FC2ブログ
4年生の時ハリーは心ならずも三大魔法学校対抗試合の代表選手になってしまいました。そして最後の課題当日ハリーはマクゴナガル先生に「代表選手の家族が招待されて来ている」と言われて大いに戸惑う事となりました。ところがハリーの家族として来ていたのはダーズリー一家ではなく・・・(全3項目)

3-1.ハリーの家族として、その1
三大魔法学校対抗試合の代表選手になってからというものハリーは綱渡りの連続でした。まず「第1の課題」の時には前日にマッド・アイ・ムーディからヒントを貰ってファイアボルトを手に入れるために真夜中過ぎまで・・・

「呼び寄せ呪文」の猛練習をしました。さらに「第2の課題」の時は課題当日に屋敷しもべ妖精のドビーに鰓昆布を貰って辛うじてクリアする事ができました。そんなこんなで紆余曲折を経て何とか最後の課題当日になりました。

「ポッター、代表選手は朝食後に大広間の脇の小部屋に集合です」

代表選手は学期末試験を免除されていたのでハリーはこれまで試験の時は教室の一番後ろに座り「第3の課題」のための新しい呪文を探していました。ところが大広間でマクゴナガル先生が近づいて来てハリーにこう言うのです。

競技が始まるのは夜だったため「時間を間違えたのでは?」と不安になりハリーは先生に「競技は今夜です!」と抗議しました。しかし先生が言うには代表選手の家族が招待されて最終課題の観戦に来ている。そのため・・・

その皆さんに挨拶する機会だとそう言うのです。それを聞いてハリーは唖然としました。それというのもハリーには親戚はダーズリー一家しかなく、三大魔法学校対抗試合を観に来てくれるような家族など存在しないからです。

「ハリー来いよ。みんな君を待ってるよ!」

セドリック・ディゴリーにこう呼びかけられてハリーは当惑しながら立ち上がりました。ダーズリー一家が来ているのだろうか?ところが大広間の脇の小部屋でハリーを待ち受けていたのはダーズリー一家ではありませんでした。

ビルとウィーズリーおばさんだったのです。

3-2.ハリーの家族として、その2
ウィーズリーおばさんとビルは暖炉の前でニッコリと笑いかけていました。ハリーも思わずニコニコしながら近づいて行くとおばさんが「びっくりでしょ!」と言いました。おばさんは興奮を隠し切れない様子でこう言いました。

「あなたを見に来たかったのよ、ハリー!」

ビルもまたハリーに笑いかけ「元気かい?」と言いながら手を差し出して来ました。何でもチャーリーも来たがっていたのだそうですが休みが取れなかったんだそうです。ハリーは口ごもりながらおばさんにこう言ったのでした。

「本当にうれしいです。僕一瞬考えちゃった。ダーズリー一家かと」

おばさんは「ンンン」と言うと口をキュッと結びました。おばさんはいつもハリーの前ではダーズリー一家を批判するのは控えていました。しかしその名前を聞くたびに目がピカッと光るのです。それは何故かと云えば・・・

ハリーの知らないダーズリー一家の何かを知っているからというわけです。それからグリフィンドール寮の入口の見張りを務める肖像画の話になりハリーは「太った婦人(レディ)」がおばさんの時代からいる事を聞かされました。

「あの婦人(レディ)は母さんの時代からいるわ。ある晩朝の4時に寮に戻ったらこっぴどく叱られたわ」

ビルが驚いて母親を探るような目で見ながら「朝の4時まで寮の外で何してたの?」と訊くとおばさんは「あなたのお父さんと2人で夜の散歩をしてたのよ」と答えました。その際ウィーズリーおじさんは当時の管理人の・・・

アポリオン・プリングルに捕まって今でもおじさんはお仕置きの痕が残っているそうです。ハリーはビルに「案内してくれるか?」と言われ3人は大広間に出る扉のほうに向かいました。するとエイモス・ディゴリー氏が・・・

「セドリックが同点に追いついたのでそうそういい気にもなっていられないだろう?」

ハリーが「何のこと?」と訊き返すとセドリックが「気にするな」と言いました。それは「日刊予言者新聞」でリータ・スキーターがハリーの事をホグワーツで唯一の代表選手であるかの如く扱っていたのでエイモス氏は・・・

それ以来ずっと腹を立てているのだそうです。するとそこでおばさんがエイモス氏に「リータ・スキーターはゴタゴタを引き起こすためには何でもするのよ。それぐらいの事魔法省に勤めてたら判るでしょう」と言ったのでした。

ディゴリー氏は怒って何か言いたそうな顔をしました。がしかし奥さんがディゴリー氏の腕を押さえるようにしてその場は収まったのでした。

3-3.改めてこの場面のおばさんについて
この後ハリーは陽光が一杯の校庭をビルにウィーズリーおばさんを案内して回りボーバトンの馬車やダームストラングの船を見せたりして楽しく午前中を過ごしました。おばさんは自分が卒業後に植えられた「暴れ柳」に・・・

とても興味を持ちました。さらにはハグリッドの前の森番のオッグの想い出話を長々と話してくれました。それからパーシーが上司のクラウチ氏の事で尋問に呼び出された事。今日の5番目の審査員はパーシーではなくて・・・

魔法大臣のコーネリウス・ファッジが務める事をおばさんはハリーに話してくれました。3人が昼食を取りに城に戻るとロンが驚いて「こんな所でどうしたの?」と訊いて来ました。おばさんは楽しそうにこう答えたのでした。

「ハリーの最後の競技を見に来たのよ。お料理をしなくていいってのはほんとたまにはいいものね」

フレッドにジョージそれにジニーも隣に座ってハリーはまるで「隠れ穴」に戻ったような楽しい気分でした。ウィーズリーおばさんがハリーの家族として学校に来てくれたそのお陰でハリーは夕刻から始まる最後の課題の・・・

プレッシャーを一時忘れる事ができてとってもリラックスする事ができたというわけなんですよね。

今日の最後に
ハリーの家族として学校に招待されたウィーズリーおばさんは昼食前に校庭でハグリッドの前の森番オッグの想い出話を長々と話しています。実はこのオッグという人はビルとフラーの結婚式に呼ばれて出席しているんですよね。

パーティの時にチャーリーとハグリッドは紫の丸い中折れ帽子を被ったずんぐりした魔法使いと「英雄オド」の歌を歌っています。実はこの紫の丸い中折れ帽子を被った魔法使いがオッグさんだと私はそう見ているんですよね。

ビルとフラーは学校に招待されたこの日に出会っています。その日にウィーズリーおばさんが話していたハグリッドの前任者の森番がビルとフラーの結婚式に来ていた。しかし本の中ではこの事は一言も触れられてはいません。

こういうのがローリングさんは好きなんですよね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1477-70952769