FC2ブログ
アンブリッジ先生に対して怒鳴ったというのは本当ですか?嘘つき呼ばわりしたのですか?そして「例のあの人」が戻って来たと言ったのですか?のマクゴナガル先生のこの3つの問いにハリーは「はい」と答えました。それに対して先生が返して来た言葉にハリーはひどく驚かされる事になったのでした。それは?(全3項目)

3-1.ハリーとマクゴナガル先生
5年生の新学期初日ハリーはハーマイオニーに「あの人は誰?」と訊かれて教職員テーブルを見ました。するとそこには何と先の懲戒尋問の際に魔法大臣コーネリウス・ファッジの右手に座っていた魔女がいるではありませんか。

ハリーは愕然としました。ハーマイオニーに「アンブリッジって女だ!」と答えてさらに自分の尋問の時にいた。ファッジの下で働いているとハリーが言うとハーマイオニーは顔をしかめてこう言ったというわけなんですよね。

「ファッジの下で働いてるですって?なら一体どうしてここにいるの?」

ハーマイオニーのこの問いにハリーは「さあ」と答えましたが、ハーマイオニーは目を凝らして教職員テーブルを眺め回した後に「まさか。違うわ。まさか」と呟きました。ハリーにはその「まさか」の意味は分りませんでした。

しかしどうもその「まさか」だったようです。食事が終わった後にダンブルドア校長の口からそのアンブリッジが今学期「闇の魔術に対する防衛術」の教師になった事が発表されたのでした。そしてその初めての授業で・・・

「さあこれをマクゴナガル先生の所へ持っていらっしゃいね」

ヴォルデモート卿は復活した。僕は見たんだ。僕は奴と戦ったんだ。セドリック・ディゴリーは殺害されたんだ。こう言い放ったハリーにアンブリッジはマクゴナガル先生宛ての手紙を書くとこう言ってハリーに渡したのでした。

ハリーは一言もしゃべらずに受け取りロンとハーマイオニーのほうを見もせずに教室を出てマクゴナガル先生の部屋に向かったのでした。

3-2.ビスケットをおあがりなさい
マクゴナガル先生宛ての手紙を握り締めハリーは廊下を物凄い速さで歩きました。角を曲がった所にポルターガイストのピーブズがいました。ハリーが「どけ」と脅すように言うとピーブズは意地悪い笑顔を浮かべながら・・・

あれやこれや何だかんだと囃し立てながらハリーに従いて来ました。副校長室の扉が開いて厳しい表情のマクゴナガル先生が「黙れ!」と言いながら外に出て来ました。マクゴナガル先生は騒ぎをうるさがっているようでした。

マクゴナガル先生はハリーに「一体何を騒いでいるのですか?」とパシッと言って来ました。ピーブズは愉快そうに高笑いをすると消えて行きました。授業はどうしたのですと訊く先生にハリーは硬い表情でこう答えたのでした。

「先生の所へ行って来いと言われました」

「行って来い?どういう意味です?行って来い?」と言うマクゴナガル先生にハリーはアンブリッジの手紙を差し出しました。先生はしかめっ面で受け取り杖で叩いて開封をして広げて読み始めました。手紙を読み出すと・・・

一行読む毎に字を追うその目が細くなって行きました。手紙を読み終えるとマクゴナガル先生はハリーに「お入りなさい」と言いハリーは先生に従いて部屋に入りました。すると突然マクゴナガル先生が挑みかかって来たのです。

「それで?本当なのですか?」
「本当って。何が?」

そんなつもりはなかったのに乱暴な言い方をしてしまいハリーは「ですか?マクゴナガル先生?」と丁寧な言葉を付け加えました。どうやらアンブリッジのマクゴナガル先生宛ての手紙にはこんな事が書いてあったようでした。

先生である自分に対して怒鳴った。自分の事を嘘つき呼ばわりした。そして「例のあの人」つまりヴォルデモート卿が戻って来たと言った。3つの問いにハリーがきっぱり「はい」と答えるとマクゴナガル先生はハリーに・・・

「ビスケットをおあがりなさい。ポッター」

マクゴナガル先生にビスケットを勧められしかも「おあがりなさい」と言われてハリーはびっくり仰天しました。驚くハリーに先生は「ビスケットをおあがりなさい」と気短に繰り返すと机の書類の山の上に載っている・・・

