FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

学期が始まって最初に届いた手紙の中でシリウスはハリーに「傷痕がまた痛む事があればすぐにダンブルドアの所へ行きなさい」と綴っていたのですが、何と「占い学」の授業中に今度は傷痕が焼きごてを当てられたように激しく痛んだのです。そこでハリーがシリウスのアドバイスに従って校長室に行くと・・・(全3項目)

3-1.再びシリウスの警告
シリウスと別れた後ロンはシリウスがハリーのためにネズミを食べて生き延びていたという事で感心する事しきりでした。翌日の朝ハリーたち3人はふくろう小屋に行ってシリウスの提案通りパーシーに手紙を出したのでした。

しかし残念ながら成果はありませんでした。パーシーへの手紙を託したヘドウィグはイースター休暇が終わってからようやく戻って来ました。パーシーの手紙の内容は短くてイライラしておりそれによるとクラウチ氏は・・・

定期的にふくろう便で仕事の指示を送ってよこす。実際にお姿は見ていないが私は間違いなく自分の上司の筆跡を見分けるぐらいの事はできると綴られていました。ところがたとえ手紙を書いたのがクラウチ氏本人でも・・・

実は姿を現わさないという事こそが大問題だったのです。その事は対抗試合の「第3の課題」のちょうど1ヵ月前に忽然とそれもハリーの前にクラウチ氏が姿を現わした事で露見したのでした。ところがシリウスにとっては・・・

そんな事よりもハリーがダームストラングの代表選手ビクトール・クラムと2人だけで会った事のほうが大問題だったのです。ハリーの元には「二度としないと返事のふくろう便で約束してくれ」という手紙が届いたのでした。

しかしハリーは「変な所に行くなって僕に説教する資格あるの?学生時代に自分のした事を棚に上げて!」と少々腹を立てながらロンとハーマイオニーに言ったのでした。ところがハーマイオニーは厳しい声でハリーに・・・

「あなたの事を心配してるんじゃない!ムーディもハグリッドもそうよ!ちゃんと言う事を聞きなさい!」

ハグリッドもシリウスと同意見のようで当日ハリーに「クラムみてえな野郎とほっつき歩いて何しとったんだ!奴はダームストラングだぞ!」と怒られてしまったのです。しかしそのハグリッドも「第1の課題」の時には・・・

マダム・マクシームに課題の内容を教えていたのです。シリウスもハグリッドのいずれも理不尽な物言いだったためハーマイオニーに「あなたの事を心配してるんじゃない!」と言われてもハリーは納得できなかったのでした。

3-2.校長室へ
そんなわけで三大魔法学校対抗試合もいよいよ最後の課題という事になりました。ルード・バグマン氏が事前に「第3の課題」の内容を教えてくれたので、ハリーにロンとハーマイオニーはそれに向けて準備を始めたのでした。

3人は図書室で呪いを探したり空教室に忍び込んで練習をしたりするなどして自由時間を過ごしました。そして事が起こったその日の午後の授業はハリーとロンは「占い学」でハーマイオニーは「数占い学」だったのでした。

その日の天候は雲1つない上天気でロンは「トレローニーの部屋は蒸し風呂だぞ。あの暖炉の火を消した事がないからな」と言っていたのですがまさにその通りでした。ハリーはトレローニー先生が向こうを向いた隙に・・・

ほんの少し窓を開けてそよ風が顔の周りを撫でるようにしました。さらにトレローニー先生が教室の灯りを落として暗くしたのでハリーの瞼が重くなって行きました。するとハリーは夢の中でワシミミズクの背中に乗って・・・

高い丘の上に立つ蔦の絡んだ古い屋敷へと向かっていました。屋敷の中に入るとハリーとワシミミズクは一番奥の部屋を目指して薄暗い廊下を飛んでいったのでした。その部屋に入るとハリーはワシミミズクから降りたのでした。

「ワームテール、貴様は運のいい奴よ」

冷たくて甲高い声がワシミミズクの止まった肘掛椅子の奥のほうから聞こえて来ました。その冷たくて甲高い声はさらに「全く運のいい奴よ。貴様はしくじったが全てが台無しにはならなった。奴は死んだ」と言ったのでした。

