアを天文台塔のてっぺんに誘き寄せる事ができたと思ったら、杖を失って丸腰のダンブルドアを目の前にしてもドラコは怖気づいて「死の呪文」を放つ事ができなかったのです。結局は・・・

その手柄はセブルス・スネイプに・・・

横取りされてしまったのでした。

3-3.魔法省の失敗
事もあろうに魔法省にヴォルデモート卿がその姿を現わし魔法大臣コーネリウス・ファッジを始めとして多くの魔法省の職員や闇祓いたちがそれを目撃して、ようやく「日刊予言者新聞」にハリーが待ち望んでいた記事が・・・

ファッジは魔法大臣の座を追われ後任には闇祓い局の局長だったルーファス・スクリムジョールが就任したのでした。ところが実は本来ファッジの後に魔法大臣になるはずだった魔法法執行部の部長アメリア・ボーンズが・・・

ヴォルデモート自身の手にかかって殺害されてしまったのです。新大臣のスクリムジョールはヴォルデモートの復活が明らかになった事を受けて数々の新しい局や部署を新設するという措置を矢継ぎ早に施したのですが・・・

9月になり学校が始まってから最初の土曜日の「日刊予言者新聞」に「夜の騎士(ナイト)バス」の車掌のスタン・シャンパイクが死喰い人の活動をしたという容疑で逮捕されたという記事が掲載されたのでした。ところが・・・

「スタン・シャンパイクが死喰い人?」

ハリーは「ばかな!」と言いましたがロンは「服従の呪文をかけられてたかもしれない」と意見を述べたのでした。何でも記事によると容疑者がパブで死喰い人の秘密の計画を話しているのを誰かが漏れ聞いて、それが元で・・・

スタンは逮捕されたんだそうです。ハーマイオニーに言わせればヴォルデモートの復活が明らかになって魔法界全体が戦々恐々だし、何かしら「魔法省はちゃんと手を打っている!」という事を見せたいのだとそういうのです。

ハーマイオニーの推測は的中していました。クリスマス休暇に「隠れ穴」に滞在したハリーは魔法省に務めているウィーズリーおじさんから実際に面接をした者は誰もが「スタンは死喰い人じゃない」と言っているんだそうです。

しかし魔法省のトップの連中は何か進展があると見せかけたい。ウィーズリーおじさんが言うには「3件逮捕」と云えば「3件誤逮捕して釈放」より聞こえがいい。そんなわけで魔法省はトップの面目を保つためだけに・・・

無実の人間の身柄を拘束し続けているというわけなんですよね。そして挙句の果てにスクリムジョール新大臣はハリーに対し「みんなの気持ちが高揚する」と称して魔法省に足を運び魔法省のアイドルになれと言って来たのです。

当然ハリーはそれを拒絶したのでした。

今日の最後に
そんなわけでヴォルデモートが復活した事で敵方のハリーやダンブルドアを始めとして不死鳥の騎士団のメンバーに不幸な事が襲いかかるのは当然と云えば当然なのですが、ヴォルデモートの場合は相手方だけではなくて・・・

味方で配下の死喰い人のマルフォイ一家までも絶望のどん底に突き落としてしまうというわけなんですよね。困ったものです。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.