FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

リーマス・ルーピンは優秀な開心術士(前編)

ルーピン先生はアズカバンの囚人183ページで(携帯版199ページ)ハリーたちの「闇の魔術に対する防衛術」の最初の授業の時、何故かハリーとハーマイオニーがまね妖怪と戦うことを回避します。その理由はつまり・・・一番怖いモノ(ハリーの場合はヴォルデモートと吸魂鬼)をどうやったら恐ろしくない姿に変えられるのか、心の準備ができていなかったからですよね?じゃあどうしてそんなことがわかったのか。それはリーマス・ルーピンは優秀な開心術士だからだと私は思います。

ルーピンが人の心というか、ハリーの心を読んでいるシーンは第3巻と第5巻の各所に出て来ています。

アズカバンの囚人第8章、「太った婦人の逃走」204ページ
 (携帯版223ページ)
「それじゃ、わたしが、君にはまね妖怪と戦う能力がないと思った。
 そんなふうに考えていたのかい?」
ルーピンは鋭く言い当てた。

アズカバンの囚人、第10章忍びの地図242ページ
 (携帯版267ページ)
「弱いかどうかとはまったく関係ない」
まるでハリーの心を見透かしたかのようにビシッと言った。

不死鳥の騎士団上巻第3章、先発護衛隊84ページ
「君を迎えにいきたいと名乗りを上げる人が、
 びっくりするほどたくさんいてね」

ルーピンが、ハリーの心を読んだかのように、
 口の両端をひくひくさせながら言った。

リーマス・ルーピンがどうして優秀な開心術士になったのか?それはやはり彼の正体が狼人間だったことに他ならないでしょう。魔法界では今でも狼人間に対する差別意識が相当強く残っていることはロンの反応から見ても明らかです。(アズカバンの囚人446ページ、携帯版499ページ)そういった事情もあって彼はおそらく開心術を身につけたのではないか?と私は思います。(後編につづく)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.