FC2ブログ
2年生の時ポリジュース薬の密造を取り仕切ったのはハーマイオニーでした。その時ハーマイオニーはハリーを隠れ蓑にしたので直接スネイプと対峙する事はなかったのですが、3年生になってスネイプがルーピン先生の代理で「闇の魔術に対する防衛術」を教えた時には・・・(全3項目)

3-1.ポリジュース薬を作るために
当サイトでは手を変え品を変えて何度も取り上げていますが、ハリーたちが2年生になった時スクイブの管理人フィルチの飼い猫ミセス・ノリスを皮切りにマグル生まれの生徒が次々に襲われ石にされるという事件が起きました。

当初ハーマイオニーは「マルフォイがスリザリンの継承者?」とそれは疑わしいという反応を示しましたが、ハリーの「どうやって証明する?」の問いに対して示した答えがポリジュース薬を使うという方法だったのでした。

それは数週間前の「魔法薬学」の授業でスネイプが話していたのだそうです。自分以外の誰かに変身する薬でハーマイオニーが言うにはそれでスリザリンの誰か3人に変身をすればマルフォイを尋問する事ができるんだそうです。

ハリーとロンは2人とも聞いていませんでした。ロンが言うには「魔法薬の授業中に僕たちスネイプの話を聞いてると思ってるの?もっとましな事をやってるよ」との事でしたが、ハーマイオニーはスネイプの言う事でも・・・

確かにスネイプはハリーを目の敵にする一方でマルフォイを筆頭にスリザリン生の事は露骨に依怙贔屓するし人間性にもかなり問題がある。ハリーにロンがスネイプを毛嫌いする気持ちも理解できる。しかしその一方で・・・

魔法薬の知識については極めて豊富でスネイプが優秀で出来る教師だという事は客観的に見れば認めなくてはならない。だからハーマイオニーは性格に著しい問題があってもスネイプは魔法薬の教師としては超一流だから・・・

スネイプが授業中に話す事は一言一句聞き漏らさないようにしているというわけです。ハーマイオニーのそういった努力によりポリジュース薬は作られハリーとロンはスリザリンの談話室に潜入する事に見事に成功して・・・

ドラコ・マルフォイを尋問する事ができたというわけなんですよね。

3-2.縮み薬にネビルに
そんなわけで2年生の時ポリジュース薬の密造を取り仕切ったのはハーマイオニーでした。ところがスネイプ個人の薬棚から材料を盗む際には「魔法薬学」の授業で騒ぎを起こしたのはハリーだったためハーマイオニーは・・・

スネイプの目はハリーに向けられていたのでハーマイオニーはスネイプと直接対峙する必要がなかったのです。それが3年生になって最初の「魔法薬学」の授業でハーマイオニーはスネイプにこう言わなくてはなりませんでした。

「私に手伝わせてください。ネビルにちゃんと直させます」

するとスネイプは「君にでしゃばるよう頼んだ覚えはないがね」と冷たく言い放ったのでした。さらにネビルのペットのヒキガエルのトレバーに縮み薬を飲ませると非情の通告を申し渡したのでした。そしてスネイプは・・・

「そうすれば多分君もまともにやろうという気になるだろう」と言ってその場を去ったのでした。後に残ったのは恐怖で息もできないネビルの姿でした。ネビルは呻くようにハーマイオニーに「助けてよ!」と頼んだのでした。

スネイプは他の生徒たちに「材料はもう全部加えたはずだ。この薬は服用する前に煮込まねばならぬ。グツグツ煮えている間に後片付けをしておけ」そして後でネビルの縮み薬を試す事にすると言い渡しました。そして・・・

ネビルが汗だくで自分の鍋を必死に掻き回しているのを見てクラッブとゴイルがあけすけに笑っていました。一方ハーマイオニーはスネイプから「でしゃばるな」と言われてしまったのでスネイプに気づかれないようにと・・・

唇を動かさないようにしてネビルに指示を与えていました。まもなく授業が終わるという頃になってスネイプは大鍋のそばで縮こまっているネビルのほうに大股で近づくと暗い目をギラギラさせながらこう呼びかけたのでした。

「諸君ここに集まりたまえ」

縮み薬が何とか出来上がっていればヒキガエルはおたまじゃくしになる。しかし作り方を間違えていれば毒にやられるはずた。スネイプは間違いなくトレバーは後者のほうつまり毒にやられるとそう言うのです。ところが・・・

