FC2ブログ
本当に大事なのは持っている能力ではなく「自分がどんな選択をするのか?」という事だと言ってハリーがずっと抱え込んでいたもやもやをダンブルドアは解決してくれました。これで全てが終わったと思ったらそこに1人の男が乱入して来ました。その人物こそが・・・(全3項目)

3-1.そこに乱入して来たのは?
真のグリフィンドール生だけがこの「組分け帽子」から思いもかけない剣を取り出す事ができる。こう告げた後ダンブルドアもそしてハリーもまた一瞬無言でした。そしてその無言を破ったのはやはりダンブルドアだったのです。

それからダンブルドアは羽根ペンにインク壷を取り出すとハリーに「君には食べ物と睡眠が必要じゃ。祝いの宴に行くがよい」と言った後に続けて羽根ペンにインク壷を取り出したその理由を説明したというわけなんですよね。

まず1つ目はアズカバンに手紙を書いてハグリッドを返して貰う事。そして2つ目は「日刊予言者新聞」に出す広告を書かなくてはとの事でした。それは再び「闇の魔術に対する防衛術」の先生がいなくなってしまったからでした。

ハリーは立ち上がると扉の所へ行きました。ところが取っ手に手をかけたその瞬間に扉が勢いよく向こう側から開きました。あまりにも乱暴に開けたため扉は壁に当たって跳ね返って来ました。扉の向こうにいたその人物とは?

怒りを剥き出しにして立っていたのはルシウス・マルフォイ氏でした。その腕の下には包帯でぐるぐる巻きになって縮こまっているドビーがいたのでした。ダンブルドアが機嫌よく「今晩は。ルシウス」と挨拶をすると・・・

ルシウス氏は入室の承諾を得もせず強引に部屋に押し入って来ました。その勢いでハリーを突き飛ばしそうになるほどでした。その後ろから恐怖の表情のドビーがマントの裾の下に這いつくばるように小走りで入って来ました。

そもそもノックもしないで扉を開けるとは失礼千万な奴と言っていいでしょうね。しかしルシウス氏には相応の理由があったようです。

その理由とは?

3-2.奇妙な話
ルシウス氏はダンブルドアを冷たい目で見据えると「それで!お帰りになったわけだ。理事たちが停職処分にしたのにまだ自分がホグワーツ校に戻るのにふさわしいとお考えのようで」とこうぶちまけたというわけなんですよね。

「はて、さてルシウスよ」と言うダンブルドアは静かに微笑んでいました。ダンブルドアが言うには「今日あなた以外の11人の理事がわしに連絡をくれた」との事でした。もうまるでふくろうの土砂降りに遭ったかのようだった。

アーサー・ウィーズリーの娘が殺害されたと聞いて理事たちが自分に「すぐ戻って欲しい」と頼んで来た。結局この仕事に一番向いているのは自分だと11人の理事は思ったらしいとダンブルドアはルシウス氏に言ったのでした。

さらにダンブルドアは奇妙な話をみんなが聞かせてくれたと言うのです。元々自分を停職処分にしたくはなかった。しかし「同意しなければ家族を呪ってやる」とルシウス氏に脅されたと考えている理事が何人かいるのだそうです。

ハグリッドはアズカバンに送られる時ルシウス氏に「何人脅して同意させた」と言っていました。つまりそれは実は図星だったというわけです。ダンブルドアにそう言われてルシウス氏の青白い顔は一層蒼白になったのでした。

しかしその細い目はまだ怒り狂っていました。ルシウス氏はダンブルドアに「するとあなたはもう襲撃を止めさせたとでも?犯人を捕まえたのかね?」と嘲るように言いました。それにダンブルドアは「捕まえた」と答えました。

そこでルシウス氏は鋭く「それで?誰なのかね?」と訊きました。その問いにダンブルドアは「前回と同じ人物じゃよ」と答え、続けて「今回のヴォルデモート卿はこの日記を利用し他の者を使って行動した」とも言ったのです。

ドビーがその動きで「あの日記」を持っていたのはこの人だと示唆する中。ルシウス氏は暫く間を置いてから「なるほど」と言ったのでした。それは自分が期待していた人物すなわちジニー・ウィーズリーの名前が出なかった。

そしてダンブルドアはルシウス氏に言いました。ハリーとロンが「リドルの日記」を見つけていなかったらジニーが全ての責めを負う事になっていたかもしれない。ジニーの行動が自分の意思ではなかったと証明できなかった。

それなら「一体何が起こったのか?」を考えてみるがよい。ウィーズリー一家は純血の家族の中でも最も著名な一族の1つだ。自分の娘がマグル出身の者を襲って殺害している事がもし明るみになど出ていたらどうなっていた?

