FC2ブログ
ハリーの名前が「炎のゴブレット」から出て来た。ハリーが4人目の代表選手と聞いた時セドリックは困惑した表情を浮かべました。しかしハリーが代表選手になった事でセドリックは「第1の課題」の内容を事前に知る事ができたのです。それは課題前日の月曜日の事でした。(全3項目)

3-1.共に代表選手に
ハリーが4人目の代表選手と聞いた時セドリックは途方に暮れた表情を浮かべました。そしてハリーとそれを告げたバグマン氏を交互に見つめて当惑しているように見えました。そして他の関係者が続々と入って来て・・・

一体これはどういう事なのか?ホグワーツの代表選手が2人とは?ボーバトンの校長マダム・マクシームとダームストラングのカルカロフ校長からは一斉にダンブルドアを非難する声が上がったのでした。しかし結局は・・・

知っての通り年齢制限は今回の対抗試合に限り特別安全措置として設けられた規則だ。だから「炎のゴブレット」から名前が出て来た以上は逃げ隠れできない。ハリーには戦う義務があるという事で参加する事になったのでした。

ダンブルドアはセドリックとハリーに「2人とも寮に戻って寝るがよい」と言いました。グリフィンドールもハッフルパフも君たちと一緒に祝いたくて待っているだろう。せっかくドンチャン騒ぎをする格好の口実なのに・・・

駄目にしてはもったいない。2人は一緒に部屋を出ました。セドリックは笑顔を浮かべながらハリーに「僕たちまたお互いに戦うわけだ!」と声をかけました。ハリーは「そうだね」と言う以外に返す言葉が浮かびませんでした。

それは誰かに引っ掻き回されたかのように頭の中がゴチャゴチャしていたからです。そして玄関ホールに出た所でセドリックが「どうやって名前を入れたのか?」と訊いて来ました。しかしハリーが入れてないと言っても・・・

ハリーはセドリックのその口調から「信じていないようだ」と感じ取りました。ロンとハーマイオニーは別にしてハリーは「他に誰が信じてくれるのだろうか?」と思いました。そして寮に戻ってハリーは現実の厳しさを・・・

思い知らされる事になったのです。ハリーの「炎のゴブレットに名前を入れてない」という言葉を信じてくれたのは1人だけでした。

3-2.第1の課題はドラゴンだ
僕は「炎のゴブレット」に名前を入れてない。それを信じてくれたのは生徒ではハーマイオニー1人だけでした。ロンまでもがハリーの元を離れていってしまいました。レイブンクロー生もハリーの敵側に回ってしまいました。

ハリーは孤独でした。他の代表選手はどうなんだろう?セドリックを見かけるといつもファンに取り囲まれて神経を尖らせながらも興奮しているようでした。ところが教職員では唯一ハリーを信じると言っていたハグリッドが!

「ハリー今晩真夜中に俺の小屋に来いや。そのマントを着てな」

「第1の課題」直前の土曜日にホグズミード村の「三本の箒」でハグリッドがこう言うのです。その日はちょうど午前1時に寮の談話室の暖炉でシリウスと会う事になっていました。そっちに行ったら間に合わないかもしれない。

でもハグリッドが自分にこんな夜遅くに小屋に来いなんて言った事がない。そこでハリーは行ってみる事にしました。そしてそこでハリーは「第1の課題」で自分を含めた代表選手が立ち向かうのが「ドラゴン」と知ったのです。

マダム・マクシームはハグリッドと共に「禁じられた森」に来ていてドラゴンを見ています。その帰りにハリーはカルカロフ校長と出くわしました。つまり今「第1の課題」の内容を知らないのはセドリックだけという事になる。

「ハーマイオニー温室で会おう。先に行ってて。すぐ追いつくから」

月曜日の朝に大広間でセドリックを見かけたハリーは授業に遅れると言うハーマイオニーを振り切ってセドリックを追いました。追いついた時セドリックは沢山の6年生の友達と一緒でした。セドリックと2人だけで話をしたい。

そこでハリーは杖を取り出すとセドリックのカバンに狙いを定め「ディフィンド!裂けよ!」と唱えました。裂けたカバンから中に入っていた学用品が床に落ち友人たちがそれを拾おうとしました。がしかしセドリックは・・・

友人たちに「構わないで」と言うとフリットウィック先生に「すぐ行くと伝えてくれ」と言って友人たちを先に行かせました。ハリーは急いでセドリックに近づき時間もなく状況も許さないという事で単刀直入に言ったのでした。

