FC2ブログ
三大魔法学校対抗試合の「第2の課題」でハリーがフラーの人質で妹のカブリエールを助けた事はフラーとハリーの関係を劇的に好転させました。さらにハリーのこの行動はハリー自身にとっては思ってもみなかった恩恵をもたらす事にもなったのです。そして学期最終日にはフラーはハリーに・・・(全3項目)

3-1.第3の課題当日の朝には
ハリーが「第2の課題」でフラーの人質で妹のカブリエールを助けた事はフラーとハリーの関係を劇的に変化させる事になりました。さらにハリーにとっては極めて意外な事に思ってもみなかった恩恵を受ける事になったのです。

一番最初に到着してたのに「全部の人質を助けようとして時間オーバー」という事でロンとハーマイオニーは半ば呆れ半ば同情するような目でハリーを見ました。きっと2人とも「お人好しにも程がある」と思ったんでしょうね。

ところがカルカロフ校長以外の全ての審査員が「これこそ道徳的な力を示すものだ。50点満点に値する」とハリーのこの行動を高く評価したのです。それを聞いて「英雄気取りで時間を無駄にした」と言っていたロンも・・・

「君は結局間抜けじゃなかった」と言って観客の歓声に負けじと大きな声を張り上げて喜んだのでした。その結果ハリーはセドリックと並んで同点一位で「第3の課題」を迎える事ができるようになったというわけなんですよね。

そしてついに「第3の課題」当日の朝がやって来ました。マクゴナガル先生が代表選手の家族が招待されて大広間の脇の小部屋に来ていると言うので「まさか!ダーズリー一家が?」と驚くハリーとロンだったのですが・・・

「ハリー来いよ。みんな君を待ってるよ!」

セドリックにこう言われても「命を危険にさらして戦うのを見に来てくれる家族なんていない」と小部屋に入る事を躊躇していたハリーだったのですが、実はフラーと妹のカブリエールもハリーが小部屋に入って来るのを・・・

待っていたのです。ハリーが当惑しつつ小部屋に入って行くとフラーの妹のガブリエールはハリーに向かって手を振って来たのでハリーもまた手を振り返したのでした。さらに驚く事にハリーの家族として招待されていたのは?

何とウィーズリーおばさんとビルだったのです。

3-2.ビルに熱視線?
ダーズリー一家がホグワーツに来るなんて到底考えられない。そう思いながらハリーが大広間の脇にある小部屋に入って行くと何と驚くべき事にハリーを待ち受けていたのはウィーズリーおばさんにビルの2人だったのでした。

ハリーがニコニコしながら近づいて行くとおばさんが「びっくりでしょ!」と言った後さらに興奮を隠し切れない様子でハリーに「あなたを見に来たかったのよ」と言うと屈んでハリーの頬にキスをしたのでした。そして・・・

ビルは「元気かい?」と言うとハリーに笑いかけながら手を差し出して来ました。ハリーはおばさんに口ごもりながら「本当にうれしいです」そして一瞬ダーズリー一家が来たのかと考えてしまったと言っていたのですが・・・

この小部屋にいる人の中でウィーズリーおばさんにビルとりわけビルの来訪を喜んでいたのはハリーだけではなかったのです。ハリーはフラーが相当関心がありそうな目で母親の肩越しにビルをちらちらと見ている事に・・・

気づいたのでした。昨年の夏休みに「隠れ穴」でハリーが初めてビルと会った日の夕食の席ではウィーズリーおばさんとビルの間で、そのポニーテールの髪型と「最近つけたらしい」という牙のイヤリングが議論になったのです。

「そんなとんでもない大きい牙なんかつけて、全く、ビル、銀行でみんな何と言ってるの?」

母親がこう言うのに対してビルは「銀行じゃ僕がちゃんとお宝を持ち込みさえすれば誰も僕の服装なんか気にしやしない」と辛抱強く答えていました。さらにおばさんは「髪もおかしい」とビルのポニーテールの髪型にも・・・

ケチをつけていました。しかしハリーはフラーの様子を見て「フラーにとってはビルの長髪も牙のイヤリングも全く問題ではないんだ」と思ったのでした。そしてビルと出会った事を受けて学期最終日にフラーがハリーに・・・

告げた事とは?

3-3.学期最終日には
ハリーはトランクに荷物を詰め終わりました。そしてハリーたちは玄関ホールで他の4年生と一緒に馬車が来るのを待っていました。すると「ア(ハ)リー」と呼ぶ声が聞こえて来たのでハリーがあたりを見回すとその声の主は?

フラーが急ぎ足で石段を上がって来る所でした。その後ろの校庭のずっと向こうではハグリッドがマダム・マクシームを手伝ってボーバトンの巨大な天馬たちに馬具をつけていたのでした。フラーはハリーに駆け寄ると・・・

「また会いましょうね」

フラーはハリーに片手を差し出しながらこう言ったのでした。そして「英語が上手になりたいのでここで働けるように望んでいます」とも言いました。そんなフラーにロンが喉を締め付けられたような声でこう言ったのでした。

「もう十分に上手だよ」

フラーはロンに微笑みかけたのでした。その代わりとしてハーマイオニーは顔をしかめていました。フラーは帰りかけながら「さようならア(ハ)リー」と言った後さらに「あなたに会えて本当に良かった!」とも言ったのでした。

セドリックに目の前で死なれヴォルデモート卿の復活を見届けて気持ちが落ち込んでいたハリーは少しだけ気分が明るくなってフラーを見送ったのでした。フラーは太陽に輝くシルバーブロンドの髪の毛を波打たせながら・・・

急いで芝生を横切るとフラーはマダム・マクシームの所に戻って行ったというわけなんですよね。

最後に
今にして思えばフラーは小部屋で人待ち顔でいるウィーズリーおばさんとビルを見ていたという事になりますよね。消去法でハリーの関係者という事は判るのでフラーはどんな思いを抱いておばさんとビルを見てたんでしょうね?

おそらくはハリーが笑顔で近づくのを見て「やっぱりハリーの関係者なんだ!」と胸を弾ませたんでしょう。そして多分セドリック・ディゴリーあたりに「あの2人は誰ですか?」と訊いたんでしょうね。そしてフラーは・・・

英語をさらに上達させると称してビルを追ってグリンゴッツに就職したというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1427-90f5907b