FC2ブログ
ハリーが説得してホラス・スラグホーンはホグワーツの教壇に復帰する事になりました。しかしアーサー氏はスラグホーンの事があまり好きではなかったそうです。それはスラグホーンとて同じという事のようでした。魔法省はこの人のお気に入りだらけなのだそうです。そんな障害をくぐり抜けて(?)アーサー氏は・・・(全3項目)

3-1.取らぬふくろうの羽根算用
スラグホーンの説得を終えて「隠れ穴」に到着しダンブルドアが「2人で話したい」と言うのでハリーはウィーズリー家の箒小屋にダンブルドアと共に入りました。そこでダンブルドアに個人教授を受けて欲しいと言われ・・・

「君の教育にわしがより大きく関わる時が来た」と言うダンブルドアにハリーが「何を教えてくださるのですか?」と訊くとダンブルドアは気楽そうに「あっちをちょこちょこ、こっちをちょこちょこじゃ」と答えたのでした。

ハリーは期待して待ちましたがダンブルドアが詳しく説明しなかったのでずっと気にしていた別の事を訊ねました。それはダンブルドアの授業を受けるのであればスネイプとの「閉心術」の授業はどうなのかという事だったのです。

するとダンブルドアは「受けない事になる」と答えました。それを聞いてハリーはほっとして「良かった」と言ったのでした。そして「だってあれは-」と言いかけてハリーは本当の気持ちを言わないようにしようとして・・・

言葉を切ったのでした。するとダンブルドアは「ぴったり当てはまる言葉は大しくじりじゃろう」と言って頷いたのでした。ダンブルドアのその言葉を聞いてハリーは思わず笑い出しそしてこうも言ったというわけなんですよね。

「それじゃこれからはスネイプ先生とあまりお会いしない事になりますね」

何故ならスネイプ先生はふくろう試験で「優・O」を取っていないと続けさせてくれない。そして自分はそんな成績は取れていない事は判っているからとハリーは言いました。そんなハリーにダンブルドアはこう言ったのでした。

「取らぬふくろうの羽根算用はせぬ事じゃ」

そして新学期初日にハリーは自分が説得したスラグホーンが「魔法薬学」の教職に復帰し、スネイプは長年の念願が叶って「闇の魔術に対する防衛術」の教職に就く事になりひどく驚かされる事になったというわけなんですよね。

3-2.偽の防衛呪文並びに保護器具の発見並びに没収局
話が終わって箒小屋を出るとハリーとダンブルドアは「隠れ穴」の裏口に近づきました。扉を開けたのはウィーズリーおばさんでした。真夜中だというのにおばさんは1人ではありませんでした。そこにいたのはトンクスでした。

「それじゃあなたがホラス・スラグホーンを説得して引き受けさせたのね?」

トンクスもダンブルドアも早々にいなくなってしまい2人だけになったのでおばさんがハリーにこう訊いて来ました。おばさんもアーサー氏もあの人に教えてもらったんだそうです。おばさんが言うにはスラグホーンは・・・

もちろんあの人はその気になればいい人になる。しかしアーサー氏はスラグホーンがあまり好きではなかった。魔法省はスラグホーンのお気に入りだらけなのだそうです。あの人はいつもそういう手助けが上手なんだそうです。

でもスラグホーンはアーサー氏にはあまり目をかけた事がなかった。出世株だとは思わなかったらしいとの事でした。しかしおばさんは「でもほらスラグホーンにだってそれこそ目違いってものがあるのよ」とそう言うのです。

ロンはもう手紙で知らせたかしら?ごく最近の事なんだけどアーサー氏が昇格したとおばさんは言ったのでした。ウィーズリーおばさんがもう最初からこれを言いたくて堪らなかったというのは火を見るより明らかな事でした。

アーサー氏は「偽の防衛呪文並びに保護器具の発見並びに没収局」の局長になったんだそうです。コーネリウス・ファッジに代わって魔法大臣に就任したルーファス・スクリムジョールが新しい状況に対応をするためにと・・・

新しい局を幾つか設置したのだそうです。おばさんが言うにはとっても大切な仕事でアーサー氏は今では部下が10人もいるんだそうです。ハリーが「それって何を?」と訊くとヴォルデモート卿復活の余波を受けて・・・

ヴォルデモート絡みのパニック状態であちらこちらでおかしな物が売られるようになった。ヴォルデモートや死喰い人から護るはずの色んな物が実際に使ってみると逆効果になってしまう。保護薬と称する物が実を言うと・・・

ブボチューバ腫れ草の膿を少し混ぜた肉汁ソースだったり、防衛呪文のはずなのに実際は両耳が落ちてしまう呪文を教えてくれたりするのだそうです。犯人はマンダンガス・フレッチャーのようなまっとうな仕事をした事がない。

そういう連中がみんなの恐怖につけ込んでした仕業なんだそうです。しかし時々とんでもなく厄介な代物が出て来る事もあるとの事でした。先日アーサー氏は呪いのかかった「かくれん防止器」を一箱没収したのですが・・・

