FC2ブログ
ヴォルデモートの分霊箱「ヘルガ・ハッフルパフの金のカップ」がグリンゴッツのレストレンジ家の金庫に隠されている事が判ったため、ハリーたちはどうしてもグリンゴッツの金庫破りをする必要に迫られました。そのためグリップフックが引き続き「貝殻の家」に滞在する事になったのですが・・・(全3項目)

3-1.グリップフックの存在
当サイトでは折ある毎に「ハリーは極めて優秀な開心術士である」と指摘しています。何故グリフィンドールの剣を見てベラトリックス・レストレンジは血相を変えてハーマイオニーを拷問して問い詰めるまでに至ったのか?

ハリーは開心術に長けているのでグリンゴッツのレストレンジ家の金庫にヴォルデモートの分霊箱「ヘルガ・ハッフルパフの金のカップ」が預けてある事もベラトリックスがそれを知られるのを恐れるあまり激昂した事も・・・

開心術で見抜いたというわけなんですよね。ヴォルデモートの分霊箱を手に入れるためにはグリンゴッツの金庫破りをしなければならない。そのためにはどうしてもグリップフックが必要になる。ところがそれがために・・・

グリップフックを含めた4人で長い時間を過ごせば過ごすほど「実はグリップフックはとても嫌な奴だった」という事が判って来たのです。ロンとハーマイオニーもまた嫌悪感を持っていました。しかしその話はしませんでした。

それはやはり2人ともグリンゴッツの金庫を破るためにはグリップフックが必要不可欠だという事を判っていたからです。そして当然の如くフラーもまた同様にわがままなグリップフックに苦労を強いられる事になったのです。

3-2.怒りが爆発!
ハリーたち3人が食事の時にしか姿を現わさなくなったので「貝殻の家」の他の住人も何事かが起こっている事に気づかないわけはありませんでした。しかし誰も何も聞こうとはしませんでした。それでもなおハリーは・・・

食事のテーブルで考え深げな目で心配そうに自分たちを見ているビルの視線を頻繁に感じていました。一方グリップフックは他のみんなと一緒に食事をする事を嫌々承知しました。体が弱っているオリバンダー翁と同様に・・・

脚が治ったその後も引き続き自分の部屋に食事を運ぶ待遇を要求し続けていました。がしかしフラーの怒りがついに爆発してしまったので、ビルが二階に行き「特別扱いは続けられない」とグリップフックに言い渡したのでした。

それからグリップフックは混み合ったテーブルに着きましたが同じ食べ物は拒み代わりに生肉の塊や根菜類に茸を要求しました。ハリーは責任を感じました。グリップフックをここに残せと言ったのは結局ハリーだったからです。

私は「ハリーがそこまで責任を感じる必要はない」と思いますね。ビルが言っていた通りで「自分たちは最大の血を裏切る者なんだから」という事でヴォルデモートが魔法省を掌握した以上いずれはこうなる運命だったのです。

しかしハリーは「みんなに申し訳ない」と思わずにはいられませんでした。ウィーズリー一家が全員隠れなくてはならなくなったのは自分のせいだ。ビルにフレッドとジョージにアーサー氏が仕事に行けなくなったのも・・・

やはり自分のせいだ。ある風が強い4月の夕暮れ時にハリーは夕食の支度を手伝いながらフラーに「ごめんね」と謝りました。そしてさらに「君にこんな大変な思いをさせるつもりはなかったんだけど」とも言ったのでした。

するとフラーは・・・

3-3.私はそれを忘れません。
その時フラーはグリップフックとビルのステーキを切るために包丁に準備させている所でした。狼人間のフェンリール・グレイバッグに襲われて以来ビルは生肉を好んで食べるようになっていました。ハリーに謝られて・・・

包丁が傍らで肉を削ぎ切りしているその間に少し苛立っていたフラーの表情が和らぎました。そしてフラーはハリーにこう言ったのでした。あなたは私の妹の命を救いました。私はそれを忘れません。しかし実を言うと・・・

厳密に云えばそれは事実ではありませんでした。三大魔法学校対抗試合の「第2の課題」の時ハリーは確かにフラーの妹のガブリエールを救いはしました。がしかし決してガブリエールの命まで救ったわけではなかったのです。

♪遅すぎたならそのものはもはや二度とは戻らない

あの歌を真に受けたのか?ダンブルドアが僕たちを溺れさせるわけないだろう。制限時間内に代表選手たちが間違いなく戻れるように歌っていただけなんだ。湖の岸辺の手前でロンにこう言われるまでハリーも知りませんでした。

馬鹿だったという気持ちが募りました。ダンブルドアが安全対策を講じていて代表選手が現れなかったからといって人質を死なせたりするはずがない。水から上がってみると「そんな事は明々白々だ」とハリーも思ったのでした。

ロンだけを取り返して戻って来れば自分が一番だったのに。湖の底で時間を無駄にしてしまった。当時ハリーはフラーに「あなたの人質ではなかったのに」と言われた時「3人の女の子を残してくればよかった」と思ったのです。

しかしハリーは「その事をフラーには言わないでおこう」と思いました。いずれにしろオリバンダー翁は今夜ミュリエルおばさんの所に行くんだそうです。だから部屋まで食事を運ぶ人がいなくなるので少し楽になるそうです。

フラーは「あの小鬼は」と口にするだけで顔をしかめる有り様でした。オリバンダー翁がいなくなればグリップフックは一階に移動できます。そうすればハリーとロンそれにディーンが寝室で寝られるようになるのだそうです。

これまでハリーとロンは居間のソファで寝ていました。しかしグリップフックがそこで寝るのはお気に召さないだろうとハリーには判っていました。グリップフックを上機嫌にしておく事が計画にとっては大事だったからです。

今日の最後に
ハリーあなたは私の妹の命を救いました。忘れません。前述のように厳密に云うとこれは事実ではありませんでした。ハリーはフラーの妹ガブリエールを助けたものの命まで救ったわけではなかったのです。それにしても・・・

このあたりの「主人公がその場を凌ぐために嘘をつく」というのが私はハリーポッター・シリーズだなぁと思いますね。他にもハリーはグリップフックにグリフィンドールの剣を返す時期を言わないというズルもしていますよね。

その事がハーマイオニーの了解が得られず非協力という結果を生む事になってしまいました。もっともグリップフックが「ゴドリック・グリフィンドールが剣を盗んだ」と主張したのでハリーも素直には返す気になれなかった。

その可能性はあると私はそう思いますね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1577-94b2cf2e