FC2ブログ
大晦日12月31日が誕生日という事でここ数年は最後を締めくくるのはヴォルデモート卿という事になっています。今年はヴォルデモートのために人生が大きく変わってしまった人たちを「3組」紹介してみる事にしました。ハリーしいては両親のジェームズとリリーの人生を大きく変えてしまったのは?(全3項目)

3-1.ジェームズとリリー・ポッターの場合、その1
そもそもの事の発端はシビル・トレローニーによって成された予言でした。闇の帝王を打ち破る力を持った者が7月の末に生まれる。その子はヴォルデモートに3度抗った両親の許に生まれる。実はそれに該当する赤子が・・・

2人いました。それはハリーとネビル・ロングボトム。2人ともその年の7月末に生まれ両親が「不死鳥の騎士団」に属していた。そしていずれの両親も辛くも「3度」ヴォルデモートの手から逃れていたというわけなんですよね。

ところがその予言を聞いた時ダンブルドアは誰かに盗み聞きされるほど価値のある事を聞こうとは夢にも思いませんでした。そのため面会場所は安さで「ホッグズ・ヘッド」を選んだため盗み聞きされてしまったというわけです。

その予言を盗み聞きしたのは死喰い人のセブルス・スネイプでした。ご主人様の一大事という事でスネイプは早速その予言の事をヴォルデモートに伝えました。そしてヴォルデモートが選び取ったのがハリーのほうだったのです。

それがスネイプにとっては大問題だったのです。ジェームズ・ポッターと結婚しハリーを産んだ後もリリーを愛し続けていたスネイプはヴォルデモートにリリーの命は助けて欲しいと懇願しました。しかしそれだけでなく・・・

スネイプは何と大胆不敵にも敵方のダンブルドアの所に駆け込みリリーを助けて欲しいと言ったのです。そこでダンブルドアはジェームズとリリーにヴォルデモートが2人の命を狙っている事を知らせたというわけなんですよね。

3-2.ジェームズとリリー・ポッターの場合、その2
このようにしてスネイプからヴォルデモートが命を狙っているのはハリーとその両親すなわちジェームズとリリー・ポッターだという情報を聞いたダンブルドアはすぐに2人にこの事を知らせ身を隠すよう勧めたというわけです。

しかし当然ヴォルデモートから身を隠すのは容易な事ではありません。そこでダンブルドアは「忠誠の術」が一番助かる可能性があると2人にそう言ったのです。この「忠誠の術」というのは恐ろしく複雑な術なのだそうです。

1人の生きた人間の中に秘密を魔法で封じ込める。選ばれた人は「秘密の守人」として情報を自分の中に隠す。かくして「秘密の守人」が暴露しない限り情報を見つける事は不可能となる。秘密の守人が口を割らない限り・・・

ヴォルデモートがリリーとジェームズの隠れている村を何年探そうとも2人の家の居間の窓に鼻先を押しつけるほどに近づいても2人を見つける事はできない。そこでリリーとジェームズが「秘密の守人」に指名した人物とは?

それがジェームズの無二の親友のシリウス・ブラックだったのです。ジェームズは「シリウスだったら自分たちの居場所を教えるぐらいなら死を選ぶ」と言うのです。さらにシリウスをも身を隠すつもりだと言ったのだそうです。

ところがそう言われてもダンブルドアはまだ心配をしていた。何とダンブルドア自身がポッター夫妻の「秘密の守人」になると申し出たんだそうです。その理由というのがポッター夫妻の身近に裏切り者がいるからとの事でした。

ダンブルドアには誰かポッター夫妻に極めて近い者が2人の動きをヴォルデモートに通報しているという確信があったのだそうです。味方の誰かが裏切ってヴォルデモートに相当の情報を流していると疑っていたんだそうです。

自分たちの身近に裏切り者がいる?その人物がジェームズとリリーの動きをヴォルデモートに通報している?味方の誰かが裏切ってヴォルデモートに相当の情報を流している?シリウスが疑ったのはリーマス・ルーピンでした。

そこでシリウスはヴォルデモートの裏をかく事にしたのです。シリウスはこれこそ完璧な計画だと思いました。ヴォルデモートはきっと私を追う。まさかあいつがジェームズとリリーの「秘密の守人」などとは夢にも思うまい。

ピーター・ペティグリューがジェームズとリリーの「秘密の守人」だなんてヴォルデモートが気づくはずがない。

ところが・・・

3-3.ジェームズとリリー・ポッターの場合、その3
シリウスは思いました。この私がジェームズとリリーを殺害したも同然だ。最後の最後になってジェームズとリリーに「秘密の守人」をピーターにするように勧めたのはこの私だ。ピーターに代えるように勧めた。私が悪いのだ。

ジェームズとリリーが死んだ夜シリウスはピーターの所に行く手筈になっていました。ピーターが無事かどうか確かめに行く事にしていたのです。ところがシリウスがピーターの隠れ家に行ってみるともぬけの殻だったのです。

しかも争った跡がない。どうもおかしい。そこでシリウスは不吉な予感がしてゴドリックの谷のジェームズとリリーの所へ向かいました。そして家が壊されジェームズとリリーが死んでいるのを見た時シリウスは悟ったのです。

ピーターが何をしたのかを。自分が何をしてしまったのかを。ピーターがスパイだという事を。ピーターが裏切り者だという事を。ヴォルデモートに相当の情報を流しているのがピーターだという事を。何故見抜けなかった?

私は迂闊だった。ピーターはいつも自分の面倒を見てくれる親分にくっついているのが好きだった。かつてはそれが我々だったんだ。私とリーマスそれにジェームズだった。ヴォルデモートにポッター一家を売った時には・・・

さぞかしピーターの惨めな生涯の最高の瞬間だったんだろう。しかしヴォルデモートにとってもジェームズとリリーを殺害し息子のハリーをも殺害しようとした事は大きな誤算を生む事になってしまったのです。その理由とは?

予言を聞いたスネイプがその前半しか聞いておらず後半の「その者を自分に比肩する者として印すであろう。しかし彼は闇の帝王の知らぬ力を持つであろう」という所を聞いていませんでした。そのためヴォルデモートは・・・

ヴォルデモートが放った「死の呪文」はヴォルデモート自身に撥ね返りヴォルデモートは消え去る事になったのでした。そしてハリーは生き残りハリーとその両親ジェームズとリリーもまた有名になったというわけなんですよね。

今日の最後に
当サイトでは折ある毎にダンブルドアには未来を予見する力つまり予知能力があると主張して来ました。ダンブルドアはそもそもハリーの両親ポッター夫妻がヴォルデモートに命を狙われる事になったその理由というのが・・・

シビル・トレローニーによって成された予言だという事をジェームズとリリーにもさらには他の誰にも教えませんでした。それは予言の内容を教えるのはヴォルデモートを打ち破る運命を背負って生まれて来るハリーと・・・

ロンとハーマイオニーの3人だけと最初から決めていたからというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1532-ae3e5d24