FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ヴォルデモートがハリーに「死の呪文」を浴びせる瞬間を目の前で見せつけられたその上にハグリッドはヴォルデモートに命じられてハリーの遺体を運ばされる事になってしまいました。悲嘆に暮れるハグリッドだったのですが実はハリーは・・・(全3項目)

3-1.悲嘆に暮れるハグリッド、その1
最終学年の年度ハリーは学校に戻らずヴォルデモートの分霊箱を探し出して破壊する旅に出ると決意しました。そしてその最後の隠し場所が「ホグワーツ」だと判ってホグワーツ入りしたハリーたち3人だったのですが・・・

「必要の部屋」に隠されていたレイブンクローの失われた髪飾りを破壊してヴォルデモートの分霊箱は残す所あと1つという事になりました。ハリーたちはその蛇のナギニを追って「叫びの屋敷」へと向かいました。ところが!

スネイプが命と引き換えにハリーに差し出した「記憶」の中で衝撃の事実が明らかになったのです。ヴォルデモートの分霊箱は実は蛇のナギニの他にもう1つあったのです。ハリーにとっては非情の通告に他なりませんでした。

最後の最後まで必要になる時までハリーは知ってはならない。ヴォルデモート卿が蛇のナギニの命を心配しているような気配を見せる時が来るだろう。ヴォルデモート卿があの蛇を使い自分の命令を実行させる事を辞めて・・・

魔法の保護の下に安全に身近に置いておく時が来る。その時には多分ハリーに話しても大丈夫だろう。ダンブルドアにこう言われてスネイプが「何を話すと?」と訊くとダンブルドアは深く息を吸い目を閉じてこう答えたのです。

ヴォルデモート卿がハリーを殺害しようとしたあの夜。リリーが盾となって自らの命をヴォルデモートの前に投げ出した時「死の呪い」はヴォルデモートに撥ね返り破壊されたヴォルデモートの魂の一部がその建物の中の・・・

唯一残されていた生きた魂つまりハリーに引っかかった。ヴォルデモート卿の一部がハリーの中で生きている。その部分こそがハリーに蛇と話す力を与えヴォルデモートの心との繋がりをもたらしている。その魂の一部が・・・

ハリーに付着して守られている限りヴォルデモートは死ぬ事ができない。ハリーは自分の最後の任務は両手を広げて迎える「死」に向かって静かに歩いて行く事だと悟ったのでした。ハリーは「透明マント」を被ると・・・

校長室を出て「禁じられた森」に向かったのでした。

3-2.悲嘆に暮れるハグリッド、その2
ナルシッサ・マルフォイが真っ赤な嘘をついているとは露知らずヴォルデモートは浮かれていました。死んだふりをしているハリーに「磔の呪い」をかけた後にヴォルデモートがハリーの死体の運び役に指名をしたのが・・・

「貴様が運ぶのだ。貴様の腕の中なら嫌でもよく見えるというものだ。そうではないか?ハグリッド貴様のかわいい友人を拾え。メガネもだ。メガネを掛けさせろ。奴だと判るようにな」

誰かがわざと乱暴にメガネをハリーの顔に戻しました。しかしハリーを持ち上げた巨大な両手は限りなく優しいものでした。ハリーはハグリッドの両腕が激しい啜り泣きで震えているのを感じました。両腕であやすように・・・

抱かれたハリーの上に大粒の涙がぽたぽたと落ちて来ました。こんなハグリッドに「まだ全てが終わったわけではない」と仄めかす事など到底できようはずがありませんでした。ハリーは身動きもせず言葉も発しませんでした。

ヴォルデモートの「行け」の言葉でハグリッドは絡み合った木々を押し分け「禁じられた森」の出口に向かってよろめきながら歩き出しました。周りでは死喰い人が歓声を上げハグリッドは身も世もなく泣きじゃくって・・・

ハリーの首筋が脈を打っているかどうかを確かめる者は誰もいませんでした。勝利の行軍は広々とした校庭を目指して進みました。しばらくすると目を閉じていても暗闇が薄れるのが感じられ木立がまばらになるのが判りました。

「ベイン!」

ハグリッドの突然の大声にハリーは危うく目を開ける所でした。ケンタウルスがハリーの死を確認しに来たようです。ハリーはどのくらいのケンタウルスが来たのか気になりましたが目を開ける危険を冒すのは思い留まりました。

