FC2ブログ
ドラコ・マルフォイが母親のナルシッサを撒いて1人でウィーズリー・ウィザード・ウィーズの前を通り抜けて行く!ハリーたち3人は「透明マント」を被ると後を追いました。そしてマルフォイに対する疑念を抱えたままハリーは新学期初日を迎える事になったのですが・・・(全3項目)

3-1.ボージン・アンド・バークス
ジニーが「ピグミーパフが欲しいわ」と言ってウィーズリーおばさんがそれを見ようと脇に寄ったその瞬間でした。ハリーたちはドラコ・マルフォイがウィーズリー・ウィザード・ウィーズの前を1人で通り抜けるのを見たのです。

ハリーが眉をひそめて「あいつのお母上はどこへ行ったんだろう?」と訊くとロンが「どうやら撒いたらしいな」と答えました。するとハーマイオニーが「でもどうして?」と訊いて来ました。ハリーはバックパックから・・・

「透明マント」を取り出しました。ウィーズリーおばさんを心配そうに見て躊躇するハーマイオニーをロンが急き立てて3人はマントを被り混み合った店を出ました。何とマルフォイが入って行ったのは「夜の闇横丁」でした。

ハーマイオニーがドラコ・マルフォイを見つけました。マルフォイは「夜の闇横丁」でハリーが唯一来た事のある店「ボージン・アンド・バークス」にいました。ハリーがここに以前に来たのは2年生の夏休みの事だったのです。

最初に「隠れ穴」に滞在した時ハリーは学用品を買うためにダイアゴン横丁に行く際に初めて煙突飛行粉を使いました。ところが何分にも初めてだったので迷子になってしまい偶然入り込んだのがこの店だったというわけです。

さらにハリーは意外と云えば意外なダンブルドアの個人教授でこの店の設立に関与しているカラクタカス・バークという人物がヴォルデモートの母メローピー・リドルから家宝のスリザリンの金のロケットを買い取る際に・・・

たった10ガリオンしか払わなかったという話を聞いて憤慨しているんですよね。さらに驚く事に受けた試験は全てが一番で監督生で首席それに加えて学校に対する特別功労賞という輝かしい経歴の持ち主のトム・リドルが・・・

卒業後に就職した所がこの店だったのです。

3-2.メラメラメガネ
こうしてドラコ・マルフォイに対する疑念を抱えたまま新学期初日を迎えたハリーだったのですが、新聞に「選ばれし者」などと書き立てられてしまったため気づくと羨望の眼差しの女の子に取り囲まれていた所に現れたのは?

「やあ、ハリー」
「こんにちは、ハリー」

背後で聞き覚えのある声がして振り返ると丸顔の男の子と長い髪の女の子がそこにいました。ネビルとルーナでした。ルーナは胸に雑誌を抱き締めています。表紙に大きな文字で「メラメラメガネ」の付録付きと書かれています。

「それじゃザ・クィブラーはまだ売れてるの?」

ハリーがルーナにこう訊くと「発行部数がぐんと上がった」という答えが返って来ました。先学期ハリーの独占インタビュー記事が載ったこの雑誌に何だか親しみを覚えました。ハリーは2人に「席を探そう」と言って・・・

ハリーにネビルそれにルーナの3人は無言で見つめる生徒たちの中を歩き始めました。ようやく空いているコンパートメントを見つけ出して3人はそこに入りました。ネビルが自分とルーナを指してハリーにこう言ったのでした。

「みんな僕たちの事まで見つめてる」

トランクを荷物棚に上げながらハリーは「みんなが君たちを見つめているのは君たちも魔法省にいたからだ」と言ったのでした。あそこつまり魔法省での僕たちのちょっとした冒険が「日刊予言者新聞」に書きまくられていたよ。

君たちも見たはずだと言うハリーにネビルは「あんなに書き立てられてばあちゃんが怒ると思った」ところがネビルにとっては意外な事におばあさんはとっても喜んでいたそうです。そこで新しい杖を買ってくれたんだそうです。

ルーナは「ザ・クィブラー」の真ん中からサイケなメガネを取り外しながらハリーに「今年もまだDAの会合をするの?」と訊いて来ました。ハリーが「もうアンブリッジを追い出したんだから意味ないだろう?」と言うと・・・

「僕DAが好きだった!君から沢山習った!」
「あたしもあの会合が楽しかったよ。友達ができたみたいだった」

ルーナの「友達ができたみたいだった」という言葉を聞いてハリーは哀れみと当惑が入り交じってのたうつような気持ちになりました。ルーナは時々こういう言い方をしてハリーをぎくりとさせます。ところがそんな所に・・・

