FC2ブログ
敵だと思っていたら実は味方だった!世間ではハリーの死を望んでいると言われていたシリウス・ブラックは実際には正反対の理由でアズカバンを脱獄して来たのです。何故かと云えばそれは誰もが死んだと思い込んでいる人物を新聞で見つけたからだったのでした。それは?(全3項目)

3-1.シリウス・ブラックの場合、その1
ホグワーツ魔法魔術学校ではグリフィンドール寮に属し卒業後は結成と同時に「不死鳥の騎士団」のメンバーになる。もちろんヴォルデモートの配下つまり死喰い人になろうなどと思った事は一度もない。ところがそれが・・・

世間では全く正反対の人物と思われていました。ハリーが初めて「夜の騎士(ナイト)バス」に乗った際に車掌のスタン・シャンパイクが説明した所によるとシリウス・ブラックはヴォルデモートの一の子分だったんだそうです。

シリウス・ブラックはヴォルデモートに物凄く近かった。ハリーを襲ってヴォルデモートが凋落した時その手下つまり死喰い人は一網打尽だった。大方の死喰い人はヴォルデモートがいなくなったら自分たちはお終いだと・・・

観念しておとなしく捕まってしまった。だがシリウス・ブラックは違ったのだそうです。スタンが聞いた話ではヴォルデモートが支配するようになればシリウス・ブラックは「自分がナンバー2になれる」と思っていたそうです。

シリウス・ブラックはマグルで混み合っている道のど真ん中で追い詰められてしまった。そして杖を出すと道の半分ほどを吹き飛ばした。巻き添えになったのは魔法使い1人にそこに居合わせた12人のマグルだったんだそうです。

ところがその後シリウス・ブラックは突っ立ったまま高笑いをして魔法省からの応援隊が掛け付けた時にはやけにおとなしくなって引かれて行ったそうです。その後この事件は「ガス爆発事故」として処理されたんだそうです。

シリウス・ブラックについてはアーサー氏も同意見でした。狂っている。ハリーの死を望んでいるんだ。アーサー氏の考えではシリウス・ブラックはハリーを殺害すればヴォルデモートの権力が戻ると思っているのだそうです。

そして魔法大臣コーネリウス・ファッジも・・・

3-2.シリウス・ブラックの場合、その2
ハリーがそれを知ったのは3年生のクリスマス休暇前日の事でした。フレッドとジョージから「忍びの地図」を譲り受けてハリーがホグズミード村の「三本の箒」でロンとハーマイオニーとバタービールを飲んでいると・・・

本来そこにいてはならないハリーはむせ込みました。マクゴナガル先生にフリットウィック先生さらにその後ろにいたのはハグリッドと魔法大臣コーネリウス・ファッジでした。ロンとハーマイオニーはとっさにハリーを・・・

2人はハリーの頭のてっぺんに手を置いてテーブルの下に押し込みました。さらにハーマイオニーは近くにあったクリスマス・ツリーを使って自分たちを隠したのです。ハリーたち3人が話を聞いているとも知らず大臣は・・・

私にはまだ信じられない。どんな人が闇の側に加担しようとシリウス・ブラックだけはそうならないと私は思っていました。考え深げにこう言うマダム・ロスメルタにファッジは「君は話の半分しか知らない」と言ったのでした。

シリウス・ブラックの最悪の仕業はあまり知られていない。あの人がホグワーツの学生だった時の事を憶えていると言うマダム・ロスメルタにファッジは「あの人の一番の親友が誰だったか覚えていますか?」と訊いたのでした。

いつでも一緒で影と形のようだった。ここにはしょっちゅう来ていて「あの2人」には笑わされました。まるで漫才だった。マダム・ロスメルタにそう言わしめたのはシリウス・ブラックとジェームズ・ポッターだったのです。

にも関わらずシリウス・ブラックは二重スパイの役目に疲れてヴォルデモートへの支持をおおっぴらに宣言しようとしていた。何とハリーの両親ポッター夫妻の死に合わせてする計画だったらしい。ところが知っての通り・・・

