FC2ブログ
1年生の時ハリーはマクゴナガル先生に抜擢されてグリフィンドール・チームに入りました。ところが意外な事にレイブンクロー戦は数々の不幸や巡り合せの悪さなどが重なって「1回」のみの出場という事になっていたのです。その試合はファイアボルトのデビュー戦でもあったのですが・・・(全3項目)

3-1.初めてのレイブンクロー戦
実は今回「初めて」と銘打って取り上げましたが、改めて振り返ってみるとハリーはレイブンクロー戦には3年生時に出場したのが唯一で一度限りだったんですよね。知っての通りハリーは1年生の時マクゴナガル先生に・・・

抜擢されてグリフィンドール・チームに入りました。しかしこの試合が行われた時ハリーは意識不明で医務室のベッドにいました。2年生の時は一連の襲撃事件のお陰でクィディッチはシーズンの途中で打ち切りになって・・・

試合の日程そのものが組まれませんでした。さらに4年生の時は三大魔法学校対抗試合が行われたためクィディッチは1年間お休みという事になったのです。さらに5年生の時にはハリーは初戦の対スリザリン戦終了後に・・・

クィディッチを終身禁止処分になり以降のハッフルパフ戦とレイブンクロー戦に出場する事はできませんでした。さらに6年生の時はスネイプから週末土曜日の罰則を命じられてレイブンクロー戦の欠場を余儀なくされたのです。

「何をすべきか判ってるな。この試合に負ければ我々は優勝戦線から脱落だ。とにかく-とにかく昨日の練習通りに飛んでくれ。そうすりゃいただきだ」

選手がロッカールームから出ようという時にキャプテンのオリバー・ウッドがこう言いました。シーズンの開幕戦で初戦のハッフルパフ戦でグリフィンドールは負けていたからです。選手がピッチに出ると割れるような・・・

拍手が湧き起こりました。レイブンクロー・チームはブルーのユニフォームを着て既にピッチの真ん中に立っていました。シーカーのチョウ・チャンがただ1人の女性でした。ハリーより頭1つ小さくてとても小柄な人でした。

ハリーは緊張していたのにチョウ・チャンがとても可愛い事に気づかないわけにはいきませんでした。キャプテンを先頭に選手がずらりと並んだ時チョウ・チャンがハリーに笑顔を見せました。途端にハリーの胃の付近が・・・

微かに震えました。これは緊張とはまた無関係のものだとハリーは思ったのでした。審判のマダム・フーチがきびきびと指示して両チームのキャプテンが握手をするとホイッスルの合図と共に試合開始という事になったのでした。

この試合はハリーがクリスマスに見知らぬ誰かから貰ったファイアボルトのデビュー戦でもありました。ハリーが地面を蹴るとファイアボルトは他のどの箒よりも速くさらには高く上昇しました。そして試合の結果の方は・・・

やはり箒の性能では圧倒的に優位なファイアボルトがものを言ってハリーがスニッチを握りグリフィンドールが勝利したのでした。

3-2.初めてのホラス・スラグホーンとの対面
後にも先にもこんな事は1回限りの事でした。その人物がいるというバドリー・ババートンという村に到着してからハリーはダンブルドアに「何故この村に自分が連れて来られたのか?」の目的を聞かされる事になったのです。

「さて近年何度これと同じ事を言うたか数え切れぬほどじゃが。またしても先生が1人足りない。ここに来たのはわしの古い同僚を引退生活から引きずり出しホグワーツに戻るよう説得するためじゃ」

ハリーの「僕はどんな役に立つんですか?」の問いに対してダンブルドアは「今に判るじゃろう」という曖昧な返事で答えたのでした。ところがその人物が住んでいるらしい家にハリーとダンブルドアが入って行った所・・・

乱暴狼藉の跡が目に飛び込んで来ました。バラバラになった床置時計が足下に散らばり文字盤は割れ振り子は打ち棄てられた剣のように少し離れた所に横たわっていました。ピアノが横倒しになって鍵盤もまた床の上に・・・

ばら撒かれていました。そのそばには落下したシャンデリアの残骸が光っています。クッションはつぶれて脇の裂け目から羽毛が飛び出していましたしグラスや陶器の欠けらが粉を撒いたようにそこいら中に飛び散っていました。

ハリーが「争いがあったのでは?その人が連れ去られたのではありませんか?」と問うとダンブルドアは「いや、そうではあるまい」と言うのです。ダンブルドアが言うには「まだそのあたりにいる」との事でした。すると?

