FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーにとってはホグワーツに入学して以降はすっかりご無沙汰だったのですが、ヴォルデモート卿復活の知らせを聞いてフィッグばあさんもまた行動を開始したのでした。しかしフィッグばあさんがスクイブの魔女だという事を知らなかったハリーにしてみれば・・・(全3項目)

3-1.久々の登場
先週末の記事で触れたようにダンブルドアはシリウスにヴォルデモート卿が復活した事などを受けて、不死鳥の騎士団の昔の仲間に警戒体制を取るよう伝えて欲しいと言って3人の名前を挙げています。その1人というのが・・・

フィッグばあさんだったというわけなんですよね。しかしハリーはその「アラベラ・フィッグ」というのがプリベット通り4番地のダーズリー一家の近所に住んでいる「あの」フィッグばあさんとは全く気づいていませんでした。

その日ハリーは4番地の庭の花壇に仰向けに寝転んでテレビのニュース番組の内容をチェックしていました。ヴォルデモートが復活したのだからマグルのニュースにもそれを示す報道がされるかもしれないと考えての事でした。

何しろダーズリー夫妻と居間でテレビを見ようとするとニュースが聞こえなくなるほどの音で歯軋りをしたり、意地悪な質問をぶつけて来たりするのでここに陣取る事になったというわけです。ニュース番組が始まる前の・・・

朝食用のシリアル「フルーツ・ン・プラン」のコマーシャルソングを聞きながら、ハリーはフィッグばあさんが傍らの路地を通り過ぎて行くのを眺めていました。ハリーの姿は紫陽花の大きな茂みに隠れて道のほうからは・・・

見えないようになっていました。フィッグばあさんは1人で顔をしかめブツブツ呟いていました。ハリーは茂みの陰に隠れていて本当に良かったと思ったのでした。それというのも最近フィッグばあさんは道で会うたびに・・・

しつこく夕食に誘って来るのです。それは当然ヴォルデモート卿が復活したという知らせがもたらされた事を受けての行動だったというわけです。しかしダンブルドアが口にしていた「アラベラ・フィッグ」というのが・・・

目の前にいるフィッグばあさんとは知る由もなかったハリーにとっては迷惑以外の何物でもなかったのでした。

3-2.慌てて杖を隠したら
ハリーは呆然と立ち尽くしていました。突然正常に戻った事を体中の感覚が感じ取り躍動していました。今しがた起こった事がハリーには到底信じられませんでした。吸魂鬼がここリトル・ウィンジングに現れるなんて・・・

一緒に吸魂鬼に襲われたダドリーは泣いていました。そして震えながら体を丸め地面に転がっていました。ハリーはダドリーが立ち上がれる状態かどうかを見ようと身を屈めました。すると背後から誰かが走って来る音が・・・

ハリーは反射的に杖を構えると振り返り新たな相手に立ち向かおうとしました。しかしその大きな足音で近づいていたのは敵ではありませんでした。先ほどハリーが紫陽花の大きな茂みに隠れている時に通り過ぎて行った・・・

フィッグばあさんが息せき切って姿を現わしました。灰色まだらの髪はヘアネットからはみ出し手首にかけた買い物袋はカタカタと音を立てながら揺れていました。タータンチェックの室内用スリッパは半分脱げかけていました。

来たのがフィッグばあさんだと知ってハリーは慌てて杖を隠そうとしました。ところがその後フィッグばあさんが口にした言葉はハリーにとっては極めて意外なものでハリーをひどく驚かせる事になったのです。その言葉とは?

「バカ、そいつをしまうんじゃない!まだ他にもその辺に残ってたらどうするんだね?」

ハリーは「えっ?」と言いながらポカンとしました。フィッグばあさんは手を揉みしだきながらマンダンガス・フレッチャーがちょろまかした大鍋がまとまった数あると言って誰かに会いに行っちまったと口走っていたのでした。

さらに吸魂鬼を口にして「ミスター・チブルスを見張りにつけといたのが幸いだった」とか「大変な事になった」などとも言うのです。そしてここでぐずぐすしている間はない。ハリーを家に帰してやんなきゃと言ったのでした。

ハリーにとっては路地で吸魂鬼に出会ったのも十分にショックな事でした。しかしダーズリー一家の近所に住む変人で猫狂いのフィッグばあさんが吸魂鬼の事を知っていたというのもそれと同じくらいの大ショックだったのです。

「おばあさんが-あなたが魔女?」

その問いかけにフィッグばあさんは・・・

3-3.本人の口から
ここでハリーは初めてフィッグばあさん本人の口から自分は出来損ないのスクイブだという事を聞いたのです。マンダンガス・フレッチャーもその事をよく知っている。だからフィッグばあさんは吸魂鬼を撃退するのを・・・

助けてやる事はできない。フィッグばあさんが「あんなにあいつに忠告したのにあんたに何の護衛もつけずに置き去りにして」と言うので、ハリーはフィッグばあさんのこの言葉を聞いて先ほど「姿くらまし」をしたのが・・・

マンダンガス・フレッチャーだという事をも同時に知ったのでした。しかしその代わりにミスター・チブルスを車の下に配置しておき、そのミスター・チブルスが「危ない」と知らせて来たのだそうです。そこでこうして・・・

フィッグばあさんが駆けつけて来たというわけです。さらにフィッグばあさんがダンブルドアの名前を口にするものだからハリーはフィッグばあさんを見つめて「ダンブルドアを知ってるの?」と訊いたのでした。すると・・・

フィッグばあさんは「もちろん知ってるともさ。ダンブルドアを知らん者がおるかい?」と「知ってて当然!」という口調で答えたのでした。そして路地に倒れたままのダドリーに向かって甲高い声でこう呼びかけたのでした。

「さっさとでかい尻を上げるんだ。早く!」

フィッグばあさんは吸魂鬼が戻って来たら自分は何もできやしない。何せティーバッグ1つ変身させた事もないんだからと言って屈んでダドリーの巨大な腕の片方を萎びた両手で引っ張りながらダドリーに対してさらに・・・

「立つんだ。役立たずのどてかぼちゃ。立つんだよ!」

しかしダドリーは動けないのか動こうとしないのか?地面に座ったまま口をぎゅっと結んで血の気の失せた顔で震えているだけでした。そこでハリーが「僕がやるよ」と申し出てダドリーの腕を取り起き上がらせようと・・・

したのですが・・・

今日の最後に
フィッグばあさんについては未回収のまま解決する事なくハリーポッター・シリーズが完結してしまった事柄が幾つかあります。そういった謎の1つに「ミスター・チブルスは一体何者だったのか?」というのがあるんですよね。

当サイトではフィッグばあさんが「車の下に配置しておいた」と言っているので、飼っている猫の内の1匹という結論を出しています。しかしそれならミスター・チブルスはどのようにしてハリーが吸魂鬼に襲われた事を・・・

フィッグばあさんに知らせたのか?これは同時に「シリウスとクルックシャンクスはどうやってコミニケーションを取っていたのか?」の謎でもあるんですよね。シリウスの場合はちゃんとした魔法力を持っていましたが・・・

フィッグばあさんのほうはスクイブの魔女なのでなおさら謎が深まりますよね。つまりニーズルという魔法生物には人間に自分の気持ちや意思を伝える能力があったり開心術に長けていたりしていたという事なんでしょうか?

今の所はそう考えるしかありませんね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.