FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

最終学年の年度ハリーはロンとハーマイオニーと共にヴォルデモートの分霊箱を探す旅に出ました。そんな3人の元にルーピンがやって来て「同行したい」と申し出て来たのです。ルーピンが提示した条件は思わず受け入れたくなる内容でした。ところがルーピンの口からあの知らせを聞いてハリーは・・・(全3項目)

3-1.グリモールド・プレイス12番地にて、その1
最終学年の年度ハリーはヴォルデモートの分霊箱を探し出して破壊するために学校には戻らないと決意しました。そしてロンとハーマイオニーも同行する事になったのです。3人はビルとフラーの結婚式が死喰い人集団に・・・

急襲された事を機にスタートを切りました。脱出した先のトテナム・コート通りで2人の死喰い人と遭遇してしまったので「どこか安全な隠れ場所が必要だ」という事で3人はグリモールド・プレイス12番地に身を寄せたのです。

「私はリーマス・ジョン・ルーピン。狼人間で時にはムーニーと呼ばれる。忍びの地図を製作した4人の1人だ。通常トンクスと呼ばれるニンファドーラと結婚した。君に守護霊の術を教えたが、ハリー、それは牡鹿の形を取る」

ハリーたちが12番地に入ってから4日後ルーピンがその後の経過を説明するためにやって来ました。4人は厨房に入りルーピンが旅行用マントからバタービールを取り出してテーブルを囲みました。ルーピンの説明によれば・・・

結婚式を襲ったのは「死喰い人だったの?それとも魔法省の人たち?」というハーマイオニーの問いにルーピンは両方だが今や実質的に両者はほとんど違いがないと言えると答えたのでした。当初は理路整然とした説明で・・・

淀みなく言葉を発していたルーピンだったのですが自分はハリーの役に立つかもしれない。守ってあげられるかもしれない。ハリーたち3人が何をしようとしているのかをはっきり話す必要はないから自分も同行したいと・・・

申し出て来たあたりから何やら会話も途切れがちになり雰囲気も怪しくなって来たというわけなんですよね。

3-2.グリモールド・プレイス12番地にて、その2
そう言われてハリーは迷いました。受け入れたくなる申し出だったからです。しかしもしルーピンが常に一緒だと「どうしたら3人の任務を秘密にしておけるのか?」考えが浮かびませんでした。するとハーマイオニーが・・・

「でもトンクスはどうなるの?」

「トンクスがどうなるって?」と訊き返すルーピンにハーマイオニーはルーピンはトンクスと結婚している。あなたが私たちと一緒に行ってしまう事をトンクスはどう思うかしらと問いかけたのでした。するとルーピンは・・・

「トンクスは完全に安全だ。実家に帰る事になるだろう」と答えました。そのルーピンの言い方には「何か引っかかるものがある」とハリーは思ったのでした。それはトンクスは騎士団のメンバーだしハリーの知る限りは・・・

戦いの最中にいたがる性分だからです。そんなトンクスが両親の家に隠れて過ごすというのも何か変でした。ハーマイオニーが遠慮がちに「夫婦仲が悪いの?」と訊いても「余計なお世話だ」という意味の言葉が返って来ました。

しばらく間が開きました。気詰まりでばつの悪い沈黙でしたがルーピンが意を決して不快な事を認めるという雰囲気で口を開きました。何と「トンクスは妊娠している」と言うのです。するとハリーたち3人は打ち揃って・・・

ハーマイオニーは歓声を上げて「まあ素敵!」
ロンは心から「いいぞ!」
ハリーは「おめでとう」

ところが当の父親になるルーピンは作り笑いをしたのにそれがしかめっ面に見えるのです。トンクスの妊娠を知った事でハリーの考えはガラリと変わったようです。ジェームズなら間違いなく一緒にいて欲しいと思うと・・・