「さて、ワームテールよ。失敗はもう二度と許さん。そのわけをもう一度お前の体に覚えさせよう」

事が起こったのはその冷たい声がこう言って椅子の奥から杖の先端が出て来た時でした。冷たい声がワームテールに杖を向けて「クルーシオ!苦しめ!」と言ったのです。ハリーの額の傷痕が焼きごてを当てられたように・・・

痛みました。ふと気づくとハリーは両手で顔を覆って教室の床に倒れていました。傷痕がまだひどく痛み目は潤んでいました。痛みは夢ではありませんでした。トレローニー先生は興奮しきった様子で問い詰めて来たのでした。

「どうなさったの?不吉な予兆?亡霊?何が見えましたの?」

ハリーは「何にも」と嘘をついて身を起こしました。体が震えているのが判りました。周りを見回して自分の後ろの暗がりを振り返らずにはいられませんでした。ヴォルデモートの声がハリーのすぐ近くで聞こえていたのです。

ハリーは「医務室に行ったほうがいいと思います。ひどい頭痛がします」と言うとカバンを取ってトレローニー先生には見向きもせず教室を後にしました。しかしもちろん最初から医務室に行くつもりなど一切なかったのです。

また傷痕が痛んだらどうすべきか?シリウスが手紙で教えてくれていました。ハリーはそれに従い真っ直ぐにダンブルドアの校長室に向かったのでした。そしてそこでダンブルドアの口から意外な言葉を聞かされる事に・・・

「夏休みにそれで目が覚めた事をどうしてご存知なのですか?」

「シリウスと連絡を取り合っているのは君だけではない。わしも昨年シリウスがホグワーツを離れて以来ずっと接触を続けて来たのじゃ。一番安全な隠れ場所として、あの山中の洞穴を勧めたのはわしじゃ」

3-3.毎日のように
ハーマイオニーは「第3の課題」の内容が判った以上ハリーは即座にそれに向けてのトレーニングを始めるべき。それにシリウスにも返事の手紙を出して二度と1人で抜け出さないと約束しなくてはならないとそう言うのです。

城の中にこもっていなければならないとなるとホグワーツの校庭はますます強く誘いかけて来るようでした。初めて隠れ家に足を運んで本人に直に会い実はシリウスが食料の確保に苦労していたという事を知ってからは・・・

ハリーは毎日欠かさずシリウスの元に食べ物を送るようになっていました。そのためシリウスも毎日のようにハリーにふくろう便を送って来るようになりました。どうやらシリウスもハーマイオニーと同意見のようで・・・

ハリーはまず最後の課題をパスする事に集中して他の事は後回しにするようにという考えのようでした。ホグワーツの敷地外で起こっている事が何であれハリーの責任ではない。それにどうする事もできないからというわけです。

とある日に届いた手紙でもシリウスはヴォルデモートが本当に再び力をつけて来ているにせよ自分にとってはハリーの安全を確保するのが第1だ。ハリーがダンブルドアの保護下にある限り奴は到底ハリーに手出しはできない。

しかしいずれにしても危険を冒さないように。迷路を安全に通過する事だけに集中する事。他の事はその後で気にすればいいとシリウスは手紙に書いてよこしたのでした。そしていよいよ「第3の課題」が行われる日の・・・

朝が来たのでした。

今日の最後に
ハリーはずっとシリウスと手紙のやり取りをしているのは自分1人だけだと思っていました。しかし実はダンブルドアもまたシリウスと連絡を取り合っていてホグズミードの村境を越えた洞穴を隠れ家として勧めたのも・・・

ダンブルドアだったという事を校長室に足を運んで初めて知ったというわけです。それなら何故ダンブルドアはあの洞穴を一番安全な隠れ場所として勧めたのかと云えば、あの洞穴には「忠誠の術」がかけられているんですよね。

当然「秘密の守人」はシリウスというわけです。シリウス自身が「あの洞穴」の場所を教えなければ誰も見つける事はできない。翌年度の末にはハグリッドが使いました。それは何らかの方法でシリウスがハグリッドに・・・

あの洞窟の場所を教えたからというわけです。したがって当時あの洞穴を見つける事ができたのはハリーたち3人にハグリッドだけという事になります。何故シリウスがハリーたちにその事を告げなかったのかと云えば・・・

ハリーたちが分霊箱を探す旅に出た時に安易に使って欲しくないという配慮からダンブルドアが口止めしていたからだと私はそう思いますね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.