FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

年頭の記事でも予告しているので今週と来週の2週間に渡って第1巻「賢者の石」のダンブルドアを取り上げる事にしました。猫の姿で「あの人」が待ち構える中プリベット通りに現れ出でたダンブルドアがまず最初にした事とは?そして4番地の塀の上に腰掛けると・・・(全3項目)

3-1.プリベット通りに
その男はあまりにも突然それもスーッと現われたので地面から沸いて出たのかと思えるほどでした。ここプリベット通りでこんな人間は絶対に見かけるはずがない。長身で髪や髯の白さから見て相当な年寄りなのは明らかでした。

髪も髯も非常に長くベルトに挟み込んでいます。ゆったりと長いローブの上に地面を引きずるほどの長い紫色のマントをはおり踵の高い留め金飾りのついたブーツを履いています。淡いブルーの眼が半月形のメガネの奥で・・・

キラキラ輝き高い鼻が途中で少なくとも2回は折れたように曲がっています。この人の名前はアルバス・ダンブルドア。

名前もブーツも何から何までプリベット通りらしくない。しかしダンブルドアは全く気にしていないようでした。マントの中をせわしげに何かを探していましたが誰かの視線に気づくと頭をふっと上げ通りの向こうから・・・

こちらの様子を伺っている猫を見つけました。そこに猫がいるのが何故か面白いらしくクスクスと笑うと「やっぱりそうか」と呟きました。そしてやっと探していた物が内ポケットから出て来ました。銀のライターのようでした。

蓋をパチンと開け高くかざしてカチッと鳴らすと・・・

3-2.灯消しライターと猫の目
ダンブルドアから一番近い街灯がポッと小さな音を立てて消えました。ダンブルドアがもう一度カチッと鳴らすと次の街灯が揺らめいて闇の中に消えて行きました。こうして「灯消しライター」を12回カチカチと鳴らすと・・・

12個の街灯が次々に消えて残る灯りは遠くの針の先で突付いたような2つの点だけになりました。猫の目で依然としてダンブルドアのほうを見つめています。たとえ今誰かが窓の外を覗いてみても何が起こっているのか・・・

この暗闇では全く見えなかった事でしょう。ダンブルドアは「灯消しライター」をマントの中にスルリとしまい猫がいるプリベット通り4番地のほうへ歩を進めました。そして塀の上の猫の隣に腰掛けました。一息置くと・・・

「マクゴナガル先生。こんな所で奇遇じゃのう」

ダンブルドアが猫のほうに顔を向けて微笑みかけると猫は既にもう消えていました。その代わりにいかにも厳格そうな女の人が塀の上にいた「あの」猫の周りにあった縞模様とそっくりの四角いメガネをかけて座っていたのです。

ダンブルドアと同様にやはりマントをしかもエメラルド色のマントを着ていました。黒い髪をひっ詰めて小さな髷にしていました。その女の人は「どうして私だとお判りになりましたの?」と言い見破られて動揺をしていました。

するとダンブルドアは「あんなにコチコチな座り方をする猫なんていやしませんぞ」とその理由を説明したのでした。それに対してマクゴナガル先生は「一日中レンガ塀の上に座っていればコチコチにもなります」と言うのです。

するとダンブルドアは「一日中?お祝いしていれば良かったのに。ここに来る途中お祭りやらパーティやら随分沢山見ましたよ」と言ったのでした。しかしマクゴナガル先生は怒ったように「フン」と鼻を鳴らしこう言うのです。

「ええ、確かにみんな浮かれていますね」

マクゴナガル先生は口調に苛立ちを滲ませながら「みんなもう少し慎重にすべき」だと言ったのでした。何しろ決して気づいてはいけない人たちにも「何かがあったらしい」と感づいたようだとマクゴナガル先生は言うのです。

本当に自分の耳に入った通りの事が起きたのか?マクゴナガル先生はそれを確かめるためにここプリベッド通り4番地に来たというわけです。

3-3.マグルたちでさえ
マグルたちでさえ何かあったと感づきました。この耳で聞きましたよ。何しろニュースになりましたから。マグルの連中も全くのお馬鹿さんじゃありませんからね。マクゴナガル先生が言うにはケント州の流星群だなんて・・・

ディーダラス・ディグルの仕業だとそう言うのです。それに加えて夜に活発になるはずのふくろうが夜明けと共に大群で飛んだという事もニュースで報じられていたのです。そんな怒りを募らせているマクゴナガル先生に・・・

「みんなを責めるわけにはいかんでしょう。この11年間お祝い事なぞほとんどなかったのじゃから」

ダンブルドアは優しくこう言ったのでした。しかしそれでもなおマクゴナガル先生は「それは判っています」と言いつつも「だからといって分別を失ってよいわけはありません」と言うのです。みんな何て不注意なんでしょう。

真っ昼間から街に出るなんて。しかもマグルの服に着替えもせずにあんな格好のままで噂話をし合うなんて。ダンブルドアが何かを言ってくれるのを期待するかのようにマクゴナガル先生はチラリと横目で見たのですが・・・

ダンブルドアが何の反応も示さないのでマクゴナガル先生は話を続けたのでした。よりによって「例のあの人」がついに消え失せたちょうどその日に今度はマグルが私たちに気づいてしまったらそれはとんでもない事だと・・・

マクゴナガル先生はそう言うのです。そこでマクゴナガル先生はダンブルドアに「あの人」は本当に消えてしまったんでしょうね?と不安げに訊いたのでした。それに対してダンブルドアはこう答えたというわけなんですよね。

「確かにそうらしいのう。我々は大いに感謝しなければ。レモン・キャンディーはいかがかな?」

今日の最後に
ダンブルドアがプリベット通りに姿を現わした時「ポン」とも「バシッ」という音も立てていませんでした。これは第3巻「アズカバンの囚人」でトレローニー先生が初登場時に口にした「雲隠れ術」だという説があるようです。

それとこのアルバス・ダンブルドアとミネルバ・マクゴナガル先生というホグワーツ魔法魔術学校の校長と副校長の2ショットシーンというのは第1巻「賢者の石」の冒頭章が最初で最後という極めて貴重な場面だったんですよね。

そんなダンブルドアとマクゴナガル先生の話はまだまだ続きます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.