そう主張するルーピンにハリーは「僕はそうは思わない」と反論したのでした。ハリーは「僕の父はきっとあなたが自分自身の子供と一緒にいないわけを知りたがっただろう」とそう言うのです。それに対してルーピンは・・・

ここでルーピンは本音を吐露したのです。

3-3.何故この場面なのか?
私はこの後ルーピンの口から絞り出されて来る本音というのが「痛いほどよく判る」といった感じなんですよね。もうとにもかくにもルーピンは「いくらどれだけ考えても明るい展望が全く見えて来ない」という事なんですよね。

おそらくルーピンは「こう言えばハリーは私の申し出を受け入れてくれるだろう」と思っていたと私はそう思いますね。任務の内容は話さなくてもいい。ジェームズなら一緒に行って欲しいと言ったに違いないと言えば・・・

まるで厨房の温度が10度も下がってしまったかのようにルーピンの顔から血の気が失せました。再び長い沈黙が流れルーピンはハリーに「君には分っていない」と言いました。するとハリーは「判らせてください」と答えました。

ルーピンはゴクリと生唾を飲んで「私はトンクスと結婚するという重大な過ちを犯した。自分の良識に逆らう結婚だった。それ以来ずっと後悔して来た」とずっと心の奥底にしまい込んであった本音を吐露したというわけです。

私は何という事をしてしまったんだ!トンクスとは結婚すべきではなかった!私はトンクスを世間ののけ者にしてしまったんだ。君は私が騎士団の中にいるかホグワーツでダンブルドアの庇護の下にあった時の姿しか見ていない。

魔法界の大多数の人たちは狼人間という生き物をどんな目で見ているのか?君は知らないんだ。狼人間と知ったら魔法界の人々はほとんど口も利いてくれなくなる。トンクスの家族でさえ私たちの結婚には嫌悪感を持ったんだ。

一人娘を狼人間に嫁がせたい親がどこにいる?そして何よりルーピンが心配し苦悩しているのは生まれて来る我が子の事というわけなんですよね。もし月に一度満月の日に狼に変身する子供が生まれて来たらどうしたらいいんだ。

自分の時にはホグワーツの校長がダンブルドアだった。だから受け入れてもらえた。しかしもうそのダンブルドアもいない。それにもし運良く我が子がそうならなかったとしても父親が狼人間だという理由で断られるのでは?

そんな事になるのならそんな父親はいないほうがいい。我が子が恥に思うような父親はいないほうが百倍もいい。ルーピンは自分の髪を両手で鷲づかみにして発狂せんばかりでした。妻が妊娠をしても喜びなど一切なく・・・

脳裏に浮かぶのは・・・

暗い事ばかりというわけなんですよね。

最後に
ロンとハーマイオニーは「あんまりだわ!」などと言ってルーピンを間抜け呼ばわりしたハリーに対して怒りを隠しませんでした。しかしハリーは「親は子供から離れるべきじゃない」と言って断固とした措置を取ったのです。

後にルーピンはこんなハリーの毅然とした対応に感謝する事になったのです。我が子誕生の吉報を持ってハリーが滞在していたビルとフラーの新居「貝殻の家」に来た時ルーピンは今度はハリーにこんな申し入れをしたのです。

「君が名付け親になってくれるか?」

こうして1週間に渡ってリーマス・ルーピンの名場面をお届けして来ました。正直言って「ここもいい!この場面もやりたい!」と4つに絞るのは大変でした。当然リーマス・ルーピンは私が一番好きな登場人物なので・・・

また違った形で取り上げたいと思っている所です。

コメント

こんにちは

私もリーマスが大好きです

最近ポッターモアでリーマスの情報が解禁されてこの場面の心情の描写が切ないです

2013.08.29  高野  編集

だからこそ最初に

高野さん初めまして!ですよね?コメントありがとうございました!

