FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ミセス・ノリスを襲い出来損ないのスクイブやマグル出身の子をホグワーツから追放したいと思っているのは誰でしょう?ハリーとロンの意見は「ドラコ・マルフォイだ!」で一致しました。ハーマイオニーはポリジュース薬という魔法薬を作ればそれが証明できると言うのです。そこでハリーたちがした事とは?(全3項目)

3-1.材料を手に入れるために
ミセス・ノリスを襲い出来損ないのスクイブやマグル出身の子をホグワーツから追放したいと思っている。そしてスリザリンの継承者と云えばドラコ・マルフォイの事では?当初ハーマイオニーはその説については否定的でした。

あいつの家族も家系も全部スリザリン出身だ。いつもそれを自慢している。あいつならスリザリンの末裔だっておかしくない。あいつらなら何世紀も「秘密の部屋」の鍵を預っていたかもしれない。ハリーとロンの双方が・・・

揃って意見を一致させてもハーマイオニーは「その可能性はあると思うわ」と言うに留まりました。そして「でも、どうやって証明する?」とハリーが問うのに対してハーマイオニーは「方法がない事はない」とそう言うのです。

数週間前にスネイプが話していた。ポリジュース薬という自分以外の誰かに変身する薬を使えばマルフォイに気づかれずに話を聞く事ができるとハーマイオニーは言うのです。その魔法薬の作り方が掲載されているという・・・

「最も強力な薬」は図書室の禁書の棚にあるためハリーたちはロックハートにサインを貰って何とか借りる事ができました。しかし「二角獣の角の粉末」に「毒ツルヘビの皮の千切り」はスネイプの個人用の保管庫から・・・

盗まなくてはならないためハリーとロンは激しく躊躇しました。がしかしハリーもロンも「この魔法薬を作りさえすればマルフォイを尋問する事ができる!」という魅力に抗し切れなかったのです。スリザリン戦の夜には・・・

クィディッチの開幕戦グリフィンドール対スリザリン戦が行われた日の夜にはコリン・クリービーという新たな犠牲者が出てしまった事もあってロンとハーマイオニーはハリーの見舞いを見送ってポリジュース薬の製造に・・・

取り掛かったというわけです。

そして2つの材料を手に入れるために・・・

3-2.騒然とする地下牢教室
ハリーとロンは次に事を起こしたら退校処分になるためスネイプ個人の薬棚に押し入るのは前科のないハーマイオニーがやると自ら申し出ました。ハリーの「膨れ薬」は水っぽすぎましたがその頭はもっと重要な事で一杯でした。

スネイプが立ち止まって薬が薄すぎると嘲ったのもほとんどハリーの耳に入りませんでした。スネイプがハリーに背を向けて立ち去りネビルをいびりに行った所でハーマイオニーがハリーの視線を捉えて合図を送ったのでした。

ハリーは素早く大鍋の陰に身を隠しポケットから「フィリバスターの長々花火」を取り出して杖で火を点けると立ち上がりました。そして狙い定めて花火をポーンと高く放り投げました。花火はゴイルの大鍋に命中したのでした。

ゴイルの薬が爆発し地下牢教室全体に雨のように降り注ぎました。膨れ薬の飛沫がかかった生徒たちは悲鳴を上げました。マルフォイは顔一杯に薬を浴びて鼻が風船のように膨れ始めました。ゴイルもまた右往左往していました。

ゴイルは大皿のように大きくなった目を両手で覆っていました。スネイプは騒ぎを鎮め原因を突き止めようとしていました。その喧騒の最中にハリーはハーマイオニーがこっそりと教室を抜け出して行くのを見届けたのでした。

「静まれ!静まらんか!」

スネイプはこう怒鳴ると「薬を浴びた者はぺしゃんこ薬をやるからここへ来い。誰の仕業か判明した暁には」と言いました。マルフォイは急いで進み出ました。鼻が小さいメロンほどに膨れ重みで頭を垂れているのを見て・・・

ハリーは必死で笑いを堪えていました。半分の生徒がスネイプの机の前にその重い体を運びました。そんな中ハリーはハーマイオニーがするりと地下牢教室に戻って来たのを見ました。ローブの前のほうが盛り上がっていました。

解毒剤を飲んでやっと全員の症状が治まった時。スネイプはゴイルの大鍋の底を浚って黒焦げの縮れた花火の残骸をすくい上げました。生徒たちが静まり返る中スネイプは低い声で脅すようにこう言ったというわけなんですよね。

「これを投げ入れた者が誰か判った暁には我輩が間違いなくそやつを退学にさせてやる」

ハリーは「一体誰なんだろう?」という表情にどうぞ見えますようにと顔を取り繕いました。スネイプはハリーの顔を真っ直ぐ見据えていました。それから十分後に鳴った終業ベルがどんなに有り難い事かとハリーは思いました。

教室を出るとハリーは2人に「スネイプは僕がやったって判ってるよ。バレてるよ」と言いました。しかしハーマイオニーはまるでハリーの言う事が聞えていないようでした。そして早速手に入れた材料を大鍋に放り込み・・・

夢中でかき混ぜた後に「あと2週間で出来上がるわよ」とうれしそうに言ったのでした。その一方ロンはハリーを安心させるように「スネイプは君がやったって証明できやしない。あいつに一体何ができる」と言ったのでした。

3-3.決闘クラブにて
それから1週間後にハリーたち3人が玄関ホールを歩いていると掲示板の前に人が集まっていて貼り出されたばかりの羊皮紙を読んでいました。今夜から大広間で「決闘クラブ」が始まるという事を知らせる張り紙だったのです。

近々役に立つかもしれないという事で3人とも大乗り気でハリーたちは晩の8時には再び大広間に来ていました。食事用の長テーブルは取り払われ一方の壁に沿って金色の舞台が出現していました。一体誰がその舞台に立つのか?

