FC2ブログ
ヴォルデモート卿が復活したというのに「日刊予言者新聞」は一体いつになったらその記事を一面大見出しで載せるんだ!そう苛立ちを募らせていたハリーが何と吸魂鬼に襲われたのです。ハリーは魔法省に出頭して懲戒尋問を受ける事になりました。そこでウィーズリーおじさんが付き添ったのですが・・・(全3項目)

3-1.地下鉄で魔法省に、その1
夏休みになってプリベット通り4番地に帰って来たハリーは苛立ちを募らせていました。それというのもヴォルデモート卿が復活したというのに「日刊予言者新聞」の一面にはちっともその記事が大見出しで載らないからです。

ところがそんな事などハリーの頭から吹き飛ぶ一大事が発生したのです。従兄のダドリーとマグノリア・クレセント通りとウィステリア・ウォークを結ぶ路地を歩いていると何と驚くべき事にそこに吸魂鬼が現れ出でたのでした。

4番地に帰宅すると魔法省とアーサー氏そしてシリウスから立て続けにふくろう便が届きました。一度は退学処分を通告され絶望のどん底に突き落とされたハリーだったのですが退学処分は即座に取り消しという事になり・・・

8月12日にロンドンの魔法省に出頭して懲戒尋問を受ける事になりました。その日から4日後の夜には不死鳥の騎士団のメンバーが大挙してプリベット通り4番地を迎えに訪れハリーはロンドンの騎士団の本部に移動したのでした。

当初はシリウスがハリーを精神的に励ましたいので犬の姿で付き添いたいとダンブルドアに願い出ました。がそれは許可されませんでした。尋問前日ハリーが「どうやって行くのかな?」と訊くとウィーズリーおばさんが・・・

「アーサーが仕事に行く時連れて行くわ」

おばさんは優しくこう言いました。ウィーズリーおじさんがテーブルの向こうから励ますように微笑んで「尋問の時間まで私の部屋で待つといい」と言ったのでした。こうしてハリーはウィーズリーおじさんが付き添って・・・

懲戒尋問に出頭するため生まれて初めて魔法省に足を運ぶ事になったというわけなんですよね。

3-2.地下鉄で魔法省に、その2
その日の朝ハリーは5時半に目が覚めました。暫くの間はじっとしていたものの懲戒尋問の事が頭の隅々まで埋め尽くし耐えられなくなったのでハリーはベッドから飛び出しメガネを掛けて着替えると厨房に降りて行きました。

まだ早いので誰もいないだろうと思っていたら扉の手前まで来ると中から低い話し声が聞こえて来ました。扉を開けるとウィーズリー夫妻にシリウスにルーピンそれにトンクスの5人がハリーを待ち受けていたかのように・・・

そこに座っていました。ウィーズリーおじさんは今日は魔法使いのローブではなく細縞のズボンに袖口と腰の締まった古いボマージャケットを着ていました。おじさんは話していたトンクスからハリーのほうに向き直ると・・・

「気分はどうかね?」と言って来ました。ハリーが肩をすくめるとおじさんは元気付けるように「すぐ終わるよ。数時間後には無罪放免だ」と言ったのでした。そしておじさんは時間をチェックするとハリーのほうを見て・・・

「そろそろ出かけよう。少し早いがここでぐずぐすしているより魔法省に行っていたほうがいいだろう」

トンクスにルーピンそれにシリウスとおばさんの激励を受けながらハリーはウィーズリーおじさんに従いて階段を上がって行きました。おじさんが玄関の閂を外して2人は外に出ました。足早に広場を歩きながらハリーが・・・

「いつもは歩いて行くんじゃないでしょう?」

ハリーがこう訊くとおじさんは「いつもは姿現わしで行く」と答えました。しかし当然ハリーはまだ「姿現わし」ができませんし完全に魔法を使わないやり方で魔法省に到着するのが一番いいとの事でした。それに加えて・・・

ハリーの懲戒処分の理由を考えればそのほうが印象がいいのだそうです。荒れ果てた通りにはほとんど人影もありませんでした。がしかしみすぼらしい小さな地下鉄の駅に辿り着くとそこは既に早朝の通勤客で一杯の状態でした。

