FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

イギリスの文化や生活習慣を知りその背景や事情を理解するとハリーポッター・シリーズをさらに楽しく読み返すことができるということで始まりました「このシリーズ」本日はイギリスの教育事情を紹介してみたいと思います。日本とよく似ている所があるかと思えば全く異なる所があったりします。(全5項目)

5-1.イギリスの進学事情
イギリスには日本のような受験戦争などというものはなく学校によって年齢が違うそうですが11才か12才になると親が卒業した7年全寮制の私立中学校に縁故つまりコネで入学するんだそうです。

現にハリーのいとこのダドリー・ダーズリーは父親のバーノンおじさんが卒業した「名門」私立スメルティングズ男子校に入学しています。(賢者の石50ページ)コネのない子供達は地元の公立中学校に入学します。

7年全寮制の私立中学校では入学してきた新入生を複数の寮に振り分けて、先輩や各寮の寮監などに世話をさせているんです。

つまりそういった意味ではホグワーツというのはイギリスによくある7年全寮制の私立中学校をモデルにしているというわけです。

賢者の石の序盤の章で入学試験などのシーンが全く無くホグワーツからダイレクトに入学許可証が届いているのもイギリスのこういった事情が背景にあるんですね。

5-2.パブリックスクールとは?
イギリスではかつては教育を受ける機会は王侯貴族のみにしか与えられなかったそうなんですが、1868年に授業料さえ払えば一般人でも教育を受けられる国家制度が整えられたのだそうです。

この教育機関がパブリック・スクールと呼ばれるようになったんだそうです。ちなみにイギリスにおける公立学校は通常「ステイト・スクール」と呼ばれるんだそうです。

それなら私立の中等教育機関であれば全て「パブリック・スクール」の称号を得られるのか?といえばそうではないそうです。

良家のご子息やお嬢様・・・つまりエリート学生が通う学校でなければならないのだそうです。彼らは優秀な教師たちから指導を受けてオックスフォードやケンブリッジといった名門大学に進学していくんだそうです。

また大学を卒業した後も各業界で同じパブリック・スクール出身者が幅を利かせている場合があり就職活動の際にコネとして利用されることも多いんだそうです。

5-3.盛んなスポーツ
「健全な精神は健全な身体に宿る」との名言が示すようにパブリック・スクールにとってスポーツは教育の根幹でラグビー、クリケット、サッカー、テニスといったスポーツはイギリスから世界に広まったものですが・・・

そもそもこういったスポーツはパブリック・スクールで人気となりパブリック・スクールの出身者がイギリス国内や植民地で広めて普及したんだそうです。

特に土曜日には普段の寮内での生活で培ったチームワークと互いのプライドを賭けて寮ごとの対戦試合が頻繁に行われたり、また他のパブリック・スクールとの対抗戦のため遠征に行くこともあるのだそうです。

第4巻で開催された三校対抗試合もローリングさんがこうしたものからヒントを得てストーリーに組み込んだものといっていいでしょう。

5-4.立地条件と厳しい上下関係
もちろん全ての学校がそうだというわけではありませんが、多くのパブリック・スクールはロンドンから離れた郊外に位置していて、広大な敷地の中にいくつもの寮、だだっ広い校庭や様々な施設を内包しているのだそうです。

また「上級生以外は芝生の上を歩いてはいけない」など校内には上下関係に関する厳しく、そして細かい規則があって、こういった縦横に交わる関係性の中で、個人の自立とチームワークを育むのが狙いなのだそうです。

5-5.授業の進め方
イギリスだけでなくヨーロッパ全体に見られる傾向のようなんですが、先生が一方的に教えるのではなく生徒からの質問や生徒同士の議論が歓迎されるのだそうです。

先生は生徒の議論をいかに引き出すかに精力を注いで授業を進めます。何故なら教育というものは教え込むものではなく子供の資質を伸ばすことだと考えているからなのだそうです。

その一方で宿題は多く出来ない生徒はそれなりの罰を受けるそうです。また悪さをした生徒は別室で1人反省文を書かされることもあるそうです。

そういえばハリーポッター・シリーズでもハリーやロンが談話室で宿題をしたり別室で罰則を受けるシーンが結構頻繁に出て来たりしていますよね。

最後に
以前にも触れましたが日本とイギリスは共に島国で千年以上の歴史を持ちコネや学閥がものをいう所がよく似ていたりしますが・・・

ヨーロッパの人たちは学生時代から活発な議論を交わすことに重きを置いた教育を受けているので、日本の総理大臣がヨーロッパの首脳の中に入ると存在感を強く示せないのは教育内容の違いの表われなのかもしれませんね。

コメント

パブリックスクールについて

検索でたどりつきました。ずいぶん前のエントリなのでコメントを残すのに気後れするんですが(もう訂正されているかもしれないし)、ちょっとだけ書きますね。

パブリックスクールの(すべてではないですが)多くは有名大学への進学を売り物にしているので、勉強に関してはかなり厳しい方針をとっています。入学試験はもちろんありますし、ペーパーテストでふるった後に面接があり、競争率は高いです。親兄弟が過去に在籍していると有利な面はありますが、それも学業面での条件を満たした場合のみです(例えばボーダーで二人並んだ場合は縁故のある者が有利だと言われています)。

寄宿制はいまでは少数派になってきています。ホグワーツと同じような全員寄宿の学校はパブリックスクール全体の2割程度で(数字はうろ覚えです)、残りは寄宿と通学の併用か通学生のみのです。しかし、寄宿制はなくなってもハウス制を残している学校は多く、この制度は年齢を超えた縦の交流を盛んにするのでステーツスクール(公立)でも取り入れているところもあります。

パブリックスクールを含むインディペンデントスクール(私立学校のことです)で教育を受けている子どもはイギリス全体の7%程度なので、それほど一般的ではありません。

最後にイギリスの受験体制ですが日本よりそうとうに厳しいです。公立校の場合、中等学校の入学時(11 歳)ではグラマースクール(公立進学校)以外は無試験ですが、15~16歳で全員が国家試験を受けなければならず、それに合格しないと中卒資格も得られません。この試験の成績が進路を決めるだけでなく、後の人生にずっとついて回ります。

この中等教育修了試験では生徒は8~13科目程度を選んで受験し、そのほとんどがポートフォリオの提出と論文のペーパーテストの併用です。結果ABCといったグレードで示され、E以上が合格ですが、主要2科目(数学と英語)でC以上をとっていないと就職時に不利になります。この試験の成績によって大学試験準備校か職業訓練校かを決定します。

イギリスでは日本の高校にあたる学校はなく、進学希望者は16~18歳の2年間に日本の大学の学部レベルの基礎教育を受け、その後に国家試験を受けて大学に進学します。

2010.07.01  nfsw19  編集

情報提供ありがとうございました。

nfsw19さん初めまして!コメントありがとうございました。

そうなんですか。私も本で読んだりネットで入手した情報を元に作った記事なので今のイギリスの実情とは相当かけ離れた内容になってしまったのかも?しれませんね。

ハリーポッター・シリーズの中でもそれを裏付けるエピソードが登場していたりしたので疑いませんでした。情報提供ありがとうございました。

2010.07.01  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.