私も数多くいる登場人物の中でリーマス・ルーピンが一番好きです。だからこそ最初に取り上げました。

> 最近ポッターモアでリーマスの情報が解禁されてこの場面の心情の描写が切ないです

最近あのサイトはご無沙汰なので情報収集のためにまた足を運ばなくてはと思っている所です。(汗)

2013.08.30  トキメキぼーい  編集

ルーピンだったかぁ
いいキャラですよねぇ悪戯仕掛け人の良心

しかし好きなのこいつなんじゃないかなぁ?という予想は外れてしまった・・・
まぁあと3人あるらしいので予想した人物もきっと入ってるはず・・・

ポッターモア、最近僕もルーピンの新情報来たらしい!
というのを聞いて放置してたのを進めましたが
進めてよかったと思ってます
一番ほしいのは日本語版来たらしい!
という情報なんですけどね
日本語版なら放置なんてありえないんですが

2013.08.31  ゆーすけ  編集

意外でしたか?

ゆーすけさんコメントありがとうございました!

予想外でしたか?今週あたりがヒットしているのでは?と思いますけどね。(笑)

今日の記事の最後でも言っていますが私にとってリーマス・ルーピンという人物は共通点が沢山あるので感情移入がしやすいんですよね。

そう云えばポッターモアから足が遠ざかったのは日本語対応が遅れたからだったというのを思い出しました。有難うございました!

2013.09.01  トキメキぼーい  編集

初めまして。

初めてコメントいたします。

このブログの存在は、2008年頃から知っており、当時から2011年頃まで良く見ておりました。
ここ2年ほどハリポタからは遠ざかっていましたが、最近またいろいろ調べるようになっています。
自分なりの考察や疑問もいろいろあるので、このような場所で意見交換してみたくなり、思い切ってコメントしてみようと思います。

私の一番好きなキャラの一人はダンブルドアで、ダンブルドアに関する考察もしたいですが、最近ダンブルドア関係の記事がないようなので、ルーピンなどの記事に疑問や考察を書きたいと思います。

ルーピンも好きなキャラの一人です。障害持ちで、就職にハンデがあるのが、自分と境遇が重なっているように感じ、気の毒に思って感情移入してしまいます。(私は発達に問題があり、コミュニケーションなどが苦手です。就職は無事決まりましたが。)
ルーピンは、ハリポタにたくさんいる不幸な境遇のキャラの代表の一人ですが、彼の場合は自分に非がないことが原因なので、余計かわいそうに感じてしまいます。
私が思う他の不幸キャラでは、シリウスやハグリッドは自身にも問題行動があり、スネイプやダンブルドアは過去に危ない思想にはまっていたことがあり、メローピーは人の気持ちを操作してしまったという、自分にも非があるケースが多いです。(ただし以上5名はいずれも複雑な家庭事情があるなど、考慮すべきこともありますが。)
ルーピンの場合、いわれのないことで自分をコントロールできない状態にされたということで、最近、ダンブルドアの妹アリアナと似ていると思いました。
ダンブルドアがルーピンに入学を許可したのは、学校にも行けずに死んでしまった妹のようになってほしくないという気持ちもあったのかなと思いました。

私も別のサイトでですがポッターモア情報は目にしています。それによると、
・ジェームズ、シリウスはルーピンのユーモアセンスや優しさに惹かれてすぐに友達になれた。
・弱者に優しいルーピンはピーターにも親切にしており、ルーピンの説得がなければ上2名はピーターを仲間にする価値を感じなかったかもしれない。
みたいなことが述べられているので、
ピーターの裏切りを知った際には、ルーピンもシリウスと同じくらい怒りを感じていたかもしれません。
シリウスの死でもハリーと同じくらい悲しんだかもしれません。
シリウスやハリーと違ってあまり感情を表に出しませんが。
ルーピンは、自分を受け入れてくれた人間の恩義は忘れないでしょうから、実はシリウスと同じくらい友情に厚いのかもしれません。

あとは、5巻以降では一切述べられなかった、ルーピンの生活資金確保法や、変身への対策も気になります。
病院のアーサーや癒者の言葉からして、薬でなくても何かの対策は考えていると思います。自分も、可能性のある方法はいくつか思いついています。

長くなり申し訳ありません。では失礼いたします。

2013.09.17  Masa  編集

読み応え十分ですね。

Masaさん初めまして!コメントありがとうございました!