そしていよいよウィーズリーおじさんにとってはまさに待望の生まれて初めて地下鉄に乗って魔法省に通勤するという事になったというわけです。マグルの日常の生活を身近に感じておじさんは興奮を抑え切れない様子でした。

おじさんは自動券売機を指差し「全く素晴らしい。驚くべき思いつきだ」と囁きました。しかし残念ながら故障しています。しかしそれでもおじさんは機械に向かって愛しげに笑顔を見せました。券売機が壊れていたので・・・

2人は眠そうな顔の駅員から切符を買いました。おじさんはマグルの金には疎いのでハリーが2人分の切符を買いました。そして5分後おじさんとハリーは地下鉄に乗りロンドンの中心部に向かってガタゴトと揺れていたのでした。

「あと4駅だ、ハリー・・・これであと3つになった・・・あと2つだ、ハリー」

ウィーズリーおじさんは窓の上に貼ってある地下鉄の地図を心配そうに何度も確かめていました。そして2人はロンドンの中心部の駅でブリーフケースを抱えたスーツ姿の男女の波に流されるようにして電車を降りたのでした。

これも待望だったんじゃないでしょうか?エスカレーターを上り改札口を通る時もおじさんは自動改札機に切符が吸い込まれて行くのを見て大喜びでした。駅を出ると広い通りには堂々たるビルが立ち並び車で混雑していました。

こうしてウィーズリーおじさんは束の間でしたが地下鉄通勤を大いに楽しんだというわけなんですよね。

3-3.改めてこの場面のアーサー・ウィーズリー氏について
ウィーズリーおじさんにしてみれば「ハリーに付き添って初めて地下鉄で魔法省に出勤する」と決まり下準備を始めた時から「手放しでは喜べない」と思いつつも楽しくってしかたがなかったんじゃないかと私はそう思いますね。

おじさんなら地下鉄の路線図を見て「騎士団本部から一番近い駅はここで魔法省の最寄の駅はここだから」と調べる作業もさぞかし楽しかったんじゃないかと私はそう思います。それはそれは楽しいひと時だったんでしょうね。

普段は「姿現わし」で魔法省に出勤するというおじさんなんですがハリーが「いつもは歩いて行くんじゃないんでしょう?」と訊いてそう答えている時おじさんとハリーは広場を足早に歩いています。これは私が思うには・・・

ウィーズリーおじさんは事前に騎士団本部から一番近いその地下鉄の駅まで実際に歩いて道を確認していると私はそう思いますね。つまり「尋問当日に道に迷わないように」と考えて下見をちゃんとしていたというわけです。

しかし「最寄の駅から魔法省には一体どう歩いて行けばいいのか?」その道の確認はしていませんでした。そのためロンドンの中心部の駅を降りた時にはおじさんは「ここはどこかな?」とポカンとして言ってしまっていますね。

あんなにひっきりなしに地図を見ていたのに?降りる駅を間違えたのだろうか?ハリーは一瞬心臓が止まるかと思ったほどでした。しかし次の瞬間おじさんは行くべき道が判ったようでハリーに「こっちだ」と言ったのでした。

おじさんは「すまん」と謝ってハリーに「なにせ電車で来た事がないのでマグルの視点から見ると何もかも違って見えたのでね」とその理由を説明したのでした。そして2人はようやく外来者用の入口に到着したというわけです。

今日の最後に
ハリーは「懲戒尋問で不利な判決が出たらどうしよう?」と思い悩みプレッシャーを感じていました。しかし誰もが異句同音に繰り返し「未成年魔法使いでも命を脅かされる状況では魔法を使う事が許される」と言って・・・

ウィーズリーおじさんも「すぐ終わるよ。数時間後には無罪放免だ」とハリーに言い切りました。しかしそれは他の人たちもそうだったのですが実際には一抹の不安を抱いていたようです。そのため裁判が終わった時には・・・

「ハリーそりゃ良かった!まあもちろん君を有罪にできるはずはないんだ。証拠の上では。しかしそれでも正直言うと私はやっぱり」

ハリーから「無罪放免!」と聞いた時おじさんはこう言っているんですよね。ハーマイオニーも心配で卒倒しそうなぐらいでした。ウィーズリーおばさんもまたエプロンで顔を拭っていました。表向きは平静を装いつつも・・・

みんな相当に心配をしていたというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1570-0b7b71e2