FC2ブログ
ロンがいなくなった後の大きな穴を埋めようとするかのようにハーマイオニーはフィニアス・ナイジェラスの肖像画を取り出して椅子に立て掛けるようになりました。ところがフィニアスを旅に同行させた事がハリーとハーマイオニーが何よりも欲しがっていた物を手に入れる事に繋がって行ったのです。(全3項目)

3-1.ロンの代わり?
ロンはいない。ロンは私たちの元を永久に去ってしまった。ロンが戻って来る事は決してない。ハーマイオニーとハリーは幾晩もほとんど無言で過ごしました。そしてハーマイオニーがその埋め合わせをするようにした事とは?

ハーマイオニーはロンが去った後の大きな穴を埋めようとするかのようにフィニアス・ナイジェラスの肖像画を取り出し椅子に立て掛けたのでした。もう2度と来ないとの宣言にも関わらずハリーの目的を窺い知る機会の・・・

誘惑に負けたようでフィニアスは数日おきに目隠しつきで現れる事に同意したのでした。ハリーはフィニアスでさえ会えてうれしいと思いました。たとえ傲慢で人を嘲るタイプではあっても話し相手には違いなかったからです。

どのようなニュースでもホグワーツで起こっている事ならハリーとハーマイオニーにとっては歓迎でした。もっともフィニアス・ナイジェラスは理想的な情報屋とは言えませんでした。スネイプは自分が就任をして以来の・・・

スリザリン出身の校長だったためスネイプの事を崇めていました。そのためスネイプを批判したり生意気な質問をしないよう気をつけないと瞬時に姿を消してしまうのです。そうは言ってもある程度の断片的なニュースは・・・

2人に漏らしてくれたのでした。

それを聞いてハリーは?

3-2.フィニアスの情報
フィニアスからもたらされた情報によるとスネイプ校長は強硬派の学生による小規模な反乱に絶えず悩まされているようでした。そのためにスネイプはアンブリッジ時代の古い教育令である学生集会禁止令を復活させて・・・

3人以上の集会や非公式の生徒の組織を禁止したのだそうです。校長室に押し入って「グリフィンドールの剣」を奪おうとしたジニーはホグズミード行きを禁じられていました。こうした事からハリーはジニーにさらには・・・

ネビルとルーナが一緒になってダンブルドア軍団を継続する努力を続けているのだろうと推測しました。こんな僅かなニュースでもハリーは胃が痛くなるほど「ジニーに会いたくて堪らない」という思いが込み上げたのでした。

そしてジニーと同じくらいホグワーツそのものを恋しいと思ったのでした。フィニアスがスネイプによる弾圧の話をした時には一瞬我を忘れて「学校に戻ってスネイプ体制揺さぶりの運動に加わるんだ!」と思ったほどでした。

食べ物や柔らかいベッドがあって自分以外の誰かが指揮を執っているという状況は今のハリーにとって「この上なく素晴らしいもの」に思われました。しかし自分が「問題分子ナンバーワン」である事に加えてさらには・・・

首に一万ガリオンの懸賞金が懸っている事を思い出し「ホグワーツに今のこのこ戻るのは魔法省に乗り込むのと同じくらい危険だ」と思い直さなくてはならなかったのです。その事は実際にフィニアスが2人の会話の中に・・・

何気なくハリーとハーマイオニーの居場所に関する誘導尋問を挟む事で計らずもその危険性を浮き彫りにしてくれたのでした。その都度ハーマイオニーは抗議の意を表すため肖像画を乱暴にビーズバッグに押し込んだのでした。

そしてフィニアスはと云えば「無礼な別れの挨拶への応酬だ」とばかりにその後の数日間は現れないというのが常だったのです。

ところが!それが・・・

3-3.ディーンの森に「グリフィンドールの剣」さらには
ハリーは今までとは違う木々の生い茂った場所を目を凝らして見回しながらハーマイオニーに「ここはどこ?」と訊いたのでした。ハーマイオニーはビーズバッグを開いてテントの柱を引っ張り出しながらこう答えたのでした。

「グロスター州のディーンの森よ。一度パパやママと一緒にキャンプに来た事があるの」

するとここディーンの森ではハリーとハーマイオニーにとっては到底信じられない出来事が「2つ」も起きたのです。まずその1つ目は白銀の牝鹿に導かれて行った先の小さな池の中に「グリフィンドールの剣」があったのです。

そして2つ目は?

グリフィンドールの剣を取ろうとハリーは池に飛び込みました。しかし「ここであの剣を拾われてしまったら自分はお終いだ」という事でハリーの首にかかったヴォルデモートの分霊箱がハリーの喉笛を締め上げていたのです。

ハリーには助けてくれたのが「誰なのか?」を見るために頭を持ち上げる余力さえ残っていませんでした。震える片手を喉まで上げロケットが食い込んだあたりに触れるのがせいぜいでした。ロケットはそこにありませんでした。

「おい-気は-確かか?」

その声を聞いたショックがなかったらハリーは起き上がる力が出なかったでしょう。歯の根も合わないほど震えながらハリーはよろよろと立ち上がりました。目の前に服がびしょ濡れで髪が頭に張り付いているロンがいたのです。

何故ハリーとハーマイオニーがたまたま偶然テントを張ったディーンの森の小さな池に「グリフィンドールの剣」が沈められていたのか?何故ヴォルデモートの分霊箱に殺されかけていたハリーをロンが救う事になったのか?

「校長!連中はディーンの森で野宿しています!」

「あのグレンジャーとかいう女の子がバッグを開く時に場所の名前を言うのを聞きました!」

グロスター州のディーンの森に到着した時にハリーがビーズバッグを開いてテントの柱を取り出しているハーマイオニーに場所の名前を訊いた時。バッグの中でフィニアス・ナイジェラスがじっと聞き耳を立てていたのでした。

そしてそれをスネイプに知らせたのです。そこでスネイプはディーンの森に行って小さな池の中に「グリフィンドールの剣」を沈めたのでした。そして牝鹿の守護霊を使ってハリーを剣があるその池へと導いたというわけです。

ロンはダンブルドアから遺贈された「灯消しライター」に導かれてディーンの森に来ていました。すると白銀の牝鹿がやって来ました。そしてその牝鹿を追っているハリーを見てロンはハリーを追ったというわけなんですよね。

つまりハリーもハーマイオニーもさらにはロンも敵だとばかり思っていたスネイプとフィニアス・ナイジェラスが味方だったというわけです。ハリーが驚くべきその事実を知る事になったのはロンとハーマイオニーと共に・・・

ホグワーツ入りしてからの事だったのです。

最後に
ハリーポッター・シリーズでは「味方だと思っていたら実は敵だった」あるいは逆に「敵だと思っていたら実は味方だった」というパターンが何度も幾つも出て来ていますよね。それはシリウスだったりワームテールこと・・・

ピーター・ペティグリューだったりバーテミウス・クラウチ・ジュニアもそうでした。そして最後の最後に「敵と思っていたら味方だった」というのが、このスネイプとフィニアス・ナイジェラスだったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1423-830f3ce8