FC2ブログ
シリウスと話したい!ハリーがジニーにそう打ち明けた事を受けてイースター休暇の最終日にフレッドとジョージが話を持ちかけて来ました。がしかしハーマイオニーが猛反対した事などもあってハリーの気持ちは激しく揺れ動いたのでした。そしていざ実行してみるとシリウスのその反応というのが・・・(全3項目)

3-1.フレッドとジョージが
イースター休暇最後の日の夜にハリーたち3人が談話室で職業紹介の資料を見ている所にフレッドとジョージが現れてハリーに「ジニーが言ってたけどシリウスと話したいんだって?」と言って来ました。そこでハリーは・・・

ハーマイオニーが「えーっ?」と鋭い声を上げる中ハリーは何気ない言い方をしようとしました。そこで「うん、まあ、そうできたらと」と言いました。ハーマイオニーは背筋を伸ばし到底信じられないという目つきで・・・

「バカな事言わないで。アンブリッジが暖炉を探り回っているし、ふくろうは全部ボディチェックされてるのに?」と言うと何とジョージが言うには俺たちならそれも回避できるとの事でした。ちょっと騒ぎを起こせば・・・

さらにジョージはこの休暇中は混乱戦線ではかなりおとなしくしていたと言うのです。アンブリッジが校長に就任したその日に2人は花火を派手に打ち上げましたが、確かにこのイースター休暇中は音無しだったというわけです。

しかし明日からは平常営業だ。そしてせっかくちょいと騒ぎをやらかすのなら、ハリーがシリウスと軽く話ができるようにやってはどうだろう?というわけなんですよね。するとそこでハーマイオニーがこう言って来たのでした。

「騒ぎで気を逸らす事ができたとしてもハリーはどうやってシリウスと話をするの?」

それに対してハリーは・・・

3-2.あそこしかない!
ハーマイオニーのその問いにハリーは静かな口調で「アンブリッジの部屋だ」と答えました。この2週間ハリーはずっと考えていました。がしかしそれ以外の選択肢は思いつきませんでした。それと言うのも実はハリーは・・・

アンブリッジが校長になったその日にハリーはアンブリッジに呼び出されて部屋に行き、他ならぬ本人から自分の部屋の暖炉は見張られていないと言われたのです。気は確かと言うハーマイオニーにハリーは肩をすくめて・・・

「確かだと思うけど」と答えてみせたのでした。さらに当然「アロホモラ」が効かないようにしているだろうからハーマイオニーの「どうやってあの部屋に入り込むの?」という疑問にハリーは既に答えを準備していたのです。

「シリウスのナイフ」

「それ、何?」と訊くハーマイオニーにハリーは一昨年のクリスマスにシリウスがどんな鍵でも開けるナイフをくれたんだと答えたのでした。そしてハーマイオニーに意見を求められたロンもやりたければやればと言って・・・

事実上の賛成という事で全ての生徒が廊下に出ている時が最高に効果が上がるという事で、フレッドとジョージはハリーに最後の授業の直後に東棟のどこかで仕掛けアンブリッジを部屋から引き離す。そして保証できる時間は?

フレッドが「20分はどうだ?」と訊くとジョージは「軽い、軽い」と答えたのでした。ところがその日になってハリーにとっては計画を実行する前の段階でハーマイオニーの猛反対という思ってもみなかった事態が起きたのです。

マクゴナガル先生による進路指導面談もありました。マクゴナガル先生はその場にいたアンブリッジの目の前で「毎晩手ずから教える事になろうともあなたが必要とされる成績を絶対に取れるようにしてみせる」と宣言しました。

後ろ盾になって何時間も経たない内に自分がアンブリッジの部屋に侵入して捕まったりしたら?マクゴナガル先生がどんな反応を見せるか?しかしそんな良識的な行動を取っていいのか?それにもうフレッドとジョージの・・・

陽動作戦は動き出している。ハリーの心は激しく揺れ動いていました。ハーマイオニーもそんなハリーの揺れる気持ちを見抜いているのか?ダンブルドアはあなたが学校に残れるように犠牲になったのよと言って必死に・・・

最後の最後まで説得を続けました。ロンは何も意見を言わず助言もしないと決めているようでした。ハリーのほうを見ようともしませんでした。ただハーマイオニーがハリーを止めようと口を開くと低い声でこう言ったのでした。

「いいからもう辞めろよ。ハリーが自分で決める事だ」

教室から出る時ハリーの心臓は早鐘のようでした。廊下を歩いていると遠くのほうで紛れもなく陽動作戦の音が炸裂するのが聞こえました。アンブリッジが教室から飛び出して来て杖を引っ張り出し反対方向に離れて行きました。

やるなら今だ。今しかない。

そしてハリーは・・・

3-3.意外な反応
ハーマイオニーの制止を振り切り「透明マント」を被りました。アンブリッジの部屋に着くと扉の周囲の隙間にナイフの刃を差し込みそっと上下させて引き出すと小さくカチリと音がして扉がパッと開きました。そして・・・

マントを脱ぐとハリーは急いで暖炉の所に行きました。両手が震えました。やり方は判っているつもりでしたが実際にやるのはこれが初めてでした。飛行粉を掴んで薪の上に落とすと薪からはエメラルド色の炎が上がりました。

「グリモールド・プレイス12番地!」

ハリーは大声ではっきりと言いました。これまで経験した事のない奇妙な感覚でした。膝はアンブリッジの部屋の床に残ったままで頭だけがぐるぐると回ってエメラルド色の炎の中を飛んで行きます。そしてハリーの頭は・・・

