FC2ブログ
私は美しい!試験を受ける時期だってホグワーツの5年生よりボーパトンの6年生のほうがいいに決まっている。自分が卒業した学校の事も含めて自画自賛があまりにも激しいのでフラーはウィーズリーおばさんにもハーマイオニーにもそしてジニーにも嫌われているというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.出会いから婚約まで
さて!ここで改めてビルとフラーの出会いから婚約に至るまでの経緯を説明しておく事にします。2人が出会ったのは三大魔法学校対抗試合の「第3の課題」が行なわれた時でした。ビルがハリーの家族として招待されたのです。

大広間隣の小部屋でハリーがビルにウィーズリーおばさんと話していると、フラーが相当に関心がありそうな目で母親の肩越しにビルをちらちらと見ている事にハリーは気づきました。そして学期最終日フラーはハリーに・・・

出発する直前にフラーはハリーに駆け寄り手を差し出しながら「また会いましょうね」と再会を誓いました。そして「英語が上手になりたいのでここで働けるように望んでいます」とも言ったのです。この時には既にもう・・・

フラーはグリンゴッツで働く自分の姿を思い描いていたんでしょうね。こうしてフラーはビルを追ってグリンゴッツにやって来ました。さらにヴォルデモートが復活し不死鳥の騎士団が再結成された事がフラーにとっては・・・

「災い転じて福」という事になったのです。再結成された騎士団にメンバーの1人として参加したビルは「家に帰って騎士団の仕事ができるように」とそれまでやっていた「呪い破り」の仕事を辞めて事務職を希望しました。

そのためビルがフラーに対して個人教授をする事になりました。まさにフラーにとっては「渡りに舟」でした。当然ダンブルドアもビルとフラーがこうなる事を見越してビルをハリーの家族として呼んだというわけなんですよね。

こうしてビルとフラーは婚約しフラーは「隠れ穴」でハリーとの再会を果たしたのでした。

3-2.しゃべり始めたら止まらない?
ハリーが「隠れ穴」に入ったその日。事前にダンブルドアがハリーに予告していた通りハリーたちのふくろう試験の結果が届きました。その時もフラーは「そのほうがいいと思う」とボーバトンのやり方を自画自賛していました。

ボーバトンでは試験を受けるのは5年生ではなく6年生の時なのだそうです。しかしさらに説明しようとするフラーの言葉は悲鳴に呑み込まれてしまいました。3人の試験の結果を持ったふくろうがその時来てしまったのでした。

そしてハリー16才の誕生日の翌日には学校から毎年恒例の教科書リストを同封した手紙が届きました。その次の週末の土曜日にはウィーズリーおじさんも同行してダイアゴン横丁に行く事になったのですがフラーとビルは・・・

一緒に家に残ると聞いてハーマイオニーとジニーは大喜びでした。そして土曜日の朝になりビルがハリーの金庫から引き出して来たお金を渡すと、フラーはビルの鼻を撫でながらうっとりと優しい声でこう言っていたのでした。

「このいと(人)はいつも思いやりがありまーす」

何でもこのごろは金を下ろそうとすると一般の客は5時間もかかるのだそうです。小鬼がそれだけ警戒措置を厳しくしているんだそうです。そのためビルが気を利かせて事前にハリーのためにお金を下ろしておいてくれたのです。

フラーがビルを賞賛する言葉を聞いてジニーはコーンフレークスの皿に吐く真似をしていました。そのためにハリーは朝食のコーンフレークスに咽てしまいロンがハリーの背中をトントンと叩くハメになってしまったのでした。

夏休みの最終日ハリーは洗濯物の汚れたクィディッチのユニフォームを持って部屋を出ました。ここ何日というものはウィーズリーおばさんが洗濯物や荷造りをぎりぎりまで延ばさないようにとみんなを急かしていたからです。

すると階段の踊り場で洗濯したての服を山ほど抱えて自分の部屋に帰る途中のジニーに出くわしました。ジニーが言うには「今台所に行かないほうがいい」との事でした。そのわけは「ヌラーがべっとりだから」なのだそうです。

ハリーは微笑んでジニーに「滑らないように気をつけるよ」と言って階段を降りて行きました。するとジニーが言っていた通りの光景が繰り広げられていました。台所ではフラーがまさに独演会の真っ最中だったというわけです。

3-3.新学期初日にも
ハリーが台所に入って行くとそこではフラーがテーブルのそばに腰掛けて、ビルとの結婚式の計画を止めどなくしゃべっていました。ウィーズリーおばさんは勝手に皮が剥けるメキャベツの山を不機嫌な顔で監視していました。

フラーはまず自分たちは「花嫁の付き添いを2人だけにしようとほとんど決めた」と言っていました。ジニーとカブリエールを一緒に。とても可愛いと思います。そして2人には淡いゴールドの衣装を着せようと思うと・・・

そしてピンクはジニーの髪の色と合わないとフラーが言っている所でおばさんが「ああハリー!」と大声で呼びかけフラーの一人舞台を遮りました。そして翌日のホグワーツ行きの安全対策の事を説明しておきたかったと・・・

ダイアゴン横丁に買い物に行った時と同様魔法省の車がまた来ます。駅には闇祓いが待っている。ハリーが「トンクスは駅に来ますか?」と訊くと何でもアーサー氏が言うにはトンクスは他の所に配置されているのだそうです。

するとフラーは茶さじの裏に映る自分のハッとするほど美しい姿を確かめながら想いに耽るように「あのトンクスはこの頃全然身なりを構いません。私の考えでは大きな間違いです」と言った後さらに何かを言おうとしました。

ウィーズリーおばさんは「ええそれはどうも」と言ってフラーの言葉を再び遮りハリーに「できれば今晩中にトランクを準備して欲しい。いつもみたいに出かけに慌てる事がないように」と言ったのでした。それはつまり・・・

キングズ・クロス駅にも闇祓いが待機しているし魔法省の迎えの車を待たせるわけにはいかないというわけです。そして次の日の朝になってみるとこれまでより出発の流れはよく魔法省の車が「隠れ穴」に到着した時には・・・

荷造りも済んで全員がそこで魔法省の車を待ち受けていました。そしてそこには主にハリーを見送るためにフラーもいたというわけなんですよね。フラーはお別れのキスをしながらハスキーな声で正真正銘のフランス語で・・・

「オールヴォワ、ハリー」

ロンも「僕にもキスしてくれないかな?」と期待顔で進み出ました。しかしジニーの突き出した足に引っかかって転倒しフラーの足下の地面にぶざまに大の字になってしまいました。ロンはかんかんに怒って真っ赤な顔に・・・

泥をつけたまま「さよなら」も言わずにさっさと車に乗り込んで行ったというわけなんですよね。(笑)

今日の最後に
ヴォルデモートの復活が明らかになってグリンゴッツの小鬼たちは警戒措置を強化しました。そのため一般客がお金を下ろそうとすると5時間もかかってしまうためビルはハリーのお金をあらかじめ下ろしておいてくれたのです。

フラーはこの事を「ビルには思いやりがる」と言いました。私はこの件については確かにフラーの言う通りだとそう思いますね。ただ残念ながらビルとフラーが婚約した事をうれしくないと思っている人たちにとっては・・・

それを言う時の態度や素振りなども気に入らないので反発心を強めるだけという事になってしまったみたいですね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1493-3ff1146a