FC2ブログ
ハリポタ通の館(やかた)
ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。
アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ローリングさんのうっかりミス~久しぶりにやってみる事にしました(3)(4回シリーズ)
ハーマイオニーの言う通りだ。トレローニー先生はインチキだ。当初ハリーはそう思っていました。ところが実はトレローニー先生が最初にした予言がハリーの人生を大きく変える事になったのです。しかしトレローニー先生はその予言の最中にセブルス・スネイプが邪魔をしたとそう言うのですが・・・(全3項目)

3-1.思わぬ所で
ハリーは「占い学」の授業を初めて受けた時から何度も繰り返し自分の死を予告するトレローニー先生の事が大嫌いでした。トレローニー先生の占いなんて当たればおなぐさみの当て推量で何となく不気味な雰囲気がするだけだ。

全くハーマイオニーの言う通りだ。トレローニー先生はインチキだ。ところが唯一の例外は3年生の時の学期末試験でした。ヴォルデモート卿が再び立ち上がると予言したのです。ダンブルドアでさえそれは本物と認めたのです。

そしてハリーは翌年度つまり4年生の学期末にピーター・ペティグリューことワームテールの手を借りてヴォルデモート卿が復活するその瞬間を見る事になりました。トレローニー先生の予言が的中するのを自ら確認したのです。

しかも自分の両親がヴォルデモートに殺害される事になったのもハリーが生まれる直前にトレローニー先生によって成された予言がそのきっかけでした。ハリーの人生を大きく変えたのもトレローニー先生の予言だったのです。

ハリーは5年生の学期末にその予言の全文を聞く事になりました。しかしふくろう試験で「不可・P」つまり不合格だったという事もありハリーは6年生では「占い学」を取りませんでした。そのためトレローニー先生とは・・・

滅多に会う事もなくなってしまいました。ところがそれもまた学期末の事でした。ダンブルドアに呼び出されて校長室に向かっている途中の思わぬ所でハリーはトレローニー先生と出くわす事になったのです。何とそこは・・・

「必要の部屋」の前だったのです。


3-2.予言を聞いたのは?
ハリーが談話室を出て8階の廊下を急いでいると悲鳴と衝撃音が聞こえて来ました。ハリーが杖を構えて音がしたほうに向かって駆け出し飛ぶように角を曲がると、そこにはトレローニー先生が大の字になって倒れていました。

ハリーに「どうなさったのですか?」と問われてトレローニー先生は「考え事をしながら歩き回っていた」とか「たまたま垣間見た幾つかの闇の前兆について」などと話していましたがハリーはまともには聞いていませんでした。

それは今自分が立っている所が「必要の部屋」の真ん前だという事に気づいたからです。ハリーが「必要の部屋に入ろうとしていたのですか?」と訊くとトレローニー先生は急にそわそわし始めました。そしてハリーに・・・

生徒が知っているとは存じませんでした。こう言ったのでした。トレローニー先生はシェリー酒の空き瓶を隠すために「必要の部屋」に入って行ったのです。ところがそこに先客がいて部屋から放り出されてしまったのでした。

トレローニー先生が言うにはその先客は男で間違いなく大喜びしていたんだそうです。ハリーはトレローニー先生に「ダンブルドア先生にお話したほうがいいと思います」と言って2人は一緒に校長室に向かって歩き始めました。

当初ハリーは「あなたは大した予見者ではありませんでしたが素晴らしい対象者でした」などと言うトレローニー先生の言葉を辟易しながら聞いていました。しかしトレローニー先生がこう言ったのを境にしてハリーは・・・

「最初のダンブルドアの面接の事はよく憶えていましてよ」

最初の内ダンブルドアは「占い学」をお気に召さないようだった。そしてその日トレローニー先生は少し変な気分になってあまり食べていなかったんだそうです。そしてその後ダンブルドアはとても感心してくれたとの事でした。

ハリーはトレローニー先生の話を初めてまともに傾聴していました。その時「何が起こったのか」を知っていたからです。トレローニー先生がハリーとヴォルデモート卿に関する予言をしてハリーの人生の変えてしまったのです。

「でもその時セブルス・スネイプが無礼にも邪魔をしたのです!」

トレローニー先生のこの言葉を聞いて・・・

「えっ?」

ハリーは?

3-3.覚えていないはずなのでは?
トレローニー先生の説明によれば「外で騒ぎがあって扉がパッと開くとそこにはかなり粗野なバーテンがスネイプと一緒に立っていた」との事でした。スネイプは間違えて階段を上がって来たなどと戯言(言い訳)を言っていた。

前述のようにハリーは前年度の末に校長室で自分の人生を激変させる事になったトレローニー先生の予言の全文を聞きました。さらに3年生の「占い学」の学期末試験の時にはトレローニー先生の本物の予言を聞かされたのです。

本物の予言をしたその時。トレローニー先生は霊媒状態で普段とは全く違った荒々しい声でした。トレローニー先生がそうなった時。ハリーは当初「医務室に駆けつけるべきなのでは?」と真剣に悩んだほどだったんですよね。

ところが驚くべき事にトレローニー先生は予言を言い終わって元の状態に戻ると自分が何を言っていたのかを全く覚えていませんでした。予言を言っているその最中もハリーが話しかけても全く何も聞こえていないようでした。

予言を言い終わった後ハリーが「先生はたった今おっしゃいました。闇の帝王が再び立ち上がる。その召使いが帝王の元に戻る」と言ってもトレローニー先生は仰天して私はそこまでとてつもない予言をするほど厚かましくない。

トレローニー先生はそう言うのです。つまりトレローニー先生は自分が本物の予言を言っている間の事は全く認識できない。記憶をする事ができない。何が起こっても誰が何を言っても一切何も覚えていないはずなんですよね。

スネイプは予言の全部を聞く事はできませんでした。途中でその場から退去させられてしまったのです。したがってトレローニー先生が予言を言い終わって元の状態に戻った時にはスネイプはそこにはもう既にいなかったのです。

だからトレローニー先生がそこにセブルス・スネイプがいた事を覚えているはずなどないんですよね。(苦笑)

今日の最後に
実はこれは私が発見したのではでなくて偶然見かけたネタなんですよね。多くの熱心なハリポタ通の読者が「これはおかしい。トレローニー先生がスネイプがいた事を覚えているはずがない」とそう思っているというわけです。

この場面を改めて読み返してみて私も「これもおかしいのでは?」と思ってしまった事がありました。それはトレローニー先生は何故シェリー酒の空き瓶を「必要の部屋」に隠そうとしたのか?消失呪文を使えばいいのでは?

消失呪文はふくろう試験の「変身術」の実技に出るぐらいですからそんなに高度な魔法じゃないですよね?でもそうするとトレローニー先生がドラコ・マルフォイにハリーと出会う事もなかったという事になってしまいますね。

泥酔状態だとやはり難しいんでしょうか?
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1602-fb19f0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)