回り始めた時と同様に唐突に回転が止まりました。少し気分が悪く首の周りに特別熱いマフラーを巻いているような気持ちになりながら、ハリーが目を開けるとそこは厨房の暖炉の中で木製の長いテーブルに男が腰掛けて・・・

1枚の羊皮紙を読んでいました。ハリーが「シリウス?」と呼びかけるとその男は飛び上がり振り返りました。それはルーピンでした。ルーピンはびっくり仰天して「一体何をどうした?何かあったのか?」と訊いて来ました。

ハリーがシリウスと話したくてと言うとルーピンは「呼んで来る」と言ってまだ困惑した表情で立ち上がりました。まもなくルーピンがシリウスを連れて戻って来ました。ハリーが父さんの事でちょっと話したくてと言うと・・・

2人は驚愕したように顔を見合わせました。しかしハリーは恥ずかしいとかバツが悪いなどと感じている暇はありませんでした。刻一刻とアンブリッジの部屋の床についた膝の痛みがひどくなって行くからです。さらには・・・

陽動作戦が始まって既にもう5分は経過したとハリーは思いました。ジョージが保証したのは20分でした。ハリーは早速スネイプの課外授業の時の「憂いの篩」で見た事の説明をしたのでした。話し終わった後の2人の反応は?

シリウスもルーピンも一瞬黙っていました。それからルーピンが静かに「そこで見た事だけで君の父さんを判断しないで欲しい。まだ15才だったんだ」と言ったのでした。そこでハリーが「僕だって15だ!」と言い返すと・・・

シリウスはハリーをなだめるようにジェームズとスネイプは最初に目を合わせた瞬間からお互いに憎み合っていた。そういう事もあるというのは君にも判るね?ジェームズはスネイプがなりたいと思っている事の全てを備えていた。

ところがスネイプは闇の魔術に首までどっぷり浸かった偏屈な奴だった。当初はジェームズを庇いスネイプを非難していたシリウスだったのですが、ハリーが父さんは特に理由もないのにスネイプを攻撃した。ただ単に・・・

シリウスが「退屈だ」と言ったからなんだとハリーが言うとシリウスは「自慢にはならないな」と少し自戒の念を滲ませた言葉を発したのでした。するとルーピンが横にいるシリウスを見ながらハリーにこう言ったのでした。

「いいかいハリー。君の父さんとシリウスは何をやらせても学校中で一番よくできたという事を理解しておかないといけないよ。みんなが2人は最高にかっこいいと思っていた。2人が時々少しいい気になったとしても」

ルーピンがこう言うのに対してシリウスはルーピンが最後に言った言葉を捉えて「僕たちが時々傲慢で嫌なガキだったとしてもと言いたいんだろう?」と言ったのでした。言われたルーピンはニヤッとしました。ところが・・・

ハリーが困惑したように「父さんはしょっちゅう髪の毛をくしゃくしゃにしてた」と言うとシリウスもルーピンも笑い声を上げるのです。さらにシリウスは「そういう癖があったのを忘れていたよ」と懐かしそうに言うのです。

ルーピンも「ジェームズはスニッチをもてあそんでいたのか?」と興味深げに訊いて来るのです。シリウスとルーピンが顔を見合わせて思い出に耽るようににっこりと笑うのをハリーは理解し難い思いで眺める事になったのです。

そしてハリーが情けなさそうに「父さんの事を大嫌いだったくせに母さんはどうして父さんと結婚したの?」と訊くとシリウスが「いいや。それは違う」と言うのです。その言葉を補足するようにルーピンがこう言ったのでした。

「7年生の時にジェームズとデートし始めたよ」

それにシリウスが「ジェームズの高慢ちきが少し治ってからだ」と付け加えたのでした。そしてルーピンが「面白半分に呪いをかけたりしなくなってからだよ」とも言って再びハリーのお父さんの事をフォローしたのでした。

ところがこの後2人の表情は一転して緊迫の度を深めたのです。全部見られたと知った時のスネイプの反応を訊かれてハリーが閉心術の訓練を止めたと言うとシリウスは「向こうに行ってスネイプと話す」と言い始めたのです。

するとルーピンがシリウスを押し留めて「誰かがスネイプに言うとしたら私しかいない!」と言うのです。そしてハリーに「まず君がスネイプの所に行ってどんな事があっても止めてはいけないと言うんだ」とそう言うのです。

当初ハリーは「そんな事スネイプに言えない」ルーピンもシリウスも「憂いの篩」から出て来た時のスネイプの顔を見ていないからそんな事が言えるんだと訴えたのでした。しかし結局ルーピンの真剣な表情に押されて・・・

ハリーは「スネイプに言ってみる」と約束させられる事になってしまったのでした。この後フィルチがアンブリッジの部屋に駆け込んで来たためハリーにシリウスそれにルーピンの話し合いは打ち切りという事になったのでした。

今日の最後に
今回この場面を改めて読み返して私が気づいたのは「結局シリウスもルーピンもハリーをすっきりと納得させる事はできなかったじゃないか」という事なんですよね。何故ハリーの両親が結婚したのか?の理由についても・・・

シリウスもルーピンも明確な回答をハリーに示す事はできませんでした。結果としてハリーとシリウスにルーピンのこの話し合いが果たした役割はハリーが鬱積していた思いを2人に吐き出す事でガス抜きのような効果を・・・

もたらしただけという事のようですね。(苦笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1508-57f05f97