FC2ブログ
初登場時はフレッドとジョージが6ヵ月の歳月をかけて作った「トン・タン・タフィー」ことベロベロ飴をウィーズリーおばさんが没収するのに使った「この魔法」だったのですが、ハリーは三大魔法学校対抗試合の代表選手に選ばれてしまい「第1の課題」をクリアするために必要に迫られて・・・(全3項目)

3-1.マッド・アイ・ムーディのアドバイス
ロンがハリーの元を離れて行ってしまったためハリーは三大魔法学校対抗試合の代表選手になってしまってからは、ハーマイオニーと「第1の課題」をクリアする方法すなわち「どうしたらドラゴンを出し抜けるのか?」を・・・

図書室にこもってその手段を探し続けたのでした。しかし「これだ!」というものは見つかりませんでした。ところがハリーにとっては思いもかけない所から助け舟が入ったのです。それは何と課題の前日の月曜日の事でした。

「すると・・・ドラゴンの事を知ってしまったのだな?」

ハリーがセドリック・ディゴリーに「第1の課題はドラゴンだ」と教えた直後の事でした。聞き慣れたコツッコツッという音が背後からしたかと思うとマッド・アイ・ムーディがハリーに自分の部屋に来るようにと言ったのです。

自分は贔屓はしない。ただお前に幾つか一般的な良いアドバイスをするだけだと言ったムーディが最初に提示したのは「自分の強みを生かす試合をしろ」というものでした。自分に強みなんて何にもないと言うハリーに・・・

「お前には強みがある。わしがあると言ったらある。考えろ。お前が得意なのは何だ?」

ハリー唯一の強みそれはクィディッチです。ムーディはハリーをじっと見据えると「お前は相当の飛び手だとそう聞いた」と言ったのでした。それに対してハリーが許可されているのは杖だけで箒はされていないと言うと・・・

「効果的で簡単な呪文を使い自分に必要な物を手に入れる」

ハリーが得意なのは飛ぶ事です。ドラゴンを空中で出し抜く必要がある。それにはファイアボルトが必要になります。そしてそのファイアボルトを入手するための「効果的で簡単な呪文」というのは一体何なのかと云えば・・・

3-2.必死の猛練習
こうしてハリーの「呼び寄せ呪文」の猛練習が始まりました。昼食を抜いて空いた教室に行きハリーは全力を振り絞って色々な物を教室の向こうから自分のほうへと飛ばせてみました。やはり最初の内は上手く行きませんでした。

フリットウィック先生の「呪文学」の授業では今学期「呼び寄せ呪文」が取り上げられました。しかしハリーはネビルと共に宿題を出されるなどしていて実はこの魔法を苦手にしていたのです。呼び寄せた本や羽根ペンが・・・

部屋を飛ぶ途中で腰砕けになりまるで石のように床に落ちて行ったのでした。ハーマイオニーに「集中して」と言われるとハリーは腹が立ちました。これでもハリーは集中していたのです。そして昼休みが終わってしまい・・・

ハリーは「占い学」をサボって練習を続けたかったのですが、ハーマイオニーは「数占い」の授業を欠席する事をきっぱり断りました。そのため練習は授業終了後に夕食を取った後に再開されました。再び空き教室に戻り・・・

練習は真夜中過ぎまで続きました。ポルターガイストのピーブズが現れなかったらもっと長くやれたでしょう。ピーブズはハリーが物を投げつけて欲しいのだと思ったふりをして部屋の向こうから椅子を投げつけ始めたのでした。

物音で管理人のフィルチが来ない内にハリーとハーマイオニーは急いで教室を出て寮の談話室に戻って来ました。2人にとっては大変有り難い事にそこには誰もいませんでした。そして午前2時ハリーは暖炉のそばに立ち・・・

山ほどの色々な物に囲まれていました。本に羽根ペンに逆さまになった椅子が数脚それに古いゴブストーン・ゲーム一式とネビルのペットのヒキガエルのトレバーもいました。最後の1時間でハリーはようやくコツを掴みました。

「良くなったわ、ハリー。随分良くなった」

ハーマイオニーは疲れ切った顔の一方でとてもうれしそうにこう言ったのでした。そして夜が明けるとあっという間に時間が過ぎて行き、ハリーは「第1の課題」が行なわれる囲い地の端にある代表選手の控え室に来ていました。

そしてハリーの出番は最後になりました。

3-3.ハンガリー・ホーンテールを目の前にして
ハリーには目の前の全てがまるで色鮮やかな夢のように見えました。数多の顔がスタンドからハリーを見下ろしていました。そして4頭の中でもひときわ強敵のハンガリー・ホーンテールがいました。観衆は大騒ぎしていました。

それが友好的な騒ぎかどうかなどハリーは知りもしなければ気にもなりませんでした。今こそやるべき事をやるんだ!気持ちを集中させるんだ!全神経を完全に唯一たった1つの望みの綱にとハリーは杖を上げて叫んだのでした。

「アクシオ!ファイアボルト!」

ハリーは待ちました。神経の1本1本が望みそして祈りました。もし上手く行かなかったら。もしファイアボルトが来なかったら。周りの物の全てが蜃気楼のように揺らめく透明な壁を通して見えるような気がハリーはしました。

その時ハリーは背後の空気を貫いて疾走して来る音を聞きました。振り返るとファイアボルトが森の端からハリーのほうへとビュンビュン飛んで来る所でした。そして囲い地に飛び込みハリーの脇でピタリと止まったのでした。

観衆の騒音が一段と高まりました。実況役のバグマン氏が何かを叫んでいます。しかしハリーの耳はもはや正常には機能していませんでした。けれどもハリーは「聞くなんて事は重要じゃない」と思ったのでした。そして・・・

ハリーは片足をさっと上げて箒に跨り地面を蹴りました。すると次の瞬間には奇跡とも思える何かが起こったのです。飛び上がって体が地面を離れた時。ハリーを縛り付けていたドラゴンに対する恐怖もまた離れて行ったのです。

ハリーは自分の世界に戻ったのです。クィディッチの試合と同じだ。それだけなんだ。またクィディッチの試合をしているだけなんだ。ハンガリー・ホーンテールは醜悪な敵のチーム。そう思えば怖い事なんて全くないんだ。

こうしてハリーは最短時間で金の卵を取ったのでした。

今日の最後に
ハリーはここまで三大魔法学校対抗試合の代表選手に選ばれてしまった事でまさに四面楚歌状態でした。スリザリン生たちはドラコ・マルフォイを先頭にしてここぞとばかりに責め立てて来ましたし他の寮の生徒たちも・・・

ハッフルパフ生たちは正規の枠でセドリック・ディゴリーという代表選手を出していたのでハリーもその気持ちを理解する事ができました。しかし味方であるはずのグリフィンドール生でさえハリーの苦悩を理解する者は・・・

ハーマイオニー1人だけでした。ロンもまたハリーの元を離れて行ってしまいました。そんな中ハリーが「第1の課題」で一番の貧乏くじつまり最も狂暴なハンガリー・ホーンテールと対決した事で状況は劇的に改善されたのです。

ところがクリスマス休暇前にハリーは思ってもみなかった課題をマクゴナガル先生から突きつけられる事になったのでした。

それは?
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1393-c02107a6