FC2ブログ
シリウスは「この試合が終われば私はまた安心して息ができる」と言っていました。シリウスもハリーも課題をクリアしさえすればそれで全てが解決するものと信じていました。ところが目の前に突きつけられたのは?2人はまた新たな十字架を背負う事になったのです。(全3項目)

3-1.当日の朝には
ハリーたち3人が隠れ家を訪れた時シリウスは最後に「この試合が終われば私はまた安心して息ができる」と言っていました。ハリーも「第3の課題」が近づいて来た時には上手く行こうが行くまいがようやく対抗試合は終わる。

そうしたらどんなにほっとするかとそう思っていました。これでやっと肩の荷が下りるというわけです。そして「第3の課題」が行われる日のグリフィンドールの朝食のテーブルは大賑わいでした。その日もシリウスの・・・

郵便配達ふくろうが飛んで来てシリウスからの「がんばれ」カードを渡しました。羊皮紙1枚を折畳み中には泥んこの犬の足型が押してあるだけでしたが、ハリーにとってはとてもうれしいカードでした。ところがそれが・・・

「ハリー・ポッターの危険な奇行」と題するリータ・スキーターの記事が掲載された「日刊予言者新聞」がハーマイオニーの元に届けられたり、マクゴナガル先生がやって来て代表選手は大広間の脇の小部屋に集合だと・・・

代表選手の家族が招待されて最終課題の観戦に来ていると言われてハリーは「少なくとも自分が命を危険にさらして戦うのを見に来てくれる家族はいない」まさかダーズリー一家が来ているのだろうかと訝ってみたりして・・・

ハリーのうれしい気持ちは雲散霧消してしまったのでした。実はハリーの家族として招待されたのはウィーズリーおばさんとビルだったのですが、ハリーは極めて意外な形でさらに予想だにしなかった場所でシリウスと・・・

再会する事になったのです。

3-2.次に会ったのは?
シリウスもハリーも課題をクリアしさえすればそれで全てが解決するものと信じていました。ところが目の前に突きつけられたのはヴォルデモート卿の復活という事実でした。2人はまた新たな十字架を背負う事になったのです。

「ハリー大丈夫か?私の思った通りだ。こんな事になるのではないかと思っていた。一体何があった?」

ハリーが次にシリウスと顔を会せたのはダンブルドアの校長室でした。ダンブルドアが扉を押し開けて2人が入って行くと、そこにアズカバンから逃亡して来た時のように蒼白でやつれた顔のシリウスが立っていたのでした。

シリウスは一気に部屋を横切ってやって来ました。そしてハリーを介助して机の前の椅子に座らせると手を震わせながら「一体何があったのだ?」と急き込んで訊いたのでした。そこでダンブルドアがついさっき聞いた・・・

クラウチ・ジュニアの話を一部始終シリウスに語って聞かせました。ハリーはその半分しか聞いていませんでした。疲れ果てて全身の骨が痛みました。眠りに落ちて何も考えず何も感じなくなるまで何時間も邪魔されずに・・・

ひたすら座っていたいと願いました。しかしダンブルドアはシリウスに話し終えると机の向こう側にハリーと向き合って座ったのです。ダンブルドアはハリーに質問をして今夜起きた事の全てを思い出させようとしているのです。

ダンブルドアはハリーに「迷路の移動キーに触れてから何が起こったのか。わしは知る必要があるのじゃ」と言ったのでした。するとシリウスが間髪入れずに厳しい声でハリーの肩に片方の手を置きながらこう言ったのでした。

「ダンブルドア、明日の朝まで待てませんか?眠らせてやりましょう。休ませてやりましょう」

ハリーはシリウスへの感謝の気持ちがどっと溢れるのを感じました。しかしダンブルドアはシリウスの言葉を無視しました。ダンブルドアはハリーのほうに身を乗り出しました。気が進まないままにハリーが顔を上げると・・・

「それで救えるのなら」

「君を魔法の眠りにつかせ今夜の出来事を考えるのを先延ばしにする事で君を救えるならわしはそうするじゃろう。しかしそうではないのじゃ。一時的に痛みを麻痺させれば後になって感じる痛みはもっとひどい」

ダンブルドアはさらにハリーに「君はわしの期待を遥かに超える勇気を示した。もう一度その勇気を示して欲しい。何が起きたかわしらに聞かせてくれ」と言ったのでした。不死鳥のフォークスが一声震える声で鳴いて・・・

ハリーは深く息を吸い込むと話し始めたのでした。

3-3.直前呪文
話し出すとその夜の光景の数々が目の前に繰り広げられるように感じられました。二度ほどハリーの肩をしっかり掴んだままシリウスが何か言いたそうな声を出しました。しかしダンブルドアが手を上げてそれを制したのでした。

話し出してしまえば続けて話すほうが楽だったのでハリーにとってはそのほうがむしろ有り難いと思ったのでした。ほっとすると言ってもいい事でした。そしてワームテールがハリーの血を取るために短剣でハリーの腕を・・・

突き刺した件になるとシリウスはそれを激しく罵りました。そして金色の光がハリーとヴォルデモートの杖を繋ぎセドリックに年老いた男のフランク・ブライスにバーサ・ジョーキンズとハリーの両親が出て来た場面では・・・

ハリーは喉を詰まらせました。話し続けようとしてもヴォルデモートの杖から現れた人たちの記憶がどっと溢れて胸が一杯になってしまったのです。そこでシリウスが沈黙を破ってくれました。シリウスはハリーを見て・・・

そしてダンブルドアを見て・・・

「杖が繋がった?何故なんだ?」

「直前呪文じゃな」

ダンブルドアの目がハリーの目をじっと見つめました。まるで2人の間に目に見えない光線が走って理解し合ったかのようでした。この後ダンブルドアの口からはハリーも驚く極めて意外な事実が語られる事になったのでした。

今日の最後に
ダンブルドアとしてはハリーに移動キーで行った先で起こった出来事を話してもらうという厳しい事を言わなくてはならない。そこで全面的にハリーの味方になってくれるシリウスを校長室に呼んだというわけなんですよね。

シリウスはダンブルドアの期待に見事に応えてここぞという時に「休ませてやりましょう」とねぎらいの言葉を言ってくれたり、ハリーが感極まって一言もしゃべれなくなった時に沈黙を破ってくれたというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1361-d6b92638