FC2ブログ
先発護衛隊に新学期初日さらにはウィーズリーおじさんの見舞いの付き添いと相当な頻度でハリーの護衛任務をしていたトンクスだったのですが、クリスマス休暇が終わってハリーたちが学校に戻る時にもトンクスは同行してくれたのでした。そして学期最終日には・・・(全3項目)

3-1.ホグワーツに戻る時にも
と!いうわけで先発護衛隊に新学期初日さらにはウィーズリーおじさんを見舞いに行く時の付き添いと相当の頻度でハリーの護衛任務をしていたトンクスでしたが、何とクリスマス休暇を終えてハリーが学校に戻る時にも・・・

またしてもトンクスが同行する事になったのでした。ただし今回の相棒はマッド・アイ・ムーディではなくリーマス・ルーピンでした。ハリーたち一行は「夜の騎士(ナイト)バス」に乗ってホグワーツに帰る事になっていました。

出発当日のハリーは名付け親のシリウスが心配で後ろ髪引かれる思いでの旅立ちでした。この日のトンクスは背の高い濃い灰色の髪をした田舎暮らしの貴族風の変装でした。広場のあちこちに目を走らせながらトンクスは・・・

「さあ、バスに早く乗るに越した事はないわ」

こう言ったのでした。ハリーはトンクスのこの言葉の口調に緊迫感を感じハリーはトンクスがピリピリしていると思ったのでした。ルーピンがパッと右腕を上げるとバーンという音と共にど派手な紫色の3階立てのバスが・・・

バスは危うく近くの街灯にぶつかりそうになりました。しかし街灯のほうが飛び退いて道を空けました。紫の制服を着た痩せてニキビだらけの耳が大きく突き出た若者が歩道に飛び降りていつもの文言を言いかけましたが・・・

「はいはい、判ってるわよ。ごくろうさん」

トンクスが素早くこう言ってスタン・シャンパイクの言葉を打ち切らせました。そしてトンクスは一行に「乗って乗って、さあー」と言いながらハリーを乗車ステップのほうへ押しやったのでした。ハリーが前を通ると・・・

スタンはハリーをじろじろと見て「いやーア(ハ)リーだ」と言いました。するとトンクスはスタンに向かって「その名前を大声で言ったりしたら呪いをかけてあんたを消滅させてやるから」と低い声で脅すように言ったのでした。

こうしてハリーたち一行はトンクスにルーピンの護衛つきで「夜の騎士(ナイト)バス」に乗ってホグワーツに向かったのでした。

3-2.夜の騎士(ナイト)バスにて
全員がバスに乗り込むとトンクスは空いた席を見回しながらきびきびと「どうやら分かれて座らないといけないね」と言いました。そしてフレッドとジョージにジニーはルーピンと一緒に後ろの席に座るようにと指示しました。

次にトンクスはハリーにロンとハーマイオニーと共に3階に上がりました。そして最前列に2つと後ろに2つの席を見つけて、ハリーとロンは後ろの席に座る事になったのでした。ロンが椅子ごと6回も引っくり返った頃に・・・

「ほいさ、この次の次はホグワーツでぇ」と車掌のスタンがゆらゆらしながらやって来て威勢良く告げたのでした。何でも前に座っているハリーと一緒に乗って来た態度のでかい姉さんつまりトンクスがチップをくれたそうです。

そしてトンクスはハリーたち一行を先に降ろしてくれと頼んだんだそうです。ただマダム・マーシだけは気分が悪くてハリーたちより早く降ろさなくてはいけないので、ハリーたち一行は「次の次」になるとの事だったのです。

数分後にその不幸なマダム・マーシが降りてバスは再び動き出しスピードを上げました。そして「バーン」と音がするとバスは雪深いホグズミードを疾走していました。脇道の奥にハリーはホッグズ・ヘッドをチラリと見ました。

バスがホグワーツの校門前に到着するとルーピンとトンクスが一行の荷物を降ろすのを手伝いました。それから別れを告げるためにルーピンとトンクスも一旦バスを降りたのでした。トンクスはバスに乗る前の時と同様に・・・

人のいない道に油断なく視線を走らせながら「校庭に入ってしまえばもう安全よ。いい新学期をね。オッケー?」と言ったのでした。こうしてトンクスはルーピンと共にハリーたち一行を無事ホグワーツに送り届けたのでした。

3-3.キングズ・クロス駅で
「ニンファドーラ・トンクスは少しばかり聖マンゴで過ごさねばならぬかも知れんが完全に回復する見込みじゃ」

トンクスもハリーを助けに魔法省に駆けつけました。ところが残念な事にベラトリックス・レストレンジにやられて聖マンゴ魔法疾患障害病院に入院してしまったのでした。しかし学期最終日にはキングズ・クロス駅に・・・

ホグワーツ特急がキングズ・クロス駅に近づいて来るとハリーは「こんなに強く思った事はない」というぐらい「列車を降りたくない!」と思ったのでした。列車が自分をホグワーツに連れ帰る新学期初日の9月1日まで・・・

「てこでもここを動かない!」と言い張ったらどうなるんだろう?と思うほどでした。ところが9と3/4番線の外ではハリーがアッと驚く集団がハリーを待ち構えていたのです。そんな中にトンクスもいたというわけなんですよね。

トンクスは明るい風船ガムピンクの髪の毛を駅の天井の汚れたガラスを通して射し込む太陽の光に輝かせていたのでした。継ぎはぎだらけのジーンズに「妖女シスターズ」のロゴが入った派手な紫色のTシャツという服装でした。

トンクスはマッド・アイ・ムーディにウィーズリーおじさんさらにはルーピンと共にプリベット通りに帰った時のハリーの処遇についての話し合いに参加したのでした。実際には話し合いというよりも脅迫だったのですが・・・

ダーズリー一家の中でとりわけトンクスに強い拒否反応を示したのがペチュニア叔母さんでした。ど派手なピンクの髪の毛が他の何を束にしたよりもペチュニア叔母さんの反感を買ったようでした。ペチュニア叔母さんは・・・

トンクスを見るより両目を閉じてしまうほうを選びました。結局話し合い又は協議というより「脅迫している」という事をバーノン叔父さんが素早く理解してくれたので、ハリーは何とか安心してプリベット通り4番地に・・・

帰る気になったというわけなんですよね。

最後に
そんなわけで登場して早々の第5巻「不死鳥の騎士団」の序盤では物を壊したり倒してみたりととドジばっかり踏んでいたトンクスだったのですが、そういえば新学期初日の9月1日以降は失敗なく任務を遂行していましたよね。

これは月曜日の記事の最後でも触れた事なんですが、プリベット通り4番地で初めてハリーと会った時トンクスは「隠密追跡術では落第ぎりぎりだった」と言っていますね。実は記事を書き終わってから思ったのですが・・・

この時は訓練だったんじゃないかな?と私はそう思いますね。つまり本当に真剣にやっていなかったのでは?だから失敗してしまったんだと思います。でもやはり訓練の時に失敗ばかりしていたらトンクスの上司は決して・・・

そういう任務をトンクスには回さないでしょうね。(苦笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1375-f6e06e9c