スネイプはヒキガエルのトレバーを左手で摘み上げ、小さいスプーンで今は緑色になっている水薬をトレバーの喉に流し込みました。一瞬周囲は静まり返りトレバーはゴクリと飲みました。するとポンという軽い音がして・・・

おたまじゃくしのトレバーがスネイプの手の中でくねくねしていました。それを見てグリフィンドール生は拍手喝采したのでした。一方スネイプのほうは「面白くない」という顔でローブのポケットから小瓶を取り出すと・・・

2~3滴トレバーに落としました。するとトレバーは突然元のカエルの姿に戻ったのでした。ところがスネイプの次の言葉でグリフィンドール生の顔から笑いが吹き飛びました。それは「余計なお節介をした」という事のようです。

「グリフィンドール5点減点。手伝うなと言ったはずだミス・グレンジャー。授業終了」

3-3.ルーピン先生の代理で
そんなスネイプとハーマイオニーだったのですが、スネイプがルーピン先生の代理で「闇の魔術に対する防衛術」を教えた時には2人は正面切って向かい合う事になりました。スネイプがルーピン先生はこれまでの授業で・・・

どのような内容を教えたのか?全く記録を残していない言うとハーマイオニーがそれに応えて今までやったのはまね妖怪に赤帽鬼に河童と水魔だと一気に答えました。するとスネイプは「黙れ」と冷たく言い放ちさらには・・・

教えてくれと言ったわけではない。我輩はただルーピン先生のだらしなさを指摘しただけだと反論しました。そして今日の授業でやる事は既に決めてある。それは「人狼である」と言ったのです。するとハーマイオニーが・・・

我慢できずに「まだ狼人間までやる予定ではありません。これからやるのはヒンキーパンクです」と言いました。ところがハーマイオニーがその言葉をまだ言い終わらない内にスネイプはハーマイオニーにこう言ったのでした。

「この授業は我輩が教えているのであり君ではないはずだが。その我輩が諸君に394ページをめくるようにと言っているのだ」

苦々しげに目配せが交わされブツブツと文句を言う生徒もいましたが全員が教科書を開きました。するとスネイプが「人狼と真の狼とをどうやって見分けるか?判る者はいるか?」と訊いたのでした。すると当然の如く・・・

誰1人身動きもせず座り込んだままでした。そしてやはりいつものように勢いよく手を挙げたのはハーマイオニー1人だけでした。スネイプは口元に毎度お馴染みの薄ら笑いを浮かべながらハーマイオニーを無視したのでした。

3年生にもなって人狼に出会っても見分けがつかないとは諸君の学習は非常に遅れている。ダンブルドア校長にしっかりとお伝えしておこうと言うと手をしっかり挙げたままのハーマイオニーが狼人間について答えたのでした。

するとスネイプはハーマイオニーに「勝手にしゃしゃり出て来たのはこれで2度目だ。鼻持ちならない知ったかぶりでグリフィンドールからさらに5点減点する」と言い渡したのでした。すると思わずロンが反論したのでした。

先生は生徒に質問をした。ハーマイオニーはその答えを知っていたから答えただけじゃないか!答えて欲しくないというなら何で質問するんですか!ロンの言う事は至極当然といった感じでしたがスネイプはそれに対して・・・

「言い過ぎだ!」とその場にいた全員がそう思いました。生徒たちが息を潜めて見守る中スネイプはじりじりとロンに近づきロンに罰則を言い渡したのでした。そして他の生徒たちにも脅しをかけるようにこう言い放ったのです。

「さらに我輩の教え方を君が批判するのが再び我輩の耳に入った暁には君は非常に後悔する事になるだろう」

今日の最後に
ご存知のように第3巻「アズカバンの囚人」ではロンのペットのネズミのスキャバーズが実は未登録の「動物もどき」で死んだと思われていたワームテールことピーター・ペティグリューだという事が明らかにされていますね。

しかしネビルのペットのヒキガエルのトレバーはご覧のようにネビルがハーマイオニーの口添えで作った「縮み薬」でおたまじゃくしになりました。したがって間違いなくヒキガエルなんだと証明されたというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1333-76d7ee5e