ルーピンが「自分は狼人間である」という現実を受け入れる事ができたのは父親との関係がどうだったのかという事を抜きには考えられないと私は思いますね。

第6巻「謎のプリンス」の第16章でルーピンは父がフェンリール・グレイバッグを怒らせたから自分は噛まれたと言っているからです。つまりルーピン自身にはなくても父親に非があったからルーピンは狼人間になったのです。

ダンブルドアがルーピンを受け入れたのは妹のアリアナの事が念頭にあったからでは?というのは確かにそうかもしれませんね。(笑)

私もルーピンがピーター・ペティグリューの裏切りを知った時はシリウスと同じくらい怒ったと思いますね。あの時「叫びの屋敷」でシリウスから一緒にこいつを殺害するかと言われて「ああそうしよう」と言っていますからね。

私はルーピンは自分を受け入れてくれた人たちの恩義は決して忘れていないとそう思います。ダンブルドアが自分をホグワーツを入れてくれた恩義も忘れていません。

それは第3巻「アズカバンの囚人」の第18章でルーピンは3人の親友を未登録の動物もどきにしてしまった事をダンブルドアに告げるべきかどうか?ずっと迷い続けて来たと言っています。

それは自分をホグワーツに入れてくれたダンブルドアに対する恩義を忘れていなかったからこそルーピンは「この事で結果としてダンブルドアの信頼を裏切る事になってしまった」という強い自責の念があったからなんですよね。

私はルーピンの生活資金は不死鳥の騎士団再結成後はウィーズリー夫妻が相当頻繁に夕食に招待していたしシリウスも助けていたと思います。アーサー氏が口にしていた変身への対策については私も一度考えてみる事にします。

読み応えのあるコメントありがとうございました。

2013.09.18  トキメキぼーい  編集

返信ありがとうございました。

返信ありがとうございました。

ルーピンの父がグレイバックを怒らせた経緯については、人が訳したのを目にした感じですので、今度自分で英文を調べてみようと思います。

ルーピンの生活資金については、援助者はシリウスとウィーズリー夫妻というのはまず挙がりそうな意見ですが、ウィーズリー家も金に余裕がないことと、シリウスは金庫に行けない状況である(代わりに行ってくれる猫もいない)ことから、ダンブルドアが援助していたのかなとか考えていました。

ただ、(ルーピンは出てきませんが)4巻時点の味方が近くにおらず反人狼法で就職できないときと、6巻で人狼コミュニティ潜入中のときはどう資金を確保していたか分からないですね。
7巻では、ダンブルドアもシリウスも死に、産休中のトンクスといても稼ぎ手がいないので、キングズリーあたりが援助していたかな?とか無理矢理考えていました(笑)。
ただ、どちらにしても、「私たちが路頭に迷わせるとでも?」はルーピンが言う台詞ではない気がします(苦笑)。

変身対策については、まず、脱狼薬貰っていたのは3巻時点だけだと思います。
薬を作れるのは薬学教師になれるスネイプやスラグホーンくらいだったと思いますし、材料を手に入れることができるのも薬学教師くらいだったと思います。
5巻ではホグワーツ外とのやり取りが厳しく見張られていましたので、校内で作って届けるのも無理がありそうですし。
私が考えた変身対策は、マグルの浅知恵に過ぎず、周囲の協力者が必要で誰でも思いつきそうなことなのですが、
・まず隔離部屋用意
・黒犬に近くにいてもらう
・失神させておく
・金縛り、凍結、石化の呪文で動かなくする
・保護呪文や盾の呪文の類で周囲を保護する
・縮み系の呪文で小さくして物理的ダメージを少なくする
(さすがに禁じ手の服従呪文は使えないでしょうが)
などを組み合わせて…くらいでしょうか。
特に7巻では、トンクスと一緒に安全に過ごさなければいけなかったことを考えると、何らかの変身対策は講じてると思うのですが。
ただ上に挙げたような策が実際に効果があるのかは何とも言えませんね。