幸いな事に日記は発見されリドルの記憶はその日記から消し去られた。そうでなければ「一体どういう結果になっていたのか?」想像もつかない。ルシウス氏は無理やり口を開いて「それは幸運な」とぎこちなく言ったのでした。

ハリーが「日記をジニーに持たせたのはあなただ」と指摘をするとルシウス氏は「何を証拠に」と言ってみせました。ダンブルドアもまた「誰も証明はできんじゃろう」と言いました。がしかしダンブルドアは返す言葉で・・・

忠告しておこう。ヴォルデモート卿の昔の学用品をばら撒くのはやめにする事だ。またそのような物が罪もない人の手に渡るような事があればアーサー・ウィーズリーがその入手先をあなただと突き止めるだろうと言って・・・

ダンブルドアは最後にルシウス・マルフォイ氏に「二度とそんな事はせぬように」と釘を刺したというわけなんですよね。

3-3.ドビーは自由だ!
ルシウス・マルフォイ氏は一瞬立ちすくみました。こうなったら自分自身の手でダンブルドアを亡き者にするしかない。杖に手を伸ばしたくてしかたがないという風にその右手が動くのがハリーにはっきりと見えましたが・・・

それは到底できない事と観念したのか?ルシウス氏はドビーに「帰るぞ!」と言うと扉をぐいっとこじ開けたのでした。ドビーが慌ててそばに来るとルシウス氏は鬱憤を晴らすようにドビーを扉の向こうに蹴飛ばしたのでした。

廊下を歩いているその間中ドビーが痛々しい叫び声を上げているのが聞こえて来ました。それを聞いてハリーもまた立ち尽くしたまま必死で考えを巡らせたのでした。そして閃いたのです。そこでハリーはダンブルドアに・・・

「その日記をマルフォイさんにお返ししてもよろしいでしょうか?」

ダンブルドアはハリーに「よいとも」と静かに言いました。ただし急ぐがよい。宴会を忘れないようにとの事でした。ハリーは日記を鷲づかみにすると部屋から飛び出しました。そして急いで靴を脱ぐと片方の靴下も脱ぎました。

脱いだ靴下の中に日記を詰めました。それから暗い廊下を走りに走ってハリーはルシウス氏とドビーに追いつくと「あなたに差し上げる物があります」と言って、その日記を詰めた靴下をルシウス氏の手に押し付けたのでした。

ルシウス氏は靴下を引きちぎるように剥ぎ取り中の日記を取り出し靴下を投げ捨てると怒り狂って日記の残骸からハリーへと目を移しました。そしてわざわざ追いかけて来て日記を返してよこしたハリーにこう言い放ったのです。

「君もそのうち親と同じに不幸な目に遭うぞ。ハリー・ポッター。連中もお節介の愚か者だった」

ルシウス氏は立ち去ろうとしてドビーに「来い!」と言いました。がしかしドビーは動きませんでした。ルシウス氏が投げ捨てたハリーの靴下をまるでそれが貴重な宝物であるかのように握り締めてじっと見つめていたのでした。

「ご主人様がこれをドビーにくださった」

ドビーは驚嘆して言いました。ご主人様が靴下を片方くださった。信じられないという口調でした。ドビーが靴下の片方をいただいた。ご主人様が投げてよこした。ドビーが受け取った。こうしてドビーは自由になったのです!

ルシウス氏は「よくも私の召使いを!」と言ってハリーに飛びかかって来ました。しかしドビーが「ハリー・ポッターに手を出すな!」と叫んだかと思うとバーンと大きな音がしてルシウス氏は後ろ向きに吹き飛ばされて・・・

階段を一度に三段ずつもんどり打って転げ落ちて行きました。怒りの形相で立ち上がり杖を引っ張り出しました。しかしもはや主従関係が崩れてしまい本気になったドビーには到底敵わないと思ったようでルシウス氏は・・・

ハリーとドビーに最後の一瞥を投げると立ち去って行きました。自由にしてくださった!解放してくださったと大感激のドビーにハリーは「せめてこれぐらいしかしてあげられないけど」と笑顔を浮かべながら言ったのでした。

最後に
後にダンブルドアは改めてこの時の事をハリーに説明しているんですよね。ルシウス・マルフォイ氏としてはあの日記をジニーに持たせる事によって父親で宿敵のアーサー・ウィーズリー氏の信用に傷をつけるのと同時に・・・

ダンブルドアをホグワーツの校長職から追放させ加えて自分にとって都合の悪い物を処分するという一石三鳥を狙っての事だった。がしかしその思惑は外れてしまいジニーには「お咎めなし」が言い渡されてしまった上に・・・

ダンブルドアはホグワーツの校長職に留まりルシウス氏は理事の座を失う事になってしまったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1595-76253b40