FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーとロンがグロスター州のディーンの森で奇跡の再会を果たした直後にハーマイオニーが突然ルーナのお父さんに会いたいと言い出しました。当初ハリーは反対したのですがそんなハリーにロンは「今はクリスマス休暇中でルーナが家にいるから元気出せ」と言っていたのですが・・・(全3項目)

3-1.マルフォイの館にて、その1
ハーマイオニーのその申し入れはハリーとロンがグロスター州のディーンの森で奇跡の再会を果たした直後に行なわれました。しかしゴドリックの谷で散々な目に遭ったばかりという事でハリーは否定的な見解を示したのでした。

「ゼノフィリウス・ラブグッドに会いに行きたいの」

ハーマイオニーはハリーの目の前にリータ・スキーター著の「アルバス・ダンブルドアの真っ白な人生と真っ赤な嘘」を突き出しました。そこにはダンブルドアがグリンデルバルドに宛てて書いた手紙の写真が載っていたのです。

杖灯りをかざしてよく見るとダンブルドアは名前の頭文字「A」の代わりに「吟遊詩人ビードルの物語」に描かれているのと同じ三角印のミニチュア版を書いていました。ハーマイオニーはこの印が頻繁に出て来ると言うのです。

これはビクトール・クラムがグリンデルバルドの印だと言ったのは判っている。でもゴドリックの谷の古い墓にも間違いなくこの印があった。あの墓石はグリンデルバルドの時代よりずっと前だった。しかし残念な事には・・・

これがどういう意味なのか?ダンブルドアはもう死んでしまっているしグリンデルバルドがまだ生きているのかどうかさえ私は知らない。だからハーマイオニーはビルとフラーの結婚式の時に首にこの印をぶらさげていた・・・

ゼノフィリウス氏に訊くしかないとそう言うのです。それに対してハリーは「もうゴドリックの谷の二の舞はご免だ」と言って反対したのですが「2対1」の多数決という事で結局ゼノフィリウス氏に会いに行く事になりました。

ハーマイオニーの味方をするのは三角印の意味を知りたいからではないという事が判っていたハリーはロンに不満を漏らしました。しかしロンは今はクリスマス休暇中だからルーナが家にいる。だから元気出せとそう言うのです。

ところがルーナは家にいませんでした。ゼノフィリウス氏があの雑誌「ザ・クィブラー」にハリーを養護する記事を多数掲載したためルーナは身柄を拘束され人質に取られてしまったのです。ハリーたちがルーナに会ったのは?

何と!マルフォイの館だったのです。

3-2.マルフォイの館にて、その2
ラブグッド邸を脱出した直後ハリーたちは「ルーナはアズカバンにいるのでは?」と考えました。しかしそうではなくルーナはヴォルデモートが拠点にしていたマルフォイの館の地下牢に杖職人のオリバンダー翁と共にいました。

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫にあるはずの「グリフィンドールの剣」をハリーたちが持っていたため、ベラトリックス・レストレンジは尋問のためにハーマイオニーを残しハリーとロンの2人は地下牢に回されたのです。

「ハリー?ロン?」
「ルーナ?」

地下牢に放り込まれた内の1人がハリーだと判った時ルーナはハリーに「あんただけは捕まって欲しくなかったのに」とルーナにしては珍しくボヤキから入りました。ハリーが縄をほどくのを手伝って欲しいと言った所・・・

「あ、うん、できると思う。何か壊す時のために古い釘が1本あるもン。ちょっと待って」

ルーナはすぐに戻って来て「じっとしていないと駄目よ」と言うと縄の頑丈な繊維に釘を差し込んでハリーとロンたちが縛られている縄をほどきにかかりました。灯消しライターから出た灯りで地下牢が明るくなった後は・・・

作業がずっとやり易くなったようです。ルーナの「ほーら!」という声と共にハリーは縄が落ちるのを感じて手首をさすりながら振り向きました。ロンが低い天井を見上げて撥ね戸はないかと探しながら走り回っていたのでした。

ロンが杖なしのまま「姿くらまし」しようとしているのを見てルーナは「出る事はできないんだもン」と言いました。ルーナが言うには地下牢は完全に逃亡不可能になっているんだそうです。ルーナも最初はやってみたし・・・

オリバンダーさんは長くいるから何もかも試してみたのだそうです。真上の客間からは何度もハーマイオニーの悲鳴が聞こえて来ました。居ても立ってもいられずハリーは首に掛けた17才の誕生日にハグリッドから貰った・・・

巾着の中を掻き回しダンブルドアから遺贈されたスニッチや2つに折れた柊と不死鳥の杖を振ってみたりしました。しかし何事も起こりません。するとシリウスの形見の両面鏡の破片がキラキラと床に落ちました。そして・・・

ダンブルドアのブルーの目が鏡の中からハリーを見つめていました。ハリーは鏡に向かって必死に「助けて!僕たちはマルフォイの館の地下牢にいます。助けて!」と叫びました。すると屋敷しもべ妖精のドビーが現れて・・・

ハリーたち3人もオリバンダー翁もディーン・トーマスも小鬼のグリップフックもそしてルーナもマルフォイの館を脱出して生き永らえる事ができたというわけなんですよね。ルーナの冷静沈着な行動が多くの人を救ったのです。

3-3.何故この場面なのか?
この事は父親のゼノフィリウス氏にしてみれば極めて不幸な出来事でした。がしかしルーナが闇の陣営に身柄を拘束されて人質に取られマルフォイの館の地下牢にいた事は多くの命を救う事に繋がったというわけなんですよね。

そもそもの事の始まりはハーマイオニーがクズ呼ばわりしていた雑誌「ザ・クィブラー」にハリーのインタビュー記事を載せようとした事でした。ハリーに真実を語る機会を作ってあげたい!しかし当時の予言者新聞は・・・

魔法大臣コーネリアス・ファッジの圧力がかかっているのでそんな記事を掲載するなど不可能である。そのためハーマイオニーは忍び難きを忍んでルーナにハリーのインタビュー記事を載せてくれるよう依頼したというわけです。

ハリーのインタビュー記事が載った「ザ・クィブラー」は飛ぶように売れました。この事がきっかけになってゼノフィリウス氏は「しわしわ角スノーカックの記事よりハリーを扱った方が雑誌が売れる」という事を知ったのです。

しかしトンクスの父親テッド・トンクス氏が心配していた通りの事が起きてしまいました。クリスマス休暇にホグワーツ特急で帰る途中でルーナは身柄を拘束され杖職人のオリバンダー翁と共にマルフォイの館の地下牢に・・・

そこにやって来たのがハリーとロンでした。ルーナの冷静沈着な行動のお陰でハリーたちを縛っていた縄は解けハリーは助けを呼ぶ事ができたのでした。ハリーは小鬼のグリップフックに杖職人のオリバンダー翁という・・・

グリンゴッツの金庫破りをするために欠かせないグリップフックと杖の神秘の謎を解くオリバンダー翁を掌中に収める事ができたのです。

今日の最後に
私が思うにレイブンクロー生とその出身者は「頭はいいけどここぞという時に踏ん張れない」という所があるという気がします。ダンブルドア軍団の事をアンブリッジに密告して活動停止にしてしまったマリエッタ・エッジコム。

一人娘を人質に取られて「問題分子ナンバーワン」の大見出しと共にハリーの写真を「ザ・クィブラー」の表紙に載せてしまったゼノフィリウス氏。そういった観点から見るとルーナは「らしくない」と言えるのかもしれません。

だからルーナは寮内で孤立している。浮いた存在になっていたというわけです。でもそこがみんな大好きなんですよね。(笑)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.