FC2ブログ
ドビーが警告していた事がついに起きてしまったようです。それは10月31日のハロウィンの日の事でした。しかもハリーたち3人はその現場に遭遇する一番乗りになってしまいました。そこでハリーの楽しみを奪うチャンスは逃がさないとばかりにスネイプが・・・(全3項目)

3-1.ロックハートの部屋で
そしてドビーの警告通りに事は起きました。それは10月31日のハロウィンの日の事でした。ハリーたち3人はグリフィンドール塔付きのゴースト「ほとんど首なしニック」の没後500年記念の絶命日パーティに出席していました。

寒いし腹ペコだったので3人は絶命日パーティの会場を出て「デザートが残っているかも」と言いながら大広間に向かいました。ところがそこでハリーが罰則を受けていた時にロックハートの部屋で聞いた声を再び聞いたのです。

ハリーが声をたどって行った先で見つけたのは松明の腕木に尻尾を絡ませてぶら下がっているミセス・ノリスでした。ダンブルドアがマクゴナガル先生にスネイプそれにロックハートを従えて現場に現われました。そして・・・

「校長先生、私の部屋が一番近いです。すぐ上です。どうぞご自由に」

ロックハートがこう申し出て先生方とハリーたちはロックハートの部屋に入りました。私が出来損ないのスクイブだと知っているんだ。だからハリーが犯人だと主張するフィルチに対してスネイプがこう口を挟んで来たのでした。

「校長、一言よろしいですかな」

ハリーは不吉感を募らせました。スネイプは一言も自分に有利な発言はしないだろう。ハリーはそう確信しました。しかしスネイプは我輩はそうは思わないとばかりに口元を微かに歪ませながら冷笑しつつもこう言ったんですよね。

「ポッターもその仲間も単に間が悪くその場に居合わせただけかもしれませんな」

その一方でスネイプは「とは言え一連の疑わしい状況が存在します。だいたい連中は何故三階の廊下にいたのか?何故3人はハロウィンのパーティにいなかったのか?」との疑問を示して来ました。そこでハリーたち3人は・・・

一斉に「絶命日パーティ」の説明を始めました。ゴーストが何百人もいたので私たちがそこにいたと証言してくれる。ところがそこでスネイプはハリーたちに「何故あそこの廊下に行ったのかね?」との疑問をぶつけて来ました。

スネイプのその問いに対して・・・

3-2.スネイプ対マクゴナガル先生
ロンとハーマイオニーはハリーの顔を見ました。見られたハリーの心臓は早鐘のように鳴りました。自分にしか聞えない姿のない声を追ってあそこに行ったと答えたらあまりにも唐突に思われてしまう。そこでハリーは・・・

「僕たち疲れたのでベッドに行きたかったものですから」と答えました。それに対してスネイプはその顔に勝ち誇ったような笑いをちらつかせながら「夕食も食べずにか?」と訊いて来たのでした。それは何故かと云えば・・・

「ゴーストのパーティで生きた人間にふさわしい食べ物が出るとは思えん」と言うのです。ロンは大声で「僕たち空腹ではありませんでした」と言いました。しかしその途端に胃袋がゴロゴロと鳴るのを聞いてスネイプは・・・

ますます底意地の悪い笑みを浮かべて「校長、ポッターが真っ正直に話しているとは言えないですな。全てを正直に話してくれる気になるまで彼の権利を一部取り上げるのがよろしいかと存じます」と進言した後さらに・・・

「我輩としては彼が告白するまでグリフィンドールのクィディッチ・チームから外すのが適当かと思いますが」とも言ったのでした。するとマクゴナガル先生が「そうお思いですか。セブルス」と鋭く切り込んで来たのでした。

マクゴナガル先生は私にはハリーがクィディッチをするのを止める理由が見当たらないと言うのです。この猫つまりミセス・ノリスは箒の柄で頭をぶたれたわけではない。ハリーが悪い事をしたという証拠も何1つないのですよ。