ヴォルデモートは幼いハリーのために凋落した。力もなくした上にひどく弱体化して逃げ去った。残されたシリウス・ブラックにしてみれば全く嫌な立場に立たされてしまったとファッジは言うのです。自分は裏切り者と・・・

旗幟鮮明にした途端に自分の旗頭のヴォルデモートが倒れてしまった。そのため逃げるしかなかった。そんなシリウス・ブラックを追い詰めたのがポッター夫妻の友人の1人だったピーター・ペティグリューだったんだそうです。

ピーター・ペティグリューは英雄として死んだ。ピーター・ペティグリューは泣きながら「よくもそんな事を!」と言っていたそうです。それから杖を取り出そうとした。しかしもちろんシリウス・ブラックのほうが速かった。

ピーター・ペティグリューは12人のマグルもろとも木っ端微塵に吹き飛ばされた。だけど何のために脱獄したとお考えですの?シリウス・ブラックはヴォルデモートとまた組むつもりでは?と訊くマダム・ロスメルタに・・・

ファッジは言葉を濁しながらそれがシリウス・ブラックの最終的な企てだと言えるだろうと答えたのでした。最後にファッジは我々はほどなくシリウス・ブラックを逮捕するだろう。ヴォルデモートが孤立無援だとすれば・・・

それはそれでよし。しかし最も忠実な家来が戻ったとなるとヴォルデモートがどんなにあっという間に復活してしまうか?考えただけでも身の毛がよだつと言っていたのです。ところが実際には全く違う状況だったんですよね。

3-3.シリウス・ブラックの場合、その3
ヴォルデモートの一の子分でもないし近いなんて事も全くない。もちろんハリーの死なんて望んでいない。それどころかシリウス・ブラックはハリーの身に危険が迫っている事に気づいてアズカバンを脱獄したというわけです。

あいつはホグワーツにいる。あいつはホグワーツにいる。その「あいつ」とはハリーではなくピーター・ペティグリューその人の事でした。世間では12年前に死んだと思われているピーター・ペティグリューの事だったのです。

シリウスがピーターを殺害したと誰もが思った。リーマス・ルーピンもまたそうでした。ところが学期末試験終了後にルーピンがハリーから没収した「忍びの地図」を見ていたらそこにピーターの名前が出て来たというわけです。

そもそもシリウスがアズカバンから脱獄するきっかけを作ったのは魔法大臣コーネリウス・ファッジでした。視察の際ファッジが持っていた「日刊予言者新聞」にロンの肩に乗ったピーター・ペティグリューを見つけたからです。

闇の陣営が再び力を得たとの知らせがちらりとでも入れば行動を起こせる完璧な態勢だ。味方の力に確信が持てたなら途端に襲えるよう準備万端だ。ポッター家最後の1人を引き渡す。ハリーを差し出しさえすれば奴が・・・

ピーター・ペティグリューがヴォルデモート卿を裏切ったなどと誰が言うのか?奴は栄誉をもって再び迎え入れられる。だからこそ私はアズカバンを脱獄しなければならなかった。奴が生きている事を知っているのは私だけだ。

まるで誰かが私の心に火を点けたようだった。しかも吸魂鬼はその思いを砕く事はできない。幸せな気持ちではないからだ。妄執だった。しかしその気持ちが私に力をくれた。心がしっかりと覚めた。そのためシリウスは・・・

吸魂鬼が食べ物を運んで来て独房の扉を開けた時シリウスは犬の姿になって連中の脇をすり抜けたのでした。吸魂鬼にとって動物の感情を感じるのは非常に難しい事なのだそうです。こうしてシリウスは脱獄を果たしたのでした。

今日の最後に
シリウスに処刑寸前のヒッポグリフのバックビークがホグワーツから姿を消したのはどうしてなのか?ハリーたち3人にダンブルドア以外にはホグワーツの中で真相を知る人は誰もいませんでした。学期末が近づいて来て・・・

ハリーはあれこれと沢山の憶測を耳にしました。がしかしどれ1つとして真相に迫る説はありませんでした。私はそれはそもそも「実はピーター・ペティグリューは生きている」という事実が抜け落ちていたからだと思いますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1534-58feaad9