「私たちのコンパートメントに来ない?この人たちと一緒にいる必要はないわ」

ロミルダ・ベインという女の子が飛び込んで来てネビルとルーナを指差しながら聞こえよがしの囁き声でこう言いました。ハリーが「この人たちは僕の友達だ」と冷たく言うとその女の子は驚いた後扉を閉めて出て行きました。

確かにネビルは座席の下から尻を突き出してトレバーを手探りしていたしルーナは付録の「メラメラメガネ」をかけて多彩色の呆けたふくろうのような顔をしていました。みんなはあんたにもっとかっこいい友達を期待するんだ。

そんなルーナにハリーは「君たちはかっこいいよ」と言ったのでした。あの子たちの誰も魔法省にいなかった。誰も僕と一緒に戦わなかった。ルーナは笑顔を見せて「いいこと言ってくれるわ」と言うと腰を落ち着けて・・・

「ザ・クィブラー」を読み始めたのでした。

3-3.ナメクジ・クラブ
ロンとハーマイオニーが監督生用の車両から移動して来ました。するとロンがドラコ・マルフォイが他のスリザリン生と一緒にコンパートメントに座っているだけで監督生の仕事をしていないと言うのです。それを巡って・・・

ハリーにロンそれにハーマイオニーの3人が話しているとコンパートメントの扉が再び開いて今度は3年生の女の子が息を切らして入って来て紫のリボンで結ばれた羊皮紙の巻紙を2本差し出しました。それは招待状だったのです。

ネビルは自分宛ての招待状に当惑している様子です。ネビルの「スラグホーン教授って誰?」という問いにハリーは「新しい先生だよ」と答えました。行ってみると招待されていたのはハリーとネビルだけではありませんでした。

しかしスラグホーンの熱烈歓迎ぶりから見てハリーが一番待ち望まれていたようです。スラグホーンはハリーとネビルに既に来ている生徒を一通り紹介するとくつろいだ様子で「さてさて楽しい限りですな」と言ったのでした。

スラグホーンと各生徒との会話を聞いてハリーは「思った通りだ」と思いました。ここに招かれた客はジニー以外は全員が「誰か有名人か有力者と繋がりがある」という人たちばかりなのです。当然ハリーを呼んだその理由は?

「僕たち予言を聞いてません」

ネビルが顔を真っ赤にしてこう言いました。ジニーは「そうよ」と言ってネビルをがっちり支持しました。ネビルも私もそこにいたわ。だから「選ばれし者」なんてバカバカしい話は「日刊予言者新聞」のいつものでっち上げよ。

するとスラグホーンは興味津々でネビルとジニーを交互に見ながら「君たち2人もあの場にいたのかね?」と訊いたのでした。しかし次の言葉を促すように微笑むスラグホーンを前にして2人は貝のように口を閉じたのでした。

「日刊予言者新聞」は往々にして記事を大げさにする。スラグホーンは少しがっかりしたような様子で話し続けました。その後は長々しい思い出話に逸れて行きました。それでもまだ自分を無罪放免にしたわけでもなく・・・

ネビルやジニーの話に納得しているわけでもないとハリーははっきりとそう感じ取っていました。それ以降はスラグホーンが教えた著名な魔法使いの逸話でだらだらと時間が過ぎて行きました。スラグホーンが言うには・・・

そうした教え子たちは全員が喜んでホグワーツの「ナメクジ・クラブ」に属したそうです。ハリーはその場を離れたくてしかたありませんでした。がしかし失礼にならずに出る方法の見当がつきませんでした。そのため・・・

スラグホーンに席を立つよう促されるまでハリーはその場に留まる事になってしまったのでした。

今日の最後に
これまでハリーたち3人が飼ったペットたちは初登場直後には大活躍と云うか?出番が多かったですよね。ふくろうのヘドウィグはやはり主人公のハリーが飼っているという事で第1巻「賢者の石」に限らない活躍ぶりでした。

ハーマイオニーの猫のクルックシャンクスも初登場した第3巻「アズカバンの囚人」では大活躍でした。ロンの豆ふくろうのピッグウィジョンも本格初登場した第4巻「炎のゴブレット」でその存在感を大いに示してくれました。

しかしジニーがフレッドとジョージの店ウィーズリー・ウィザード・ウィーズで母親のウィーズリーおばさんに買って貰ったピグミーパフのアーノルドは全く活躍する場面がありませんでした。ちょっと残念な気もしますよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1516-e8fd80f5