FC2ブログ
ハリーがホグワーツ入りした事で結果としては雌雄を決する戦いが行なわれる事となり不死鳥の騎士団のメンバーになっているフラーもまたビルと共にホグワーツにやって来たというわけです。そこでフラーは新しい家族との出会いがあったのでした。それは長い間家族と絶縁状態になっていた人で・・・(全3項目)

3-1.必要の部屋で
ヴォルデモートの分霊箱「ヘルガ・ハッフルパフの金のカップ」をグリンゴッツのレストレンジ家の金庫から奪う計画はあれだけ長期間に渡って入念に協議そして準備したのにも関わらず秘密裏に終える事はできませんでした。

そのためついにハリーが分霊箱を追い求めている事をヴォルデモートに知られてしまったのです。事は急を要する。最後の隠し場所が「ホグワーツ」だと知ったハリーは一刻も早くヴォルデモートより先に入らなくてはならない。

そこで「ただ行くだけじゃ駄目よ。何の計画もないじゃないの」と言うハーマイオニーにハリーは「僕たちに必要なのは進む事だ」と言ってホグズミード村行きを強行したのです。そこでは死喰い人たちが待ち構えていました。

しかし数々の幸運が重なってハリーたちはスネイプ校長に気づかれずさらにはヴォルデモートより先にホグワーツに入る事ができました。そしてハリーがルーナと共にレイブンクローの談話室から「必要の部屋」に戻ると・・・

部屋が見えた途端ハリーは驚いて階段を数段踏み外しました。ルーナと一緒に出た時より「必要の部屋」はさらに人が増えて混み合っていました。キングズリー・シャックルボルトとルーピンがハリーを見上げていたのでした。

「みんな何でここに?」と訊くハリーにフレッドが説明しました。自分たちがダンブルドア軍団の他のメンバー全員に伝言を送ったそうです。そして伝言を聞いたDAのメンバーが不死鳥の騎士団のメンバーにも知らせて・・・

雪だるま式に人が増えたとの事でした。そんな中に当然の如くという感じで不死鳥の騎士団のメンバーのフラーもビルと共に駆け付けていたというわけなんですよね。こうして雌雄を決する戦いが始まろうとしていたのでした。

3-2.見え透いた一言
「僕たちは戦うんだ」という声と共に「必要の部屋」に集結した人たちのほとんどがハリーの前を通り過ぎて大広間に向かって行きました。一気に人が出て行き階段下には一握りの人間だけが残ってハリーはそこに加わりました。

そこではウィーズリーおばさんがジニーを怒鳴りつけていました。ジニーはまだ16才で未成年だから家に帰りなさいとおばさんは言うのです。しかしジニーは家族全員がここにいるのに様子が分らないまま家にいるなんて・・・

耐えられないと反論していました。するとそこに「遅すぎたかな?もう始まったのか?たった今知ったばかりで」と言いながらパーシーが駆け込んで来たのです。家族のほぼ全員がいる所に突然飛び込んで来てしまって・・・

パーシーは口ごもって黙り込んでしまいました。驚きのあまり長い沈黙が続きました。すると何とかこの沈黙を打ち破ろうと思ったようです。突然フラーがルーピンに「それで小さなテディはお元気ですか?」と話しかけました。

緊張を和らげるための突拍子もない見え透いた一言でした。ルーピンは不意を衝かれて目をぱちくりさせました。ルーピンは大きな声で「あの子は元気だ!」と答えたもののウィーズリー一家とパーシーは固まったままでした。

ルーピンは「ほら写真がある!」と言うと上着の内側から写真を取り出しフラーとハリーに見せました。ハリーが覗くと明るいトルコ石色の前髪の小さな赤ん坊がむっちりした両手の握り拳をカメラに向けて振っていたのでした。

すると唐突にパーシーが「僕は馬鹿だった!」と吼えるように言って重苦しい沈黙をついに破りました。フレッドがパーシーに手を差し出すとウィーズリーおばさんはワッと泣き出して駆け寄りパーシーを抱き締めたのでした。

パーシーが「父さんごめんなさい」と言うとアーサー氏はしきりに目を瞬かせてから急いで近寄り息子を抱き締めました。ヴォルデモートが復活したあと長く続いていたパーシーと家族の絶縁状態がようやく解消されたのです。

するとパーシーはその次には・・・

3-3.やっとこさパーシーと
こうしてやっとの事で家族との和解を果たす事ができたパーシーだったのですが、ビルにフレッドとジョージと一緒に階段に急ぎながらパーシーはフラーに「じゃあ君は僕のお姉さんになったんだね?」と声をかけたのでした。

そしてパーシーはフラーと握手をしたのでした。フラーとパーシーと云えば三大魔法学校対抗試合が行なわれた時にはパーシーはホグワーツを卒業して最初の年度で魔法省に就職して国際魔法協力部に配属されていたんですよね。

パーシーが最初にフラーを見たのは上司のクラウチ氏の代理でクリスマス・ダンスパーティに出席した時でした。そして「第2の課題」の時もやはりクラウチ氏の代わりに審査員を務めているのでその時にもフラーを見ています。

しかしいずれの場合もパーシーはフラーの事は遠くから見ていただけで直接会話を交わす機会はありませんでした。さらに「第3の課題」の時クラウチ氏の代わりに審査員をしたのは魔法大臣コーネリウス・ファッジだったのです。

そのため最後の課題の時にはパーシーは学校に来る事はありませんでした。その後パーシーはヴォルデモートの復活と時を同じくして家族と絶縁状態になってしまったためフラーと会う事も全くなかったというわけなんですよね。

パーシーはビルとフラーの結婚式も欠席をしてしまったのでホグワーツの戦いに馳せ参じたこの時に初めてフラーと会話を交わしたというわけです。そんなわけでこのようにして家族との和解を実現させるのと同時にまた・・・

フラーとパーシーにとってはお互いに新しい家族が増える事になったというわけなんですよね。

最後に
と!いうわけでこうしてホグワーツの戦いは始まったというわけです。実は以前アーニー・マクミランを取り上げた時もそうだったのですが大広間で行われた最後の戦いの時にビルとフラーのいずれも登場していないんですよね。

単にハリーが見なかっただけなのか?それとも既に戦う相手がいなかったので傍らで見守っていたからなのか?何故ビルとフラーの2人がいなかったのか?今となっては真相を知っているのはローリングさんだけなんですよね。

しかし第7巻の最終章で登場している「ビクトワール」はビルとフラーの間に生まれた女の子との事なので「その後どうなったのか分らない」というアーニー・マクミランとは違って生き残った事が確かというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1579-43addb33