FC2ブログ
フレッドとジョージが夏休み期間中から取り組んで来たこの「ずる休みスナックボックス」は数々の困難や障害を乗り越えてついに完成したのでした。そして2人がホグワーツを去った後もアンブリッジを苦しめ続ける事になったというわけなんですよね。そしてその過程に関わっていたのは?(全3項目)

3-1.一種類完成!
そんなこんなで解毒剤が見つからなかったり今度はその解毒剤が見つかったと思ったら飲み込む暇がなかったり、口にはできない体の一部分に出来物が発生してみたりと数々の問題が起こったスナックボックスでしたが・・・

そんな中フレッドとジョージはついに「ずる休みスナックボックス」の1つを完成させたのでした。クィディッチの練習が中止になってしまいハリーは談話室で「魔法薬学」の宿題に取り掛かりましたが全く進みませんでした。

一方フレッドとジョージのほうは2人で交互にデモをやって見物人からやんやの喝采を浴びていたのでした。まず最初にフレッドが砂糖菓子のような物のオレンジ色の端を噛んで前に置いたバケツにゲーゲーと派手に吐きます。

それから同じ菓子の紫色の端を無理やり飲み込むと瞬時に嘔吐が止まってしまうのです。2人の親友のリー・ジョーダンがデモの助手を務めていてフレッドとジョージが吐いた汚物を時々「消失呪文」で消していたのでした。

吐く音と歓声が絶え間なく続いてフレッドとジョージが予約を取る声も聞こえて来るのでハリーは宿題どころではありませんでした。今回ハーマイオニーはどういうわけか「許せない!」とばかりに鼻を鳴らしているのに・・・

注意しようともせず静観しているので苛立つハリーは「行って止めればいいじゃないか!」と言ったのでした。ところがハーマイオニーが言うにはフレッドとジョージがしている行為を止める事は規則上はできないのだそうです。

自分が変な物を食べるのは個々の人間の権利の範囲内。さらには他の生徒たちが「そういう物を買う権利はない」と規則で定められているわけでもない。売られている物品が危険だと証明されなければ監督生と云えども・・・

それを止める権限はないというわけです。おそらくフレッドとジョージはハーマイオニーに止められないようにと学校の規則を十二分に調べ上げた上で談話室での「ずる休みスナックボックス」の販売に踏み切ったんでしょうね。

3-2.偶然と巡り合せが重なって
ハリーはドローレス・アンブリッジによって執り行われた最初の「闇の魔術に対する防衛術」の授業でいきなり罰則を科されるという試練を受ける事となりました。しかもアンブリッジによる罰則は翌週も続いてしまったのです。

「手をこの中に浸すといいわ。マートラップの触手を裏ごしして酢に漬けた溶液なの。楽になるはずよ」

アンブリッジの罰則は手の甲から血が滲み出るという残虐極まりないものでした。2週目の初日にハーマイオニーが用意しておいてくれたのです。ハリーは血が出てズキズキとする手をボウルに浸して癒される心地よさを・・・

感じたのでした。ところがクリスマス休暇明けにはフレッドとジョージの親友のリー・ジョーダンも同じ内容の罰則を受けてしまったのです。それはアズカバンから10人もの死喰い人が集団脱走したという事件を受けて・・・

その新しい教育令26号はアズカバン集団脱走のニュースが流れた次の日の朝に寮の掲示板に貼り出されました。その内容とは教師は自分が給与の支払いを受けて教えている科目に厳密に関係すること以外は生徒に対しては・・・

一切の情報を与える事を禁ずるというものでした。この教育令は生徒の間で散々冗談のネタにされました。フレッドとジョージが教室の後ろで「爆発スナップ」をやっていた時にリー・ジョーダンはアンブリッジに対して・・・

「先生。爆発スナップは闇の魔術に対する防衛術とは何の関係もありません!これは先生の担当科目に関係する情報ではありません!」

リーは「この新しい教育令を文言通りに適用すればアンブリッジは爆発スナップをしているフレッドとジョージを叱りつける事はできない」としてアンブリッジに対して面と向かってこう指摘したのです。そのためリーは・・・

ハリーがこの発言後に会った時。リーの手の甲はひどく出血していました。リーもまたハリーが2週間に渡って科されたのと同じ罰則を受けてしまったのです。そこでハリーはリーに「マートラップのエキスがいい」と・・・

教えてあげたのでした。ところが意外にもその事が「ずる休みスナックボックス」の例の出来物の問題の解決に繋がるという結果を導き出してくれたのです。それはクィディッチの対ハッフルパフ戦を直前に控えた日の事でした。

「例のスナックボックスはいつでも売り出せる。あの吹出物をやっつけるやり方も見つけた。マートラップのエキス数滴で片付く。リーが教えてくれた」

つまりハリーがアンブリッジの罰則を受けてハーマイオニーがマートラップの溶液を用意してくれた。そしてそれをハリーがリー・ジョーダンに教えた。するとその事がスナックスボックスの問題解決に繋がったというわけです。

こうして「ずる休みスナックボックス」は完成しフレッドをして「いつでも売り出せる」という状況になったのでした。

3-3.2人がいなくなった後も
イースター休暇明けの初日にフレッドとジョージはホグワーツを去りました。しかし休暇中も2人は休む事無く働き続けていたのです。何を?そんなに?一生懸命働き続けていたのか?と云えばそれはスナックボックスを・・・

2人がホグワーツを去った事で「悪ガキ大将」の座が空席となり校内は群雄割拠状態になって混乱にさらに拍車がかかる事となりました。しかしフレッドとジョージがいなくなった事でアンブリッジを困らせた事の1つに・・・

それは2人が学校を去る前にスナックボックスをいかに大量に売りさばいていたのかがはっきりした事でした。アンブリッジが教室に入って来るだけで生徒たちは気絶をしたり嘔吐をしたり危険な高熱を出したりしたのでした。

アンブリッジは怒りとイライラで金切り声を上げました。そして何とかしてそのわけの分らない症状の原因を突き止めようとしました。しかし生徒たちは一様にそしてただ強固にひたすらこれは「アンブリッジ炎」だと・・・

そう言い張るのです。アンブリッジは4回続けて生徒全員を居残らせました。しかしどうしても謎が解けなかったため、アンブリッジはしかたなく諦めて生徒たちが鼻血を出したり卒倒したり汗をかいたり嘔吐しながら・・・

列を成して教室を出て行く事を許可したのでした。このようにしていなくなった後もフレッドとジョージが大量に「ずる休みスナックボックス」を売っていた事がアンブリッジを苦しめ続ける事になったというわけなんですよね。

最後に
こうしてアンブリッジがハリーに罰則を科してハーマイオニーがハリーのためにマートラップの溶液を作り、アンブリッジが今度はフレッドとジョージの親友リー・ジョーダンにも同じ罰則を受けさせた事が巡り巡って・・・

フレッドとジョージが夏休み中から取り組んで来た「ずる休みスナックボックス」はついに完成したというわけなんですよね。そして2人がダイアゴン横丁に開店した悪戯専門店ウィーズリー・ウィザード・ウィーズでは・・・

「ずる休みスナックボックス」は超人気の商品になったのでした。ハリーが初めて行った時スナックボックスは「鼻血ヌルヌル・ヌガー」が一番人気のようで、商品棚にはつぶれた箱が1つだけしか残っていなかったのでした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1387-e6500ddb