FC2ブログ
スネイプは新学期初日の9月1日にハリーを退校処分にする千載一遇のチャンスが訪れたと思ったらダンブルドアにそれを阻止されてしまいました。ところが10月31日にもハリーをクィディッチ禁止に追い込む絶好の機会がやって来たのです。ところがダンブルドアはまたしても・・・(全3項目)

3-1.最初の事件
その時ハーマイオニーは「だって校則を破ったんでしょ」という顔をして後ろから従いて来ました。週末の土曜日にマクゴナガル先生がハリーとロンに「処罰は今夜になります」と言って来たのですがその内容というのが・・・

ロンのほうは管理人のフィルチと一緒にトロフィー・ルームで魔法なしの銀磨き。そしてハリーは今年度「闇の魔術に対する防衛術」の教師に着任したギルデロイ・ロックハートのファンレターの返事書きの手伝いとの事でした。

2人とも「自分が最悪の貧乏くじを引いた」と思っていました。ところがロックハートの部屋でハリーが痛む手を動かして封筒に宛名を書いていると骨の髄まで凍らせ息が止まるような氷のように冷たい声が聞こえて来ました。

それが不思議な事にハリーが「聞こえなかったんですか?」と訊いてもロックハートは唖然としてハリーに「えっ?どの声?」とか「一体何の事かね?」などというばかりで眠たくなったからじゃないかと言い出す始末でした。

実はそれが後に事件の前兆だったとハリーが知る事になったのです。最初の事件が起こったのはハリーたち3人がグリフィンドール塔付きのゴースト「ほとんど首なしニック」の絶命日パーティに出席した10月31日の事でした。

絶命日パーティの会場を出て3人が大広間に向かおうとしていると再び「その声」が聞こえて来ました。ハリーがその声を追いかけて行くとフィルチの飼い猫ミセス・ノリスが松明の腕木にぶら下がっているのが見つかりました。

ハロウィン・パーティが終わって生徒がドッと現場に押し寄せて来ました。騒ぎを聞きつけてダンブルドアが数人の先生を従えて到着しました。ダンブルドアとハリーたち3人は一番近いという事でロックハートの部屋へ・・・

そこではハリーを巡ってスネイプとマクゴナガル先生の間で激しい攻防と駆け引きが繰り広げられる事になったのでした。

3-2.ロックハートの部屋で
ロックハートの部屋に入るとダンブルドアはミセス・ノリスを机の上に置いて詳細に調べ始めました。ダンブルドアの折れ曲がった長い鼻の先がもう少しでミセス・ノリスにくっつきそうになるほどでした。その長い指で・・・

そっと突いてみたり刺激したりしながらダンブルドアは半月形のメガネを通してミセス・ノリスを隈なく調べました。マクゴナガル先生もまた身を屈めてほとんど同じぐらい近づき目を凝らしてミセス・ノリスを見ていました。

スネイプはその後ろに漠然と半分は影の中に立ち何とも奇妙な表情をしていました。まるでニヤリ笑いを必死で我慢しているようでした。そしてロックハートは周囲をうろうろしながらあれやこれやと意見を並べ立てていました。

ロックハートの話の合いの手は涙も枯れたフィルチが激しくしゃくり上げる声でした。ハリーは何かと理由をこじつけては生徒に罰則を課そうとするフィルチが大嫌いでした。がしかしこの時ばかりは気の毒に思えたのでした。

ダンブルドアはブツブツと不思議な言葉を呟きながらミセス・ノリスを杖で軽く叩きました。しかし何事も起きません。ミセス・ノリスはまるで「つい先日剥製になったばかりだ」という猫のように見えました。そして・・・

ダンブルドアはようやく体を起こすとフィルチに「猫は死んでおらんよ」と優しく言ったのでした。フィルチは声を詰まらせて「死んでない?」と言うと指の間からミセス・ノリスを覗き見ました。そしてこう言ったのでした。

