FC2ブログ
最終学年の年度ハリーはヴォルデモートの分霊箱を探し出して破壊するために学校には生徒としては戻りませんでした。ヴォルデモートが分霊箱の1つ蛇のナギニと共に「叫びの屋敷」にいると知ってハリーたち3人はそこに向かいましたが、ハリーたちの前に最後に立ち塞がったのは?(全3項目)

3-1.最後の隠し場所
6年生の学期末にホグワーツ魔法魔術学校校長アルバス・ダンブルドアが死亡した事を受けて、ハリーは来年度は学校に戻らずヴォルデモートの分霊箱を探す旅に出る事を決意したのでした。ロンとハーマイオニーもまた・・・

ハリーに同行する事になりました。3人の旅は食料の確保に苦労したりロンが度重なる苦難に耐え切れず2人の元を一旦去ってしまったり、移り行く季節に翻弄されたりと難儀を極めましたがやっとの事で最後の隠し場所が・・・

ホグワーツだと判りハリーは「ただ行くだけじゃ駄目よ。何の計画もないじゃないの」と言うハーマイオニーを振り切ってホグズミード村に入ったのでした。村では待ち構えていた死喰い人に吸魂鬼を仕掛けられましたが・・・

「ホグワーツでは助けを求める者には必ずそれが与えられる」

死喰い人の足音がだんだん大きくなって来ました。恐怖と衝撃でハリーがどうすべきか決めかねていると、近くで閂を外す音がして狭い脇道の左手の扉が開いてガサガサした声が「ポッター、こっちへ早く!」と言ったのでした。

ハリーは迷わずその声に従いました。3人は開いた扉から中に飛び込みました。背の高い誰かが「2階に行け。マントは被ったまま静かにしていろ!」と言うのでハリーたちは別の扉を通ってぐらぐらした木の階段を昇って・・・

そこはかつてハリーたちが一度だけ利用した事のある「ホッグズ・ヘッド」でした。ダンブルドア校長の弟のアバーフォースが経営しているバーでした。ハリーの人生を大きく変える事になる予言が成された場所でもありました。

ハリーたちは2週間ほど前に新たにできたというホッグズ・ヘッドと「必要の部屋」を繋ぐ秘密の通路を、迎えに来たネビルと共に歩いてヴォルデモートより先にさらにはスネイプ校長やカロー兄妹にも気づかれる事なく・・・

ホグワーツ入りしたのでした。

3-2.暴れ柳
そんなわけでハリーは「ヴォルデモートが校内に隠した分霊箱を探し出して破壊する」という目的のためにホグワーツ入りしました。しかし当然ネビルを筆頭にその事を知らない他の生徒たちはハリーが自分たちのために・・・

ハリーが自分たちの旗頭になるために命の危険をも省みずホグワーツ入りしてくれたんだとそう思ったというわけです。そのためハリーたち3人がヴォルデモートの分霊箱レイブンクローの失われた髪飾りを破壊し終えて・・・

分霊箱を破壊したのはハリーたちではなくクラッブが放った「悪霊の火」でした。これでヴォルデモートの分霊箱は残すところ蛇のナギニだけになったとのハーマイオニーの指摘を受けてハリーはヴォルデモートの居所を・・・

ヴォルデモートは陰気な部屋の真ん中に立っていました。壁紙は剥がれて一ヵ所を除いて窓という窓には全て板が打ちつけてありました。何だかハリーには奇妙に見覚えのある場所でした。そこは「叫びの屋敷」だったのです。

そこに現れたのがルシウス・マルフォイでした。ルシウス氏の戦いを中止して我が君ご自身がハリーをお探しになられたほうが賢明ではという申し入れに対してヴォルデモートはルシウス氏に偽っても無駄だと言い放ったのです。

「お前が停戦を望むのは息子の安否を確かめたいからだろう。俺様にはポッターを探す必要はない。夜の明ける前にポッターのほうで俺様を探し出すだろう」

この後ヴォルデモートはルシウス氏に「1つ務めを果たしてもらわなくてはならぬ」と言ってスネイプを連れて来るよう命じたのでした。そこでハリーたちは「叫びの屋敷」に向かったのでした。そこに立ちはだかったのが!