死喰い人が仕掛けた物だという事はほとんど間違いないとおばさんは言うのです。だからおばさんはアーサー氏に言ってやったのだそうです。点火プラグだとかトースターなんかのマグルのガラクタの処理ができないと・・・

寂しがるのは馬鹿げているとおばさんはそう言うのです。その日もアーサー氏は「どこかのバカ者が変化メダルを売り始めた」という事でハリーが食べているその最中に帰って来ました。その「変化メダル」というのは・・・

首にかけるだけで自由に外見を変えられる。十万種類の変身がたったの10ガリオン!しかし実際には相当に気持ちの悪いオレンジ色になるだけ。さらに何人かは体中に触手のようなイボが噴き出して来て聖マンゴの仕事が・・・

まだ足りないと言わんばかりなんだそうです。

3-3.ウィーズリー・ウィザード・ウィーズの各商品
この夏ダンブルドアはハリーをたったの2週間でプリベット通り4番地から連れ出してくれました。そのためハリーは初めて誕生日を「隠れ穴」で迎える事となりました。そしてその翌日には学校から教科書のリストが届きました。

「さあこれが届いたからにはダイアゴン横丁行きをあんまり先延ばしにはできないでしょうね」

夏休みに入ってフレッドとジョージの店に行く事を楽しみにしていたロンはこう言いました。そのためハリーにハーマイオニーを含めたウィーズリー一家一行は8月に入って最初の土曜日にダイアゴン横丁に行く事になりました。

ヴォルデモートの復活が明らかになってハリーには第1級セキュリティの資格が与えられたため一行は魔法省の特別車に乗って「隠れ穴」を離れたのでした。さらにはダンブルドアの計らいで追加の警護員はハグリッドでした。

一行は買い物を早く済ませるためアーサー氏の提案で一旦二手に別れました。ハリーにロンにハーマイオニーの3人がマダムマルキンの店でドラコ・ナルシッサ母子と出くわすというハプニングがあった以外は至極順調でした。

そして一行は最後にフレッドとジョージの店ウィーズリー・ウィザード・ウィーズに行ったというわけです。それはハリーにロンの想像を遥かに絶する衝撃でした。店のウインドウはまるで花火大会のように目を奪うものでした。

偶然通りかかった人も振り返って見るほどでした。何人かは愕然とした顔で立ち止まりその場に釘付けになっていました。見ているだけでハリーは目がチカチカして来ました。ロンとハリーが先頭に立って店に入って行きました。

羽根ペンの箱には「自動インク」に「綴りチェック」や「冴えた解答」などの商品がありました。ハリーたち一行が商品を見て回っていると燃えるような赤毛と見事に反発し合っている赤紫色のローブ姿のフレッドが現れました。

ハリーはフレッドに案内されて店の奥に入りました。そこには手品用のトランプやロープのスタンドがありました。フレッドは指を差しうれしそうに「マグルの手品だ!」と言いました。マグル好きの変人用の商品なんだそうです。

儲けはそれほど大きくないけど珍しさが大受けでかなりの安定商品なのだそうです。そこにジョージが現れて脇のカーテンを引くと表より暗くあまり混んでいない売り場があって商品棚には地味なパッケージが並んでいました。

最近この真面目路線を開発したばかりなんだそうです。魔法省で働いている職員が「盾の呪文」すらできない。そんな人が驚くほど多いのだそうです。そのため「盾の帽子」は魔法省が補助職員用に五百個も注文したそうです。

他にも「インスタント煙幕」はペルーから輸入しているそうです。急いで逃げる時に便利だそうです。さらに「おとり爆弾」は棚に並べた途端足が生えたように売れて行くそうです。これをこっそり落とすと逃げて行って・・・

見えない所で景気よく一発音を出してくれる。注意を逸らす必要がある時にいいんだそうです。さらに店頭の窓際の売り場には思いっ切りピンク色の商品が並べてあり興奮した女の子の群れが興味津々でクスクス笑っていました。

特製「ワンダーウィッチ」の製品でした。どこにもない最高級の惚れ薬なのだそうです。1回で最大24時間。問題のその男子の体重にもよるし女の子の魅力度にもよるんだそうです。しかしもう既にもてもてのジニーには・・・

売らないのだそうです。

今日の最後に
大盛況のウィーズリー・ウィザード・ウィーズなんですがそもそもフレッドとジョージの2人がダイアゴン横丁に店を構える事ができたのはハリーが三大魔法学校対抗対抗試合の優勝賞金を開業資金として提供したからでした。

ところがこの店で売られたワンダーウィッチ製品つまり惚れ薬は「何とかハリーにスラグホーンのクリスマス・パーティに誘って貰いたい」という女子生徒に利用される事になってしまいました。つまりハリーにとっては・・・

この店には役に立つ商品もありました。しかしドラコ・マルフォイも利用するなど功罪相半ばという事になってしまったというわけです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1515-7c7d52dd