「あいつでなければ誰だっていい」と言っていたハリーが思わず呻き声を漏らしました。その人物つまりギルデロイ・ロックハートその人が舞台の上に姿を現したからです。さらに助手として登場したのがスネイプだったのです。

相討ちで両方やられてしまえばいい。ロンがハリーの耳にそう囁く中スネイプとロックハートは向き合って一礼しました。ロックハートは腕を振り上げくねくねと回しながら体の前に持って来るという大袈裟な一礼をしました。

一方スネイプは不機嫌にぐいと素っ気なく頭を下げただけでした。それから2人とも杖を剣のように突き出して構えました。ロックハートが決闘の作法を説明しながら3つ数えてスネイプが最初の術をかけました。すると・・・

「エクスペリアームス!武器よ去れ!」

2人が揃って杖を肩より高く振り上げスネイプが叫ぶと目も眩むような紅の閃光が走りました。ロックハートは舞台から吹き飛び後ろ向きに宙を飛んで壁に激突し壁伝いにズルズルと落ちて床に無様に大の字になったのでした。

ハーマイオニーは「先生大丈夫かしら?」と心配そうでしたがハリーとロンはそれに「知るもんか」と答えました。ロックハートはふらふらと立ち上がりました。帽子も吹き飛びカールした髪が逆立っているという有り様でした。

よろめきながら壇上に戻ったロックハートがスネイプがかけたのは「武装解除の術」だと説明しました。ロックハートはスネイプが何をしようとしてたのか?あまりにも見え透いていたと言いました。がしかし残念ながら・・・

あの惨状を見れば不意を衝かれたのは火を見るより明らかでした。スネイプは殺気立っていました。ロックハートもそれに気づいたらしく「模範演技はこれで十分!」と言うと舞台から下りて生徒を2人ずつ組ませ始めました。

スネイプは舞台から下りて来ると真っ先にハリーとロンの所にやって来ました。そして薄笑いを浮かべながら「どうやら名コンビもお別れの時が来たようだな」と言って2人を引き離しました。そしてロンにはこう命じたのです。

「ウィーズリー、君はフィネガンと組みたまえ。ポッターは」

ハリーがそれならと思わずハーマイオニーのほうに寄って行くとスネイプは冷笑しながら「そうはいかん」と言ってハリーを無理やり別の生徒と組ませました。そんなスネイプがハリーと組むよう命じたのはよりによって・・・

「マルフォイ君来たまえ。かの有名なポッターを君がどう捌くのか拝見しよう。それに君ミス・グレンジャー。君はミス・ブルストロードと組みたまえ」

マルフォイはニヤニヤしながら気取ってやって来ました。ところがロックハートがかけるのは「武装解除の術」だけと最初に断って始めたのに個々の組が勝手に色んな術をかけてしまったため大広間は大混乱状態に陥って・・・

生徒の中から2人を選んで非友好的な術の防ぎ方を教えたほうがいいという事になりました。ロックハートはネビルにジャスティン・フィンチ・フレッチリーはどうかと言いました。しかしスネイプはその提案に反対しました。

「ロックハート先生それはまずい。ロングボトムは簡単極まりない呪文でさえ惨事を引き起こす。フィンチ・フレッチリーの残骸をマッチ箱に入れて医務室に運び込むのが落ちでしょうな」

スネイプの言葉を聞いてネビルのピンクの顔がますますピンクになりました。そこでスネイプは口元を歪めて笑いながら「マルフォイとポッターはどうかね?」と進言しました。ロックハートが「それは名案!」と言って・・・

ハリーは再びマルフォイと対決する事になりました。マルフォイにはスネイプが着きハリーにはロックハートが着きました。するとスネイプがマルフォイに何事かを囁きました。そしてマルフォイが唱えた呪文というのが・・・

「サーペンソーティア!ヘビよ出よ!」

マルフォイの杖先が炸裂して目の前に現れたのは長くて黒い蛇でした。周りの生徒は悲鳴を上げ後退りしたのでそこだけが広く空きました。スネイプが悠々と「動くなポッター」と言いました。ハリーが身動きが取れずに・・・

怒った蛇と目を見合わせて立ちすくんでいる光景をスネイプが楽しんでいるのがはっきりと判りました。しかしスネイプが仕掛けてドラコ・マルフォイにやらせたこの魔法でハリーが蛇語使いである事が明らかになったのです。

今日の最後に
何故スネイプはゴイルの大鍋に「フィリバスターの長々花火」を放り込んだのがハリーだと判り切っていたのに何も言わなかったのか?スネイプならハリーに対してなら無理やりこじつけてでも罰則に持ち込もうとしますからね。

あの日に限ってどうしてスネイプは何も言わずハリーに罰則も課さなかったのか?この謎については最終巻の第7巻「死の秘宝」でも明らかにはなりませんでしたね。知っているのは原作者のローリングさんだけというわけです。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.