スネイプとマクゴナガル先生のやり取りを聞きながらダンブルドアは探るような目をハリーに向けました。その目はまるでハリーにはレントゲンで映し出されているように感じました。そしてダンブルドアはキッパリ言いました。

「疑わしきは罰せずじゃよ」

スネイプもフィルチもひどく憤慨しているようでした。特にフィルチの怒りは凄まじく「私の猫が石にされたんだ!罰を受けさせなきゃ収まらん!」と言うのです。フィルチの目は飛び出し声は金切り声でした。すると・・・

今度はダンブルドアが・・・

3-3.スネイプ対ロックハート
ハリーたちも今学期最初の「薬草学」の授業で植え換え作業をしたので知っていました。ダンブルドアはフィルチに穏やかに「君の猫は治してあげられる」と言ったのでした。スプラウト先生がマンドレイクを手に入れたのです。

十分に成長したらミセス・ノリスを蘇生させる薬をすぐにも作らせましょう。すると突然ロックハートが口を挟んで来ました。自分がそれを作ると言うのです。マンドレイク回復薬なんて何百回作ったか分らないぐらいですよ。

眠ってたって作れます。そう豪語するロックハートでしたが今度はスネイプが口を挟んで来ました。スネイプが「お伺いしますがね。この学校では我輩が魔法薬の担当教師のはずだが」と言うととても気まずい沈黙が流れました。

その沈黙を破ったのはダンブルドアでした。ダンブルドアはハリーたち3人に「帰ってよろしい」と告げました。ハリーたちは走りこそしませんでしたがその一歩手前の早足で出来る限り急いでその場を去ろうとしたのでした。

ロックハートの部屋の上の階まで来ると3人は誰もいない教室に入りました。ハリーが2人に「あの声の事。みんなに話したほうが良かったと思う?」と訊くとロンが「いや」ときっぱり言いました。それは何故かと云えば・・・

ロンが言うには「誰にも聞えない声が聞こえるのは魔法界でも狂気の始まりだって思われている」のだそうです。ロンの口調がハリーにはちょっと気になりました。ロンはもちろんハリーの言う事を信じてくれるとの事でした。

しかし確かに薄気味悪い。何もかも気味の悪い事だらけだ。壁に書かれた「部屋は開かれたり」ってどういう意味なんだろう?そこでロンが思い出したのがホグワーツの「秘密の部屋」の事だったのです。それに加えて・・・

ハリーが「出来損ないのスクイブって何?」と訊くとロンは嘲笑を噛み殺しながら説明してくれました。スクイブというのは魔法使いの家に生まれたのに魔力を持たない人の事なんだそうです。本当は笑う事じゃないそうです。

ロンはこれで色んな謎が解けたと言うのです。例えばフィルチはどうして生徒たちをあんなに憎んでいるのだろう?それはつまり妬ましいんだ。どこかで午前零時を知らせる時計の鐘が鳴って3人はスネイプが別の理由で・・・

僕たちを嵌めない内にと急いで寮に帰ったのでした。

今日の最後に
スネイプとスリザリン生にしてみれば「この魔法界で一番憎むべきはハリー・ポッター」というわけなんですよね。昨年度はクィディッチの対グリフィンドール戦ではハリーがスニッチを取って苦杯を舐めされられた上に・・・

7年連続で寮杯を取るはずだったのに学期最終日にダンブルドアの駆け込みの点数でグリフィンドールに逆転勝利を許してしまいました。そして2年生の学期初日にはハリーを退学にする最大のチャンスを逃がしてしまいました。

そして10月31日にもミセス・ノリスが襲われる事件が発生し、スネイプは何とかハリーをクィディッチのグリフィンドール・チームのメンバーから外そうと画策しましたが、ダンブルドアの「疑わしきは罰せず」の一言で・・・

それも叶いませんでした。しかしとにかくハリーを退学に追い込もうとしたりクィディッチのメンバーから外そうとしたりハリーを陥れる機会が訪れれば最大限の努力を惜しまない。それがセブルス・スネイプというわけです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1541-7a363f56