「満足だろうな。臆病者の駄馬どもが。お前たちは戦わんかったんだからな?満足かハリー・ポッターが-死-死んで?」

ハグリッドは言葉が続かず新たな涙に咽ました。群れのそばを通り過ぎる時ケンタウルスに軽蔑の言葉を浴びせる死喰い人もいました。間もなくハリーは新鮮な空気の流れから森の端に辿り着いた事を感じました。すると・・・

「止まれ」

ハグリッドはヴォルデモートの命令に無理やり従わされたようです。ハグリッドが少しよろめいたのを感じてハリーはそう思いました。ヴォルデモートはハリーの死と自身の勝利を高らかに宣言した後再びハグリッドに・・・

「来い」

ヴォルデモートが前に進み出る音とハグリッドがその後に従わされる動きを感じハリーは今度こそ薄目を開けました。するとナギニを肩に載せたヴォルデモートがハリーとハグリッドの前を意気揚々と進んで行くのが見えました。

ロンにハーマイオニーそしてジニーの叫びが引き金になって生存者たちが口々に死喰い人を罵倒する叫び声を上げました。しかしヴォルデモートが「黙れ!」と叫びバーンという音と眩しい閃光と共に全員が沈黙させられました。

「終わったのだ!ハグリッドそいつを俺様の足元に下ろせ。そこがそいつにふさわしい場所だ!」

ハグリッドはハリーを芝生の上に下ろしました。しかしハグリッドが次にそこを見た時ハリーの姿は消えていたのです。ネビルに被せた「組分け帽子」にヴォルデモートが火を点けた事をきっかけに再び戦いの火ぶたが・・・

切って落とされたのでした。

3-3.改めてこの場面のハグリッドについて
このホグワーツの戦いでは巨大蜘蛛のアラゴグの子孫が闇の陣営に加わりハグリッドが「こいつらを傷つけねえでくれ!」と敵に塩を送る結果になってしまいました。しかしそれ以外のハグリッドが育てた魔法生物たちは・・・

遠い校庭の境界からどよめきが聞えて来るのと時を同じくしてグロウプが「ハガー!」と叫びながら城の側面からドスンドスンと現れました。その叫びに応えてヴォルデモート側の巨人が吼え大地を揺るがし戦いが始まりました。

さらに蹄の音が聞こえ弓弦が鳴り死喰い人の上に突然矢が降って来ました。ついさっきハグリッドに臆病者の駄馬呼ばわりされたケンタウルスが戦いに加わって来たのです。不意を衝かれた死喰い人は隊列を乱す事になりました。

巨大な翼を持つ生き物たちがヴォルデモート側の巨人の頭上を襲って飛び回る姿がハリーの目に入って来ました。セストラルたちとヒッポグリフのバックビークが巨人たちの目玉を引っ掻いてグロウプの援護をしていたのでした。

そしてグロウプは相手の巨人をめちゃくちゃに殴りつけていました。この後戦いは大広間に持ち込まれホグワーツに残って戦っていた生徒の家族や友人さらにはホグズミードに店を構える魔法使いたちに加えてさらには・・・

ケンタウルスのベインにロナンそれにマゴリアンが蹄の音も高く大広間に飛び込んで来たその時にハリーの背後の厨房に続く扉が開いてホグワーツの屋敷しもべ妖精たちが大ナイフや肉切り包丁を振りかざして参戦したのでした。

死喰い人は圧倒的な数に押されて総崩れ状態でした。そして最後に残ったベラトリックス・レストレンジをウィーズリーおばさんが倒しハリーがヴォルデモート卿に勝利してホグワーツの戦いは終了したというわけなんですよね。

最後に
ハグリッドという人はハリーにとっては生涯で初めて友人になってくれた人でもあるんですよね。そのためロンとハーマイオニーに次いで出番が極めて多い登場人物という事で名場面を4つに絞り込むのにはかなり苦労しました。

しかもハグリッドの場合は巨人の居住地から帰って来た最初の授業でセドリック・ディゴリーの死を見て見られるようになったハリーのためにセストラルを紹介したりマクゴナガル先生が4本もの失神光線を一度に浴びて・・・

ハリーたち3人が本気で怒るハグリッドを初めて見たりとハグリッドは第5巻「不死鳥の騎士団」に名場面が沢山あるんですよね。ハグリッドとマクゴナガル先生の関係についてはまた別の形でいつか取り上げたいと思います。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.