FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

三大魔法学校対抗試合の最後の課題が行なわれたその日にハリーとダンブルドアがヴォルデモート卿の復活を声高に主張して来た事をきっかけに魔法大臣コーネリウス・ファッジはホグワーツに対する干渉を露骨に強めて来ました。その事が巡り巡ってハグリッドの身に降りかかって来たのです。そのためハグリッドは・・・(全3項目)

3-1.ハグリッドの頼み、その1
三大魔法学校対抗試合の最後の課題が行なわれたその日にハリーとダンブルドアが共にヴォルデモート卿の復活を声高に主張して来た事は魔法大臣コーネリウス・ファッジにしてみれば困惑以外の何物でもなかったんでしょうね。

2人の信用を失墜させようとファッジは策を講じ始めました。ダンブルドアから数々の要職を剥奪したり「日刊予言者新聞」に圧力をかけハリーは思い込みの激しい目立ちたがり屋で自分の事を悲劇のヒーローだと思っていると。

何とかしてハリーを黙らせたい!ファッジがそう思っている所に吉報が入って来ました。何とハリーがマグルの面前で「守護霊の呪文」を行使したというのです。ハリーを退学にするチャンスが舞い込んで来たという事で・・・

ファッジは法律を変えハリーの懲戒尋問を大法廷に切り替えました。そして自らが裁判長になったのです。さらに当日の朝尋問の開始時間を繰り上げダンブルドアが出廷できないようにしました。ところがダンブルドアは・・・

「幸運にも勘違いしましてな。魔法省に3時間も早く着いてしまったのじゃ。それで仔細なしじゃ」

ハリーの懲戒尋問にダンブルドアが来てしまったのです。ファッジが危惧していた通りの結果になりハリーは無罪放免という事になりました。こうしてファッジはハリーを退学に追い込む最大の機会を逃がしてしまったのでした。

しかしこれで万策尽きたというわけではありませんでした。ダンブルドアが「闇の魔術に対する防衛術」の後任の教師を見つける事ができなかったので、ファッジは新たな教育令を制定してドローレス・アンブリッジを・・・

ホグワーツに送り込む事に成功しました。さらに学期に入ってから「ホグワーツ高等尋問官」という職位を新たに設けアンブリッジをその座に就かせました。この職位にはホグワーツの教師を解雇する権限が与えられたのです。

そしてその候補になったのが・・・

3-2.ハグリッドの頼み、その2
それはクィディッチの最終戦グリフィンドール対レイブンクロー戦が始まった直後の事でした。自分とハーマイオニーを呼ぶ嗄れ声が聞こえて来るのでハリーが横を見るとハグリッドがひどく深刻そうな顔でそこにいたのです。

今すぐ一緒に来て欲しい。みんなが試合を観ている内にとハグリッドは言うのです。ハリーが試合が終わるまで待てないのと言うとハグリッドは今でないと駄目だ。みんなが他に気を取られている内だと繰り返しそう言うのです。

ハグリッドにそこまで言われれば行かないわけにはいきません。階段の所まで来た時ハグリッドは2人に「すまねえな。お2人さん。ありがとよ」と言いました。下の芝生に下りるまでハグリッドは周囲をキョロキョロと・・・

神経質に見回していました。自分とそれにハリーとハーマイオニーが競技場を出て行くのをアンブリッジが気づく事をかなり恐れているようでした。そして何と驚く事にハグリッドは2人を森の奥深くまで連れて行ったのでした。

小屋を通り過ぎ森の一番端の木立の陰に入るとハグリッドは木に立て掛けてあった石弓を取り上げました。ハリーが「どうして武器を持ってるの?」と訊くとハグリッドは「用心のためだ」と答えました。それというのも・・・

「フィレンツェはダンブルドアのために働く事にしたからみんなが怒ったって言ってた」

フィレンツェは群れの半数にやられとった。俺が割って入らんかったら連中はフィレンツェを蹴り殺していただろう。しかしハグリッドがフィレンツェを助けた事で他の生き物たちもハグリッドに腹を立てているんだそうです。

この森ではケンタウルスが一番賢い生き物で大きな影響力を持っているので厄介なのだそうです。そこでハーマイオニーが「それが私たちを連れて来た理由なの?」と訊くとハグリッドは問題を複雑にはするが違うと言うのです。

「つまり俺は近々クビになる可能性が高い」

だけどこれまで持ち堪えたじゃない。どうしてそんな風に思うのと訴えるハーマイオニーにハグリッドはアンブリッジがニフラーを部屋に入れたのは俺だと思っているとその理由を説明したのでした。もちろん絶対に俺じゃねえ。

