FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ボートで湖を渡って初めてホグワーツ城に入りマクゴナガル先生を最初に見た時ハリーは「この人には逆らってはいけない」と直感しました。ハリーの勘は当たっていました。公正中立がモットーでグリフィンドールの寮監なのにハリーたちにも情け容赦なく宿題を出すのですが・・・(全3項目)

3-1.初めての「変身術」の授業
こうして「所属する寮が決まらないのでは?」という心配は杞憂に終わりホグワーツ特急で知り合ったロンと共にハリーはグリフィンドール生になりました。そして翌日からはいよいよ各科目の授業がスタートを切ったのでした。

「変身術はホグワーツで学ぶ魔法の中で最も複雑で危険なものの1つです。いいかげんな態度で私の授業を受ける生徒は出て行ってもらいますし二度とクラスには入れません。初めから警告しておきます」

マクゴナガル先生はやはり他の先生とは違っていました。逆らってはいけない先生だというハリーの勘は当たっていました。厳格で聡明そのもののマクゴナガル先生は最初の授業でみんなが着席するなりお説教を始めたのでした。

それからマクゴナガル先生は机を豚に変え再び元の姿に戻してみせました。それを見て生徒たちは感激し「自分たちも早く試したい!」と思いました。しかし家具を動物に変えるようになるまでには相当の時間がかかると・・・

その事が次の瞬間に判ったのです。散々複雑なノートを採った後に1人1人にマッチ棒が配られそれを針に変える練習が始まりました。授業が終わるまでにマッチ棒を僅かでも変身させる事ができたのはハーマイオニーだけでした。

マクゴナガル先生は生徒全員にハーマイオニーのマッチ棒がどんなに銀色で尖っているのかを見せた後ハーマイオニーの方に滅多に見せない微笑みを見せたのでした。どうやら初授業でできる生徒はほとんどいないみたいですね。

3-2.初めてのクィディッチの試合
「魔法薬学」を教えているスネイプ先生はスリザリンの寮監なのでスリザリン生、中でもドラコ・マルフォイを露骨に贔屓します。その一方でハリーの事は憎くてしかたがないらしく理不尽なまでに目の敵にするというわけです。

マクゴナガル先生はグリフィンドールの寮監です。だからと言ってグリフィンドール生を贔屓するという事は決してしません。ところがそんなマクゴナガル先生もクィディッチに関わる事については話は別という事のようです。

「私からダンブルドア先生に話してみましょう。1年生の規則を曲げられるかどうか。是が非でも去年よりは強いチームにしなければ」

何でもマクゴナガル先生は昨年度の最終試合でスリザリンにペシャンコにされてからというものは何週間もスネイプの顔をまともに見られなかったんだそうです。そのため「1年生は箒を持ってはいけない」という規則を・・・

ダンブルドア校長に直訴して曲げてまで1年生のハリーをグリフィンドール・チームのシーカーに抜擢したというわけです。このようにしてハリーは初めての飛行訓練授業での飛びっぷりを認められてチームに加わったのでした。

初戦の相手はその昨年度にペシャンコにされたというスリザリンでした。試合が始まるとハリーは遥か上空で試合を下に見ながらスイスイと飛び回り目を凝らしてスニッチを探していました。これがハリーとキャプテンの・・・

オリバー・ウッドが立てた作戦でした。どうしたって後で攻撃される。それならスニッチが目に入るまでみんなから離れているんだ。それまでは攻撃を避けて上空にいろというわけです。そしてハリーはスニッチを見つけました。

ハリーは金色の光線を追って急降下しました。スリザリンのシーカーのテレンス・ヒッグズも見つけました。スニッチを追って2人は追いつ追われつの大接戦を演じました。それがヒッグズよりハリーの方が早かったため・・・

グァーン!

グリフィンドール側から怒りの声が湧き上がりました。スリザリンのキャプテンのマーカス・フリントがわざとハリーの邪魔をしたのです。ハリーの箒ははじき出されてコースを外れハリーは辛うじて箒にしがみついていました。

審判のマダム・フーチはフリントに対して厳重注意を申し渡しグリフィンドールにゴール・ポストに向けたフリー・シュートを与えました。ところが反則を巡ってゴタゴタしている内にスニッチは見えなくなってしまいました。

事が起こったのはこの後でした。突然観客があちこちで一斉にハリーの方を指しました。ハリーの乗った箒がぐるぐる回り始めたのです。ハリーは何とかしがみついていました。ハグリッドが言うにはこんな事ができるのは?