私のような長いコメントも受け入れてくださってありがとうございます。

今は、先ほど挙げたダンブルドア関連の疑問や考察に加え、ポッターモアで情報が出たマクゴナガル先生の過去や、ダーズリー夫妻(特にペチュニアおばさん)についても疑問や考察があるので、古い記事にコメントするかもしれませんが、よろしければお願いします。

では失礼いたしました。

2013.09.18  Masa  編集

当然の事です。

Masaさんコメントありがとうございました!

いただいたコメントに返事をするのはサイトの管理人として当然の事なので別にいちいちお礼を言っていただく必要はありません。

確かにウィーズリー夫妻は裕福とは言い難いので金銭面でルーピンを援助する事は厳しいでしょう。ただ食べ物については魔法でその分量を増やす事は可能なので夫妻は相当頻繁にルーピンを夕食の席に招待していたようです。

ルーピンが「私たちが路頭に迷わせるとでも?」と言ったのは自分だけではなく他の騎士団員も含めての事だと私はそう思います。

変身対策について私が唯一考えられるのは「閉心術」でしょうね。自身の「人を噛みたい」という気持ちを閉ざして封じ込めるという方法で自分をコントロールするというわけです。

私も伝聞で「マクゴナガル先生は過去に結婚した事がある。その人とは死別しており子宝には恵まれなかった」と聞いています。しかしポッターモアは日本語対応が遅れたという事もあってなかなか足が向きません。(苦笑)

2013.09.19  トキメキぼーい  編集

私も、ようやくポッターモアの文章を詳しく読んできました。

友達や恩師への感謝、トンクスへの思いと苦悩などがよく表現されていて、読んでいて切ない気分になりました。

特に最後の一文が救いに感じました。

読んで前よりもルーピンが好きになった気がしました。

リーマスファンなら読んで損はない文章かな?と思いました。

本編で言うなら、7巻34章前半みたいに、悲しみなどの感情を地の文で表現しているという感じでしょうか。

会話文の多い文章より、このような内面をありありと表現した文章の方が切なさがよく伝わる気がします。

私も穏やかな性格なので、リーマスという優しい性格の人物だから感情移入できるのか、それとも他のキャラもこのような書き方をすれば感情移入できるのか、

両方あるのでしょうが、他のキャラについてもこのような構成の文章を読んでみたいと思いました。

例えば、
「冤罪でずっと幽閉されてきたシリウス」
「唯一の理解者のダンブルドアを殺さなければいけなくなったスネイプ」
「妹を死なせたかもしれないと思い続けてきたダンブルドア」

などの内面を描いた文章を読んでも、今回と同じような切ない気持ちになれるか、自分でも知りたいところです。

マクゴナガル先生も、苦難の多い人生でしたが、ルーピンの文章に比べれば内面の描写は少なかったですね。

では失礼いたします。

2013.09.21  Masa  編集

なるべくそうなるように

Masaさんコメントありがとうございました。

確かにルーピンはハリーに守護霊の呪文を教えた時にもピーター・ペティグリューを追って「叫びの屋敷」に来た時にも第7巻「死の秘宝」でグリモールド・プレイス12番地を訪れた時も内面の弱さを見せていましたからね。

ただ性格上の事もあるのでしょうがマクゴナガル先生は内面の弱さを垣間見せる事はあってもそこまででしたね。今週はペチュニア叔母さんを取り上げますが読んだ後はその人に対する気持ちが変わるよう頑張りたいと思います。

2013.09.22  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.