ただ魔法生物の事になるとアンブリッジは俺と関係があると思うっちゅうわけだ。俺だって出て行くたくはねえ。しかしアンブリッジはここに戻ってからずっと俺を追い出す機会を狙っとろうが。特別な事情がなけりゃ・・・

俺はすぐにでもここを出て行く所だ。それで何もかもお終いというわけじゃない。ここを出たらダンブルドアの手助けができる。騎士団の役に立つ事ができる。俺がいなくなってもお前さんたちにはグラブリー・プランクがいる。

どうしてもという事情がなければお前さんたちにこんな事は話さなかったとハグリッドは言うのです。何しろ俺はお前さんたち2人とその気があればロンの助けが要るとそう言うのです。そこでハリーが即座にこう言うと・・・

「僕たちもちろん助けるよ。何をすればいいの?」

当初ハリーは大きくて滑らかな土塁だと思いました。何かとてつもなく巨大な動物のねぐらに違いないとも思いました。そのためハリーはハーマイオニーが僅かに口を開け恐怖の表情でハグリッドに「誰なの?」と訊くと・・・

ハリーは変な質問だと思いました。ハリーは「何なの?」と訊くつもりでした。話が違う。誰も来たがらなかったって言ったじゃない。いつのまにかハーマイオニーが手にした杖が震えていました。もう一度土塁を見て・・・

ハリーはハッとしました。この巨人が今までハグリッドを傷つけていたのです。だから帰って来るのに2ヵ月もかかったのです。

3-3.改めてこの場面のハグリッドについて
実は巨人を1人連れて帰って森に隠していた。帰って来てからというものハグリッドはこの事をハリーたちにさえ話そうとはしませんでした。それは帰還の翌日の朝ハーマイオニーが再びハグリッドの小屋を訪ねた時から・・・

いざとなったら私がハグリッドの授業計画を作ってあげる。トレローニー先生がアンブリッジに追放されても構わないけどハグリッドはそうさせやしない。ハーマイオニーは固くそう決意したのですがそのハグリッドのほうは?

ハリーとロンは宿題が溜まりに溜まっていたので行けませんでした。そこで昼食間際に戻って来たハーマイオニーにロンが「どうだった?授業の計画をすっかり立ててやったのか?」と訊くとハーマイオニーが言うには・・・

「私が行った時は小屋にいなかったのよ。私少なくとも30分ぐらい戸を叩いたわ。そしたら森からのっしのっしと出て来たの」

驚かせてやりたいとハグリッドは言っていたそうです。グラブリー・プランク先生の計画に従ったほうがいいと口を酸っぱくして言ったのに正直言ってハグリッドはハーマイオニーの言う事を半分も聞いていないとの事でした。

ハグリッドは何だかおかしなムードなのよ。どうしてあんなに傷だらけなのか未だに言おうとしない。ハグリッドの様子がおかしいのは2月14日のバレンタインデーにハリーがホグズミード村の「三本の箒」で会った時も・・・

「おんなじだなぁ。お前と俺は。え?ハリー?」

会話が途切れたと思ったらハグリッドは出し抜けにハリーにこう言って来たのです。ハリーは答えに詰りました。するとハグリッドは前にも言った事があるが2人ともはみ出し者だ。それで2人とも親がいない。2人とも孤児だ。

ちゃんとした家族がいるという事は違うもんだ。俺の父ちゃんはちゃんとしとった。そんでお前さんの父さんも母さんもちゃんとしとった。親が生きていたら人生は違ったものになっていただろう。そう言われてハリーは・・・

「うん。そうだね」と慎重に答えました。この時もハグリッドは何だか不思議な気分に浸っていました。さらにハグリッドは暗い声で「家族だ。なんちゅうても血ってもんは大切だ」とも言っていました。今にして思えば・・・

ハグリッドはグロウプという新しい家族ができた感慨にとっぷりと浸っていたというわけなんですよね。

今日の最後に
俺は近々クビになる可能性が高い。だからこのまま森にグロウピーを1人で残して行くわけにはいかない。そう思ったからこそハグリッドは重い腰を上げてハリーとハーマイオニーにグロウプの事を打ち明ける気になったのです。

それなら何故それまでは頑なに隠し続けていたんでしょう?私は4年前のドラゴンのノーバートの事が脳裏に蘇ったからだとそう思いますね。もしハリーたちに言えば「元の居住地に帰してやるべき」と言われてしまうのでは?

そうなれば俺は今度は家族を失う事になる。そうなる事を恐れてハグリッドはハリーたちにすら打ち明けなかった。私はそう思いますね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.