「セドリック、第1の課題はドラゴンだ」

インクまみれになった「上級変身術」の教科書を拾い上げながらセドリックは「やあ」と挨拶をして「僕のカバン。たった今破れちゃって。まだ新品なんだけど」と言いました。しかしハリーは問答無用とばかりに言い放ちました。

セドリックは目を上げ「えっ?」と言いました。ハリーは早口に「ドラゴンだよ」と言いました。フリットウィック先生がセドリックの様子を見に来たら困る。4頭だから1人に1頭だ。僕たちドラゴンを出し抜かないといけない。

セドリックはハリーをまじまじと見ました。ハリーが土曜日の夜から感じて来た恐怖感が今まさにセドリックのグレーの目にチラついているのをハリーは見ました。セドリックは思わず声を潜め「確かかい?」と訊いたのでした。

ハリーが「絶対だ。僕見たんだ」と答えるとセドリックは「僕たち知らない事になっているのに君はどうして判ったんだ?」と訊いて来ました。そこでハリーは両校の校長も見てるから他の代表選手も知っているはずだと・・・

セドリックは当惑しているような又はほとんど疑うような目つきでハリーを見つめました。そしてさらに「どうして僕に教えてくれるんだい?」と訊いて来たのです。ハリーは信じられないという気持ちでセドリックを見ました。

セドリックだって自分のその目であのドラゴンを見たなら絶対にそんな質問はしないだろう。スネイプやマルフォイを別にすれば最悪の敵にだって何の準備もなくあんな怪物に僕は立ち向かわせはしない。そこでハリーは・・・

「だってそれがフェアじゃないか?もう僕たち全員が知ってる。これで足並みが揃ったんじゃない?」

それでもまだセドリックは疑わしげにハリーを見ていました。しかしそこにマッド・アイ・ムーディが現れセドリックに「もう行け」と言って2人の緊急会談(?)は終了しました。そしてハリーはこの後マッド・アイから・・・

「第1の課題」をクリアするヒントを貰ったのです。

3-3.課題当日
そして「一体午前中はどこに行ったんだ?ドラゴンなしの最後の時間はどこに?」というぐらいアッという間に時間が過ぎて行き、ハリーが大広間で昼食を取っているとマクゴナガル先生がハリーの所に来てこう言ったのでした。

「ポッター代表選手はすぐ競技場に行かなければなりません。第1の課題の準備をするのです」

マクゴナガル先生に連れられてハリーは代表選手の控え室にやって来ました。ハリーが中に入ると他の代表選手は既に来ていて3人がおのおの違った表情と行動などでドラゴンに対する恐怖心を表していました。そんな中・・・

セドリックはじっとしていられないらしく往ったり来たりを繰り返していました。ハリーを見て少し微笑みハリーも笑顔を返しました。そしてバグマン氏が課題の内容を告げ対戦するドラゴンと順番を決める抽選に入りました。

「諸君の課題は金の卵を取る事だ」

セドリックはフラー・デラクールそしてビクトール・クラムに続いて3番目に紫の絹の袋に手を入れました。セドリックが引いたのは首に「1」の札をつけた青みがかったグレーのスウェーデン・ショート・スナウト種でした。

首についている札が「1」という事でセドリックの出番は何とトップでした。ハリーがバグマン氏と話した後に控え室に戻るとセドリックは前にも増して青ざめていました。ハリーはセドリックに「頑張って」と言いたかった。

しかし口をついて出て来たのは言葉にならない擦れた声でした。そしてセドリックはドラゴンと対決するために囲い地に出て行きました。座って聞こえて来るのを聞いているだけなのは想像していたよりずっとひどい事でした。

セドリックがスウェーデン・ショート・スナウトを出し抜こうと「一体何をしているのか?」は音を聞いているだけでは分りません。まるで全員の頭が1つに繋がっているように観衆は一斉に悲鳴を上げ叫び息を呑んでいました。

そしてかれこれ15分も経った頃に耳を劈く大歓声が聞こえて来ました。間違いなくセドリックがドラゴンを出し抜いて金の卵を取ったのです。そして最後が出番だったハリーもまたハンガリー・ホーンテールを出し抜いて・・・

2人は共に「第1の課題」をクリアしたのでした。

今日の最後に
課題終了後にハリーは仲直りしたロンから「セドリックはどうやってドラゴンを出し抜いたのか?」の詳細を聞く事になりました。何でもその場にあった岩を犬のラブラドールに変身させてドラゴンの気を逸らしたんだそうです。

でも火傷を負ってしまった。ドラゴンが途中で気が変わってしまいセドリックのほうに戻って来た。しかしセドリックは辛うじて難を逃れたのだそうです。こうしてセドリックは金の卵を取る事ができたというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1610-22b150a4