タータンチェック模様の缶を指差しました。そしてさらに驚く事に先生はハリーに「お掛けなさい」と言って来たのです。ハリーはマクゴナガル先生と向き合う椅子に座り生姜ビスケットを摘まみました。実はハリーには・・・

以前にも同じような経験をした事があったのです。マクゴナガル先生から鞭打ちの罰則を受けると思ったらクィディッチのグリフィンドール・チームのメンバーに指名された。今回もまたあの時と同じで何が何だか分らず・・・

不意打ちを食らったようなそんな気がしました。さらにハリーを戸惑わせたのはマクゴナガル先生は手紙を置くと深刻な眼差しでハリーを見て「気をつけないといけません」と言うのです。マクゴナガル先生の声の調子は・・・

いつものきびきびした厳しい声ではなく低くて心配そうな普段より人間味のこもった声だったのです。ハリーは思わず口に詰まった生姜ビスケットをゴクリと飲み込むとマクゴナガル先生の顔を見つめたというわけなんですよね。

3-3.改めてこの場面について
ドローレス・アンブリッジを怒鳴りつけた。嘘つき呼ばわりした。さらには「例のあの人」すなわちヴォルデモート卿が戻って来たと言った。本当はマクゴナガル先生はハリーに「よくやりました」と言いたかったんですよね。

しかし教師として同僚の先生を怒鳴りつけたり嘘つき呼ばわりした事をはっきりと口に出して褒めるわけにはいかない。そこでマクゴナガル先生はその代わりにハリーに「ビスケットをおあがりなさい」と言ったというわけです。

さらに先生はハリーに「ドローレス・アンブリッジのクラスで態度が悪いとあなたにとっては寮の減点や罰則だけでは済みませんよ」とのアドバイスを送りました。ハリーが「どういう事?」と訊くとマクゴナガル先生は・・・

急にいつもの厳しい口調に戻りパシッと「常識を働かせなさい。あの人がどこから来ているか判っているでしょう。誰に報告しているのかも判るはずです」と言いました。何のために。あの人がここに来ている目的を知れと・・・

罰則や減点はほんの序の口でアンブリッジがホグワーツに来た真の目的はあなたを退学にするためなのだという事をマクゴナガル先生はハリーに知って欲しかったのです。そこでマクゴナガル先生はハリーにこう言ったのでした。

「あの人はあなたの先生ですからあなたに罰則を科す権利があります。最初の罰則は明日の夕方5時です。あの先生の部屋に行きなさい。いいですか。ドローレス・アンブリッジのそばでは言動に気をつける事です」

マクゴナガル先生にこう言われてハリーは激怒しました。ヴォルデモートは戻って来た。僕は本当の事を言ったんだ。マクゴナガル先生もダンブルドア校長先生も知っている。それなのに何故僕は罰則を受けなきゃならないんだ。

それに対してマクゴナガル先生は怒ったようにメガネを掛け直しながらハリーに「何という事を!」と言ったのでした。そしてハリーが「ヴォルデモート」と言った時に先生はぎくりとたじろいだのです。そしてハリーに・・・

「これが嘘か真かの問題だとお思いですか?これはあなたが低姿勢を保って癇癪を抑えておけるかどうかの問題です!」

こう言ったのでした。

今日の最後に
今週の日曜日つまり今シリーズの冒頭の記事でも紹介したようにダンブルドアはマクゴナガル先生に「あなたのように見識のおありになる方が彼を名指して呼べないわけはないでしょう」と言ってヴォルデモート卿の事を・・・

「例のあの人」なんて呼び続けていたら混乱するばかりだ。だからちゃんと名前で呼ぶようにと言っていたんですよね。そこでマクゴナガル先生は「ヴォルデモート」とはっきり口に出して言うハリーにこの時こう言っています。

「ビスケットをもう1つお取りなさい」

マクゴナガル先生はわざわざ缶をハリーのほうに突き出してこう言っています。ダンブルドア校長先生の言う通りにしてハリーは「例のあの人」なんて呼ばずにヴォルデモートとはっきり名前を言っている。ビスケットは・・・

そのご褒美というわけなんですよね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1606-360e9979