「それじゃ。どうしてこんなに。こんなに固まって。冷たくなって?」

その問いにダンブルドアは「石になっただけじゃ」と答えたのでした。ただ「どうしてそうなったのか?」その原因については答えられないと言うのです。するとフィルチは「あいつに聞いてくれ!」と言ってハリーを見ました。

しかしダンブルドアは最も高度な闇の魔術をもってして初めてできる事なので「2年生がこんな事をできるはずがない」ときっぱりそう言うのです。するとそこでスネイプが「一言よろしいですかな」と言って出て来ました。

ハリーは不吉な予感を募らせました。それと言うのも「スネイプは一言も自分に有利な発言はしない」という確信があったからです。

3-3.疑わしきは罰せず
何ゆえスネイプはニヤリ笑いを必死で我慢していたのか?それは退校処分は無理としてもハリーをクィディッチ禁止に追い込む千載一遇のチャンスが巡って来たと思ったからです。スネイプはとりあえずハリーたちの事を・・・

単に間が悪くその場に居合わせただけかもしれないと言って庇ってみせました。いきなり自分の思惑を露骨に口にしてはいけないと思ったんでしょう。そして次に「一連の疑わしい状況が存在します」と打って出て来たのでした。

だいたい何故ハリーたち3人は3階の廊下にいたのか?何故3人はハロウィンのパーティにいなかったのか?ハリーたちは一斉に「絶命日パーティ」に出席していた事を説明し始めたのでした。ところがここで内心ハリーは・・・

自分にしか聞こえない姿のない声を追って行ったと答えたらあまりにも唐突に思われてしまう。とっさにそう感じたハリーは「疲れていたのでベッドに行きたかった」と答えました。ここでスネイプは本音を露わにしたのでした。

ゴーストのパーティで生きた人間にふさわしい食べ物が出るとは思えない。それに対してロンが「僕たち空腹ではありませんでした」と答えた次の瞬間に胃袋が鳴ったためスネイプはますます底意地の悪い笑いを浮かべて・・・

ハリーが真っ正直に話しているとは到底言えない。全てを正直に話してくれる気になるまでハリーの権利を一部取り上げるのがいいとダンブルドアに進言したのでした。そこで我輩としてはハリーが告白するその時までは・・・

ハリーをグリフィンドールのクィディッチ・チームから外すのが適当だと思うと言って来ました。するとそこでマクゴナガル先生が鋭く切り込んで来ました。自分にはそんな事をする理由が見当たらないとそう主張したのでした。

ハリーを巡ってスネイプとマクゴナガル先生が激しく火花を散らす中ダンブルドアはハリーに探るような目を向けました。キラキラ輝く明るいブルーの目で見つめられるとハリーにはレントゲンで映し出されているように・・・

まるで自分の気持ちを透視されているように感じられました。スネイプはひどく憤慨しフィルチも「私の猫が石にされたんだ!罰を受けさせなきゃ収まらん!」と言ったのですが、ダンブルドアはきっぱりとこう言ったのでした。

「疑わしきは罰せずじゃよ。セブルス」

そしてフィルチには最近スプラウト先生がマンドレイクを手に入れたので十分に成長したその時にはミセス・ノリスを蘇生させる薬を作らせる。したがって「猫は治してあげられる」との約束をしたというわけなんですよね。

今日の最後に
当サイトでは折ある毎に「ハリーは極めて優秀な開心術士である」と指摘しています。ハリーがダンブルドアに見つめられて「まるでレントゲンで映し出されているようだ」と感じるのも開心術に長けているからなんですよね。

当然ダンブルドも開心術に長けているというわけです。したがってダンブルドアはハリーが姿なき声を追って行ってその結果ミセス・ノリスを発見したという事をハリーの心を読んで知ったはずです。しかし現時点では・・・

その「姿なき声の正体が何なのか?」を説明する状況ではないため不問にして処罰なしという事にしたというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1589-397c314a