「強力な闇の魔術以外、箒に悪さはできん」

ニンバス2000に手を出すなんてホグワーツの生徒になどできないとハグリッドは言うのです。その言葉を聞いてハーマイオニーはハグリッドの双眼鏡をひったくるとハリーの方ではなく観客席の方を一心不乱に見回し始めました。

向かい側の観客席の真ん中でスネイプが立っていました。ハリーから目を離さず絶え間なく何かをブツブツと呟いていました。ハーマイオニーは観衆を掻き分けてスネイプが立っているスタンドを目指して駆け出したのでした。

途中でクィレルとぶつかってなぎ倒しクィレルは頭からつんのめるようにして前の列に落ちました。がしかしハーマイオニーは立ち止まりも謝りもしませんでした。そしてスネイプの背後に回るとマントに火を点けたのでした。

そしてちゃんと箒に跨れるようになったその直後でした。ハリーは急降下しました。観衆が見たのはハリーが手で口をパチンと押さえた所でした。何か金色の物がハリーの手の平に落ちました。何とそれがスニッチだったのです。

スリザリンのキャプテンのマーカス・フリントは「あいつは取ったんじゃない。飲み込んだんだ」と延々20分に渡って抗議しました。しかし試合結果は変わりません。ハリーはルール違反をしていないからです。こうして・・・

ハリーのクィディッチ・デビュー戦は・・・

グリフィンドールが170対60で勝利したのでした。

3-3.初めての医務室
ハリーのすぐ上で何か金色の物が光っていました。スニッチだ!ハリーは捕まえようとしましたが何故だか腕がとっても重たいのです。ハリーは瞬きをしました。その光る物はスニッチではなくてメガネでした。おかしいなあ。

ハリーがそう思ってもう一度瞬きするとハリーの上にはアルバス・ダンブルドアその人が笑顔を浮かべて見下ろしていたのです。ダンブルドアに「こんにちは」と言われてハリーは直前に自分がしていた事を思い出したのでした。

「先生!石!クィレルだったんです。クィレルが石を持っています。先生!早く」

するとダンブルドアはハリーに「落ち着いて。君は少し時間がずれてるよ。クィレルは石を持っていない」と言ったのでした。そこでハリーが「じゃあ誰が?」と訊くとダンブルドアはハリーが落ち着いてくれない事には・・・

自分はマダム・ポンフリーに追い出されてしまうと言ったのでした。そこでハリーは唾をゴクッと飲み込むと周囲を見回しました。ハリーは白いシーツのベッドに横たわっていました。ハリーが目覚めた所は医務室だったのです。

脇のテーブルにはまるで菓子屋が半分そっくりそこに引っ越して来たかのように甘い物が山のように積み上げられていました。それをダンブルドアは「君の友人や崇拝者からの贈り物だよ」と再び笑顔を見せて説明したのでした。

ハリーが「僕はここにどのくらいいるんですか?」と訊くとダンブルドアは「3日間じゃよ」と答えました。さらにロンとハーマイオニーも君が気がついたと知ったらほっとするだろう。2人ともそれはそれは心配しておった。

そしてハリーがハーマイオニーに「ヘドウィグを送ってくれ」と言ってダンブルドアに出した手紙は途中ですれ違ってしまった事。賢者の石は二度とヴォルデモートに利用されないよう破壊した事も聞かされたというわけです。

そしてハリーは学期最終日の学年末のパーティが行われる日にようやく退院する事ができたというわけなんですよね。

今日の最後に
実は今回マクゴナガル先生が最初の飛行訓練授業の後にハリーをグリフィンドール・チームのシーカーに抜擢する場面でキャプテンのオリバー・ウッドにこう言って昨年度のスリザリン戦の事をぼやいている事に気づきました。

「あの最終試合でスリザリンにペシャンコにされて私はそれから何週間もセブルス・スネイプの顔をまともに見られませんでしたよ」

通常グリフィンドール対スリザリン戦はクィディッチのシーズン開幕戦で行われます。ハリーが3年生の時もこの試合はスリザリン側の「シーカーの怪我が直っていない」という理由で延期され最終戦に回された事がありました。

この時はハリーがスニッチを握ってグリフィンドールが勝ちクィディッチ優勝杯を獲得しました。ところがハリーが入学する前の年度も何らかの理由でこの試合は最終戦に回されたようです。つまりスリザリンにとっては・・・

過去に自分たちが上手く行った作戦だったようですね。この時この作戦はどうやら成功したみたいですね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.