「暴れ柳」でした。全速力で校庭を駆け抜けロンが息を切らしながら「どうやって入るつもりだ?」と言ったのでした。前回の時にはクルックシャンクスがこの古木を麻痺させる瘤を踏んでくれたお陰で止まったからでした。

するとようやく息がほんの少しだけ整って来たハーマイオニーが体をくの字に曲げ胸を押さえながらロンに「あなたはそれでも魔法使いなの」と言ったのでした。そこでロンは周囲を見回し下に落ちている小枝に向かって・・・

「ウィンガーディアム レビオーサ!」

ロンが唱えた「浮遊術」で小枝は地面から飛び上がり風に巻かれたようにくるくる回ったかと思うと、暴れ柳の不気味に揺れる枝の間をかいくぐって真っ直ぐ幹に向かって飛んだのでした。こうして身悶えしていた古木は・・・

静かになり3人は「叫びの屋敷」に向ったのでした。

3-3.スネイプの思いをハリーが!
自分のイチイの杖はハリー・ポッターを亡き者にする以外は何でも自分の言うがままに事を成した。このイチイの杖は二度もハリーを殺し損ねた。そこで杖職人のオリバンダー翁を拷問したところ双子の芯の事を吐いて・・・

別の杖を使うようにと言いおった。ところがルシウス・マルフォイの杖はハリーの杖に破壊されてしまった。自分は考えに考え抜いた。何故このニワトコの杖はあるべき本来の杖になる事を拒むのか?何ゆえ伝説通りの・・・

正当な所有者に対して行なうべき技を行なわないのか?そしてヴォルデモートが出した結論は「ニワトコの杖が自分にまともに仕えないのは自分がその真の所有者ではないからだ」というものでした。これは正解だったのです。

ところが!

ニワトコの杖の所有権は最後の持ち主を殺害した魔法使いに所属する。セブルス・スネイプがアルバス・ダンブルドアを殺害した。これ以外に道はない。自分がニワトコの杖の真の所有者になるためにはセブルスお前に・・・

こうしてヴォルデモートはセブルス・スネイプをナギニに襲わせ首を噛み切って殺害させました。ところがスネイプの脳裏ではヴォルデモートが思ってもみなかった全く違う事を考えていました。ハリーはそれを見抜いて・・・

当サイトでは折ある毎に「ハリーは極めて優秀な開心術士である」と指摘しています。開心術でスネイプの真意つまり一刻も早くこの場を離れて生前にダンブルドアから託された伝言をハリーに伝えなくてはという思いを・・・

ハリーはその思いを見抜いたので「透明マント」を脱いでスネイプの元に駆け寄ったというわけなんですよね。

最後に
このようにして改めて「浮遊術」が使われた場面を振り返ってみるとシリーズで一番最初に使ったのはロンで、最後に使ったのもロンという事で「ロンに始まりロンで終わった」という構成になっていたというわけなんですよね。

よくよく考えてみればフリットウィック先生の「呪文学」の授業で1年生が入学早々に習う魔法なのですから、きっとそんなに難しい魔法ではないはずですよね?だから2年生以上の生徒がやるのは「朝飯前」というわけです。

そういった観点から考えても「何故アンブリッジがニフラーを自分の部屋に入れた方法を特定できなかったのか?」不思議と云えば不思議ですよね。やはりアンブリッジは「その程度のレベルの魔女」という事のようですね。

追伸
実は記事を載せ終えてから「浮遊術を最初に成功させたのは授業中のハーマイオニーだった」という事を思い出しました。しかし実戦で初めて成功させたのはロンだったという事で無理やり自分を納得させる事にしました。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1391-5073a902