ダンブルドアは突然さっと身を翻し膨れ過ぎた肘掛椅子のクッションに杖の先を突っ込みました。すると何と椅子が「痛い!」と叫んだのです。ダンブルドアは体を起こしながら「こんばんは。ホラス」と挨拶をしたのでした。

ハリーは驚きのあまり口をあんぐりと開けました。今の今まで肘掛椅子があった所に堂々と太った禿の老人がうずくまって下っ腹をさすりながら涙目で恨みがましくダンブルドアを見上げていたからです。その人物こそが・・・

飛び出した目に堂々たる銀色のセイウチ髯。ライラック色のパジャマ。その上に羽織った栗色のビロードの上着についているピカピカのボタンと髪のないつるつる頭のてっぺんにダンブルドアの杖灯りが反射していたのでした。

背の丈はダンブルドアの顎に届かないぐらいの高さでした。男は引き続き下っ腹をさすりながら立ち上がるとダンブルドアに「何でバレた?」と訊きました。肘掛椅子のフリをしていたのを見破られてしまったというのに・・・

見事なほどに恥じ入る様子がありません。その男こそがダンブルドアの昔の同僚ホラス・スラグホーンだったというわけなんですよね。

3-3.初めての結婚式
最近の記事でも触れているようにハリー自身は「生まれて初めて」と思っていても、実は1才の誕生日にシリウスから貰っていて箒に乗った経験があったり、小学生時代にも「学校の屋根事件」というのを起こしていて・・・

「姿くらまし」をした事があったという例があります。したがって結婚式もまた母親のリリーの腕に抱かれて出席していたのかも?しれません。しかし物心がついてから初めてハリーが出席したのはビルとフラーの結婚式でした。

ヴォルデモートが血眼になって命を狙っている事が判り切っていたのでハリーはポリジュース薬で「隠れ穴」に隣接するオッタリー・セント・キャッチポール村に住む赤毛のマグルの少年に成り済まして結婚式に出席しました。

フレッドが「呼び寄せ呪文」でその少年の髪の毛を盗んでおいたのです。ハリーを変装させて親戚の多いウィーズリー一族に紛れ込ませ「いとこのバーニー」として紹介する事になっていました。ハリーは席次表を持って・・・

ロンにフレッドにジョージと共に招待客を席に案内する役目も担いました。ハリーにとってはルーナ・ラブグッドのお父さんゼノフィリウス氏やミュリエルおばさんなど今まで対面した事のない人と会う貴重な機会になりました。

ハリーはこれまで結婚式に出席した事がなかったので(本当に?)魔法界の祝い事がマグルの場合とどう違うのか?の判断ができませんでした。ただケーキのてっぺんに止まった二羽の作り物の不死鳥がケーキカットの時に・・・

飛び立つとかシャンパンボトルが客の中をふわふわ浮いているという事はマグルの結婚式には絶対にないだろうと思いました。自分の事を息子だと勘違いするほど酔っ払ったロンの親戚の1人から逃げようとしてハリーが・・・

混雑の中を動き回っていたハリーは1人ぽつんと座っている老魔法使いに目を止めました。それは不死鳥の騎士団のメンバーの1人で「日刊予言者新聞」にダンブルドアの追悼文を寄稿したエルファイアス・ドージだったのです。

「ドージさん、僕はハリー・ポッターです」

ハリーにこう言われてドージは大喜びでした。ところがこの後ミュリエルおばさんが2人の会話に割り込んで来て「アルバス・ダンブルドアはスクイブの妹を自宅に閉じ込めていた」などというとんでもない話をして来て・・・

ハリーの気分は「これ以上はない!」というぐらいに奈落の底に沈み込んでしまったというわけなんですよね。

最後に
今にして思えばハリーにとってレイブンクロー戦はチョウ・チャンと巡り会うためだけに存在していたと言えるのかもしれませんね。とにかく3年生の時の試合以外は「何でそこまで?」というぐらいハリーは不運だったのです。

実は今週はロンとハーマイオニーが初めて会った所とかマッド・アイ・ムーディの初登場シーンなど他にも紹介したい場面があったのですが、ロンとハーマイオニーの場面は前半のハリーとロンが初めて会話を交わした・・・

部分が長くなってしまったので割愛させていただきました。次回があるのかどうか?については何とも言えません。多分ないと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1451-735fc389