FC2ブログ
最終学年の年度ハリーはヴォルデモートの分霊箱を探し出して破壊するため「学校には戻らない」と決心しました。ロンとハーマイオニーも同行する事になりました。それに対して唯一異議を唱えたのがウィーズリーおばさんだったのです。おばさんは3人の出発を何とか遅らせようとしたのですが・・・(全3項目)

3-1.ダンブルドアが遺した任務を巡って、その1
最終学年の年度を迎えるに当たってハリーが決心したのは「今年度は学校に戻らずヴォルデモートの分霊箱を見つけ出して破壊する」というものでした。そしてロンとハーマイオニーもハリーに同行すると言ってくれたのでした。

しかし他の人たちは当然ハリーたちが何故学校に行く事を辞めてしまうのか?その理由を知りません。プリベット通り4番地から「隠れ穴」に移動した最初の朝食の席でロンが台所に母親がいない事を確かめた後こう言いました。

「ママは僕やハーマイオニーから聞き出そうと躍起になってるんだ。僕たちが何をするつもりなのかって。次は君の番だから覚悟しとけよ」

父親のアーサー氏とルーピンにも訊かれたんだそうです。しかしハリーはダンブルドアから自分たち2人以外には話さないようにと言われていると説明したらもう訊いて来なくなったそうです。ところがおばさんの方は・・・

ロンの予想は言われてから数時間も経たない内に的中しました。その日の昼食の少し前ウィーズリーおばさんはハリーに頼み事があると言ってみんなから引き離しました。その表向きの理由はハリーのリュックサックから・・・

出て来たと思われる片方だけの男物の靴下がハリーの物かどうかを確かめて欲しいというものでした。台所の隣にある小さな洗い場にハリーを追い詰めると、即座に最初は何気ない軽い調子でおばさんの追及が始まったのでした。

3-2.ダンブルドアが遺した任務を巡って、その2
靴下の事で呼びつけたはずなのにおばさんはロンとハーマイオニーそれにハリーもホグワーツを退学すると考えているらしいと言って来ました。ハリーが「ええそうです」と答えるとおばさんは返す言葉でこう訊いて来ました。

「ねえ、どうして勉強を辞めてしまうのかしら?」

その問いにハリーが「ダンブルドアが僕にやるべき事を残して」と答えた後さらにロンとハーマイオニーもその事を知っています。それで2人とも一緒に来たいって言ってくれたと説明をするとおばさんはこう訊いて来たのです。

「やるべき事ってどんな事なの?」

まさに「そのものスバリ」の質問でした。ハリーが「ごめんなさい」と謝りつつ言えないと言うとおばさんは「率直に言ってアーサーと私は知る権利がある」とさらにハーマイオニーの両親グレンジャー夫妻もあると言うのです。

ハリーはこの「子を心配する親心」攻撃作戦を恐れていました。ハリーは気合を入れておばさんの目を真っ直ぐ見ました。そのせいで困った事におばさんの褐色の目がジニーと全く同じ色合いだと気づく事になってしまいました。

それでもハリーはおばさんに「他の誰にも知られないようにというのがダンブルドアの願いでした」さらにハリーはロンもハーマイオニーも一緒に来る必要はない。2人が選ぶ事なんですとも言ったのでした。するとおばさんは。

「あなただって行く必要はないわ!」

今や遠回りをかなぐり捨てたおばさんがぴしゃりとこう言いました。おばさんはハリーたちは3人とも成人に達したばかりだ。全くナンセンスだ。ダンブルドアが何かをさせたいのなら騎士団全員が指揮下にいたじゃないの!

ハリーは誤解したに違いない。多分ダンブルドアは「誰かにやり遂げて欲しい事がある」と言っただけなのにハリーは「自分に言われた事」と勝手にそう思い込んでいるだけだ。そう主張するおばさんにハリーはこう言いました。

「誤解なんかしていません。僕でなければならない事なんです」

ハリーは決着の証として当初おばさんが呼びつけた理由にしていた片方の靴下を渡しながら「これは僕のじゃないです」と言ったのでした。おばさんは「あらそうだったわね」と答えました。しかしその口調が突如として・・・

何気ない言い方に変わった事にハリーは違和感を覚えました。そしておばさんはハリーがここにいる間はビルとフラーの結婚式の準備を手伝って貰っても構わないかしら?と言って来ました。まだまだやる事が沢山あるそうです。

ハリーが「もちろん構いません」と答えると・・・

3-3.改めてこの場面のおばさんについて
この時を境にウィーズリーおばさんはハリーたち3人を結婚式の準備で大忙しにしてくれました。あまりに忙しくて何も考える時間がないほどでした。おばさんのこの行動を善意に解釈すればマッド・アイが死んだ事や・・・

先日の移動の恐怖を忘れていられるようにと配慮しての事だろうと考える事ができました。しかし2日間休む間もなく大量の結婚式の準備の手伝いをしていると「おばさんには別の意図があるのでは?」と思えて来たのでした。

おばさんの言いつける仕事の全てがハリーにロンそれにハーマイオニーの3人を別々に引き離しておくためのものに見えました。ハリーが「隠れ穴」に入って最初の晩以来誰もいない所で2人と話す機会は全くありませんでした。

「ママはね3人が一緒になって計画するのを阻止すればあなたたちの出発を遅らせる事ができるだろうって考えているんだわ」

3日目の夜一緒に夕食の食器をテーブルに並べながらジニーが声を潜めてハリーにこう言いました。それに対してハリーは「それじゃおばさんはその後どうなると思っているんだろう?」と言った後さらにこう言ったのでした。

「僕たちをここに足止めしてヴォローヴァン・パイなんか作らせている間に誰かがヴォルデモートの息の根を止めてくれるとでも言うのか?」

深く考えもせずにポロリと心の内を漏らしてしまいハリーはジニーの顔が青ざめるのに気づいたのでした。ジニーは「それじゃ本当なのね?あなたがしようとしている事はそれなのね?」と言いました。それに対してハリーは?

ハリーは「冗談さ」と言ってごまかしました。しかしおばさんの妨害工作は空振り以外の何物でもありませんでした。ハリーたち3人が出発する準備はハーマイオニーが既に済ませていつでもできる態勢が整えられていたのです。

ハリーたちはビルとフラーの結婚式が死喰い人集団に急襲された時に出発しました。3人の計画の実行に合議が必要になるのはウィーズリーおばさんにとっては皮肉な事に「隠れ穴」を離れた後だったというわけなんですよね。

最後に
そんなわけで最近コメントで私の「好きな登場人物は誰ですか?」という問い合わせがあった事をきっかけにして始まり、4週間に渡りリーマス・ルーピンにルーナ・ラブグッドとシリウス・ブラックそして最後に今週は・・・

ウィーズリーおばさんを取り上げました。しかしやってみると「これはシリーズ化できそう」という思いを抱く事となりました。例えば「あの人を待っていたのに出て来なかった」などリクエストがあれば大歓迎ですので・・・

もしあればコメントで知らせてくださいね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1479-a8cea73e